07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

クロサイ ライの角が伸びた! 

リハビリを兼ね、20日ぶりにとべ動物園に行きました。
平日ですが夏休み最後の日とあってお母さん連れが多かった・・・
クロサイのライ君も生れて半年・・・角が伸びてきたようです。
TobeZooRai01
TobeZooRai02
生れた頃は盛り上がってなかった角も一番目の角は随分盛り上がっています。
TobeZooRai03
TobeZooRai04
二番目の角も少し盛り上がっているような・・・
TobeZooRai05
TobeZooRai06
この角度で見ると角の盛り上がり方がよく判る・・・
一歳の誕生日にはどのくらい角が伸びているか楽しみです。
TobeZooRai07
TobeZooRai08
スポンサーサイト

[edit]

八達嶺 万里の長城 

北京2日目は市内から高速で1時間の所にある八達嶺の万里の長城へ・・・
さすが有名な観光地だけあって、高速道路のインターチェンジを下りて駐車場まで30分くらいかかりました。
ここがチケット売り場ですが平日なのに観光客でいっぱいです。
Cyoujyou02
入場料は大人45元、日本円で約700円。
Cyoujyou01
しばらく歩くと「一つの世界(トン・イー・ガー・スー・ジエ)、一つの夢(トン・イー・ガー・モン・シャン)」と書かれた看板が立っていました。
ここでジャッキー・チェンがこの看板をバックに、北京オリンピック公式歌曲「北京歓迎你」を歌っていましたね。
Cyoujyou03
まだ四分の一も歩いていません・・・
Cyoujyou04
ちょうど半分、休みやすみで約1時間半・・・遥か彼方の平坦な所がチケット売り場です。
Cyoujyou04
さあ出発、遥か彼方に見える高い所まで歩きます。
ツアーならこの辺りで引き返すようです。
Cyoujyou06
全工程の四分の三歩きました。大きくなってきました。ここまで休みを入れて約2時間・・・
Cyoujyou07
やっと90%到着・・・右に見える建物からロープウェーで駐車場に降ります。
歩行時間は休みやすみで約3時間といったところ・・・歩いている時は歩くのをやめようと思いましたが、また歩いてみたい万里の長城・・・
Cyoujyou08

[edit]

北京のシャブシャブ店 八先生涮肉坊 

北京初日の夕食はオリンピック競技場-鳥の巣-の近くにある、有名な八先生涮肉坊亜運村店でシャブシャブをご馳走になりました。
中国語で涮肉(シュアン・ロウ)とはシャブシャブのことです。
Basensyon01
Basensyon02
子羊の肉もありましたが牛肉を注文・・・とても柔らかい・・・
Basensyon03
こちらは日本の湯葉に似たヘルシーメニュー
Basensyon04
これは羊のホルモン、柔らかくて美味しい・・・
Basensyon06
肉を食べる合間に揚げピーナッツを・・・皮ごと食べるこのピーナッツが美味しいんです。
中国に行ったら是非揚げピーナッツを食べてみてください。
Basensyon07

[edit]

西太后が愛した頤和園 

北京の第一日は頤和園へ・・・途中で「虎出没注意」と書かれた小さな車を見つけました。
前と横は見えませんが虎号という三輪タクシーなのでしょうか?
Beijin01
頤和園に到着。ここで入場券を買います。Rさんのお父さんが日本語の観光説明の機械を借りてくれました。
Iwaen01
頤和園は元は清漪園といい乾隆帝が1764年に完成させる。
混明湖を眺める長廊には絵が施され、物語になっています。
Iwaen02
西太后の隠居所として1884年光緒帝によって10年の歳月をかけ改修されました。
Iwaen03
頤和園の正殿「排雲殿」は西太后が再建・・・山の上まで登らなくてはなりません。
一番上にある大きな建物が仏香閣・・・
Iwaen04
屋根の上には皇帝の印、龍が・・・
Iwaen05
混明湖から見た排雲殿・・・多角形の建物は仏香閣・・・
Iwaen06
17孔橋の近くにある銅牛・・・牛は水の災いを沈めるそうです。
Iwaen07
西太后が光緒帝を幽閉した玉瀾堂を見たかったのですが時間の関係で見ることが出来ませんでした。

[edit]

