08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

蛍の季節 

松山では6月に入って蛍が飛び始めました。
いつもの所では今年も蛍の乱舞が見られましたが、見物人が多く車のライトが邪魔になって撮れず、写真の数が少ない・・・
ここでは、今週いっぱいが蛍の見頃かも・・・
OnoHotaru01
OnoHotaru03
OnoHotaru02
撮影:2012年6月13日
スポンサーサイト

[edit]

花に群がる虫たち! 

初夏の花が咲き蜜を目当てに虫たちがやってきます。
砥部町にある衝上断層の川沿いに咲く花にツマグロヒョウモンのカップルがやって来て蜜を吸っています。
Batafly01
人間でいえば、喫茶店でお茶を飲むカップルでしょうか?
Batafly012
暖かくなって見かけることが多くなったアゲハ・・・
Batafly016
躑躅の蜜を盛んに吸っていました。
Hanaabu05
キアゲハと競うようにして躑躅の蜜を吸っていたハナクマバチ・・・
Hanaabu01
花も昆虫も初夏を満喫しているよう・・・
Hanaabu02

[edit]

花の蜜を吸う蝶たち 

秋の花に蝶が集ってきます。
そんな秋の花と蝶を集めてみました。
まずは9月に咲く彼岸花に集るキアゲハ・・・
Cho02
9月のツマグロヒョウモン・・・
Cho03
10月のはじめのコミスジ・・・
Cho05
10月に咲くコスモスの蜜を吸うアゲハ・・・
Cho01
10月に咲くフジバカマの蜜を吸うアサギマダラ・・・旅する蝶・・・
Cho04

[edit]

コスモスの花と昆虫 

コスモスの花には色々な昆虫が蜜を吸いにやって来ます。
昆虫に蜜を与える代わりにコスモスは受粉できるんですね。
CosmosBag01
クサキリは蜜を吸うのか?どうか判りませんが、コスモスの花の上で日なたぼっこをしていました。
CosmosBag02
蜜を吸うキアゲハ・・・キアゲハはいろんな花にやって来るのを良く見ます。
CosmosBag03
モンキヨウ・です。キチョウには丸と黒い文様がないとか・・・
CosmosBag04
おまけは殿様バッタ・・・コスモスの蜜は吸いませんが。。。
CosmosBag05

[edit]

森の交流センター 蝉の抜け殻 

東温市にある森の交流センターでは毎年蝉の幼虫の抜け殻があります。
今年も行ってみましたが、見つけたのは3匹のみ・・・種類はわかりません。
去年は10匹くらい見つけたのですが・・・
Semi02
この抜け殻は土が付いていて、幼虫が土の中で暮らしているのが良くわかります。
Semi01
蝉の羽化は鳥やスズメバチなどの天敵がいない夜に行われるそうです。
Semi03

[edit]