高速列車「和諧号」で北京へ 

今日は瀋陽北駅から和諧号で北京に行きます。
この和諧号は新幹線ではなく在来線を走ります。北京まで約4時間の列車の旅・・・
Wakai01
Rさん家族と北京に行きますが、一等車を取ってくれていました。
Wakai02
一等車は2×2の4席配置・・・
Wakai04
一等車に乗るとミネラルウォーターが付いています。
Wakai03
4時間後北京に到着。北京にも和諧号がいました。しかも2編成連結。
Wakai05
こちらは北京駅・・・
Wakai06
これから西太后が愛した頤和園へ行きます。

[edit]

瀋陽で食べる餃子 

世界遺産清瀋陽故宮の近く、中街路にある有名な老辺餃子館(ラオ・ビエン・ジャオ・ズ・グアン)で昼食をご馳走になりました。
Raobien01
中国では焼き餃子はあまり食べません。前日の水餃子の残りを焼いて食べる程度・・・
だから出てくるのは水餃子か蒸し餃子・・・
この水餃子はカニの形に作られていてとても綺麗・・・食べるのがもったいない・・・
Raobien03
こちらの蒸し餃子は金魚の形をしています。
Raobien04
餃子だけなく一品料理もたのめるようです。
こちらは川魚を油で揚げて甘酸っぱいチリソースをかけた美味しい料理・・・すっかり病みつきになりました。
Raobien02
明日は列車で北京に行きます。
Shenyan06
ホテルから見た瀋陽北駅

[edit]

夏の瀋陽故宮 

大連での結婚式は無事済んだので,友人のRさんが住んでいる瀋陽に来ました。
大連から瀋陽までは高速バスで4時間・・・
結婚式に出席したWさんの故郷が瀋陽なので一緒に瀋陽まで乗りました。
Dalian-Shenyan01
瀋陽到着2日目に世界遺産の瀋陽故宮に行きました。
規模は北京の故宮の12分の1、2代皇帝のヌルハチが北京に遷都するまでここで執務をしました。
Shenyan01
この建物は大政殿といい満州族の特色がもっとも濃厚な建物です。
また、清朝初期の皇帝ヌルハチやホンタイジが重大な式典を執り行った場所でもあります。
Shenyan02
3層からなる鳳凰楼は瀋陽故宮の中でも最も高い建物。
3層目からは皇帝ホンタイジが酒を飲みながら月を見たといいます。
SenyanKokyu01
屋根には皇帝の印、龍が並んでいます。
Shenyan03

[edit]

中国旅行 夏の大連 

療養の為しばらくブログをお休みしていましたが、自宅療養になったので又ブログを書き始めました。
良かったら又のぞいてみて下さい。
そんな訳で、新しい写真を撮っていないので未発表の撮りだめの中から紹介します。
中国での結婚式出席のため大連に行った時の写真です。デジタル一眼で撮っていないので画像が悪いですが・・・
これは旧満州鉄道の建物・・・本当は正面を撮りたかったのですが道路を渡らないといけないので、やめました。
案内してくれた留学生のR君のお父さんの弟さんのお陰で、休みでしたが中を見せてもらいました。
Dalian01
次に案内してもらったのは、見たかったロシア人街と日本人街・・・
ロシア人街は観光用の通りに変貌しており昔の面影はありませんでした。
Dalian07
坂道にある、ここ旧日本人街は昔の建物が取り壊されて新しい家が・・・
2階建て住宅を1億円余りで売っているようですが余り売れていないとの説明でした。
Dalian03
車の中から撮った旧横浜銀行・・・大連は3回目ですが、いつも現地の人が車で案内してくれるせいか、ツアーでよく行く中山広場まわりの写真はほとんどありません。あっても車の中から・・・
Dalian04
中国といえば餃子・・・昼食は大連港の近くにある地元でも有名な大清花と言うお店で餃子をご馳走になりました。
Dalian05
大連で見た不思議なもの その1・・・
中国のバスは後部ドアを開けて走る?
R君のお父さんによると、中国製のバスは性能があまりよくないので、オーバーヒート防止に為に後部ドアを開けてエンジンを冷やしているとか・・・
Dalian07
大連で見た不思議なもの その2・・・
この道路標識の意味は?
この写真は大連市内から車で30分ほど旅順方向に行ったダムの近くで見ました。
「坂道なのでゆっくり走れ」と言う意味でしょうか?
ちなみに中国語では、ゆっくりは慢(マン)、早いは快(クァイ)・・・
別れ際に言う「請慢走(チン・マン・ゾウ)」とは「気をつけて」と言う意味です。
Dalian06

[edit]

コツメカワウソ マサのお食事タイム! 

とべ動物園で飼育されているコツメカワウソの昼食タイムは午後1時30分から・・・
飼育員が餌のドジョウをプールに入れると潜って捕まえます。
TobeZooMasa01
この日はマサがドジョウを捕まえていました。
TobeZooMasa02
ドジョウはどこかな・・・食べ終わるともう一度潜ってドジョウを探します。
TobeZooMasa03
えさを捕まえて頭から食べていました。
TobeZooMasa05
食べ終わると食後のお昼ねタイム・・・
TobeZooMasa06
明日から療養のためブログはしばらくお休みします。

[edit]

アフリカゾウ媛の虫よけ虫退治! 

身体に毛が生えていないゾウは泥に身体をこすりつけたり土を身体にかけたりして虫除けや虫退治をします。
とべ動物園のアフリカゾウも鼻で土を身体にかけているのをよく見ますが、媛はよく身体を土にこすりつけて虫退治をしています。
TobeZooHime01
お尻がかゆいのよ・・・ゴシゴシ・・・
TobeZooHime02
鼻もかゆいわ・・・
TobeZooHime03
背中もかゆいみたい・・・ゴロンゴロン・・・
TobeZooHime04
「お尻の周りがカユイかゆい・・・座ると気持ちがいいのよ砥夢くん・・・」
「媛姉ちゃんが倒れないように僕が支えてあげる・・・」
TobeZooHime05

[edit]

暑い日はホッキョクグマも水に入る! 

暑い日が続き熱中症になる人が増えているそうです。
暑い夏の日、寒い北極で育つホッキョクグマのバリーバはプールに入って涼を取っていました。
TobeZooPolBer01
TobeZooPolBer02
いつもはプールからすぐ出るのに、この日は水に入ったまま出ようとしません。
TobeZooPolBer03
TobeZooPolBer04
鼻からは大きなバブルを吐いて・・・
TobeZooPolBer06
TobeZooPolBer07
そのうち背泳ぎを始めましたがいつもの様にあっという間にやめてしまいました。
本当は全身を撮りたかったのですが・・・
TobeZooPolBer08

[edit]

陸上に上がったカバの赤ちゃん その2 

餌を食べ終えたカバのミミ母さんは満腹・・・
カバの赤ちゃんは、ミミ母さんの食事が終わるのを待ちくたびれて少し眠たい様子・・・
TobeZooHippopo13
赤ちゃんは寝たり起きたり・・・ミミ母さんは本格的に食後の睡眠を始めたみたい・・・
TobeZooHippopo16
赤ちゃんも一緒に寝るけど、物音がするとすぐに目が開いてしまう・・・やはり警戒心から眠れないのかな?
TobeZooHippopo19
TobeZooHippopo20
撮影:2011年8月10日

[edit]

陸上に上がったカバの赤ちゃん 

赤ちゃんを守るため、神経質になって水の中にいたカバのミミ母さんも、餌につられて陸上へ?
TobeZooHippopo09
ミミ母さんが餌を食べている間、赤ちゃんはすることが無いのかウロウロキョロキョロ・・・
TobeZooHippopo08
ミミ母さんが餌を食べ終わるのを待つのは退屈・・・あくびが出るのも納得なっとく・・・
あくび三態その1
TobeZooHippopo10
あくび三態その2
TobeZooHippopo11
あくび三態その3 鼻が少し切れてしまった失敗作!
TobeZooHippopo12

[edit]

カバのミミ母さん-今日は神経質? 

「水曜象でしょう」を撮る為にとべ動物園に行きました。
水曜象でしょうが始る迄には時間があるので、カバの赤ちゃんに会いにカバ舎に直行・・・
飼育員のMさんによると「今日のミミは子供を守ろうと神経質になっていて水に潜ってばかりなんです」とのこと・・・
カバは水に潜ると2分近く顔を出しませんから顔を出すまでじっと我慢・・・と思いきや待ったのは5分位、あっさり顔を出しました。
ミミは餌につられて陸上に上がるのかな。
TobeZooHippopo01
TobeZooHippopo02
潜るのをやめるとお母さんのまねをして赤ちゃんも階段で一休み・・・
TobeZooHippopo04
陸上のカバもいいですが、水の中のカバは精悍ですね。
TobeZooHippopo05
さてさて、お母さんについて赤ちゃんも陸上にあがるようです。
TobeZooHippopo06
TobeZooHippopo07
撮影:2011年8月10日

[edit]

コツメカワウソのマサとピアはラブラブモード? 

コツメカワウソのマサとピアは最近二人連れ(動物だから二匹連れかな)のラブラブ状態・・・
左が年上の雌のマサ・・・少し身体が大きい・・・
TobeZooKotume07
2匹一緒に居る時には身体の大きさで区別していましたが、一匹だけの時は比較できないのでどちらか判りません。
これは雄のピアです。
TobeZooKotume01
こちらも雄のピア・・・
TobeZooKotume02
こちらは雌のマサです。
TobeZooKotume04
これも雌のマサ・・・
TobeZooKotume05
二匹一緒のツーショット・・・奥がピアで手前がマサ・・・アゴから腹にかけての毛がマサのほうが白い・・・
TobeZooKotume08
ピアはアゴから腹にかけての毛の色が灰色、目の周りに長いヒゲが生えていない!
TobeZooKotume03
マサはアゴから腹にかけての毛の色が白色、目の周りに長いヒゲが生えている!
以上の2点で個体を区別しています。
今度カワウソ舎に行ったら2匹の違いをジックリ観察してくださいね。
TobeZooKotume06
撮影:2011年8月6日

[edit]

とべ動物園では8月9日はバクの日! 

とべ動物園にはマレーバクとアメリカバクの2種類のバクが飼育されています。
8月9日はバクの日に制定されているそうで先立つ8月6日にアメリカバク舎の前でイベントが開催されていました。
題して「バクに願いを」・・・自分の願いを書いた紙を89名分張り出すイベント・・・
TobeZooBaku01
夏休みとあって子供連れがそれぞれの願いを書いています。
この日は、マレーバク舎では紙芝居と餌やり、アメリカバク舎ではブラッシング体験などのイベントが開催されていました。
TobeZooBaku02
帰りにアメリカバク舎をのぞくと89名分の願いが張り出されていました。
TobeZooBaku04
こちらはマレーバク・・・
TobeZooBaku05
顔が長いので、正面からだとピントが合いにくく、撮りにくい動物の一つです。
TobeZooBaku06
撮影:2011年8月6日

[edit]

夜の動物園 

とべ動物園の「夜の動物園」に行ってきました。
松山港まつり・三津浜花火大会と重なっていたので、人が少ないかな・・・と思って来たのですが、大勢の人でいっぱいでした。
NighrZoo01
いつもは売店の中で売っているかき氷も今日は外に出ています。
NighrZoo02
コツメカワウソ舎の回りも照明が施されていました。
NighrZoo03
コツメカワウソは人気者・・・子供達でいっぱいです。
NighrZoo04
夜のカバ舎のプール・・・
カバのオスのハグラーが水に飛び込んだので水面が波立ち、水面に写る照明がゆれています。
残念ながらハグラーは写っていません。
NighrZoo05
こちらは夜の豹の檻・・・6時30分からは豹タイム・・・檻の上から飼育員のKさんが餌やりを行っていました。
NighrZoo06
昼間はアフリカゾウの親子が遊ぶ運動場の夜の風景・・・ゾウ達は室内に入っています。
明るいうちは「アフリカゾウとのスキンシップ」というイベントをやっていました。
NighrZoo07
アフリカゾウ舎の上に月が出ていました。
NighrZoo08
とべ動物園の「夜の動物園」は8月13日20日27日9月3日の17時30分から開園します。
詳しくは公式ホームページをご覧ください。

[edit]

ゾウの耳はラジエター 

とべ動物園では今アフリカゾウの繁殖に挑戦・・・親と子供を離している時があります。
今日は午後から親と子を分けていました。
前にいるのが雌のリカ、後ろが雄のアフ・・・
AfricaE01
暑い日には長い鼻を使って水を身体にかけている所が見られます。
AfricaE02
ゾウには大きな耳があります。この大きな耳で体温調節をしているんです。
犬やライオンのように舌をハアハするだけでは体温が下がらないのかもしれません。
AfricaE05
ゾウを含め動物はあまり汗をかきません。汗をかいて体温調節をすると、汗をかいたぶんだけ水分補給をしなければならないのですが、自然界ではいつも水を十分に確保できるわけではありません。
AfricaE03
ですから、ある程度暑くなると耳をパタパタ動かして、耳にたくさん通っている血管の中の血液を冷やす・・・それが全身を巡り体温が下がるというわけ・・・つまり車のラジエターと同じなんです。
AfricaE04

[edit]

カバの赤ちゃんが外に出た! 

7月24日に生れたカバの赤ちゃんが初めて屋外に出ました。
もちろんお母さんと一緒です。
TobeHipo01
水の中にいる時はどこから顔を出すのか判らないし、顔を出しても小さいのでピントが甘い写真の連続です。
TobeHipo02
後ろから見ると尻尾が可愛いカバ・・・身体が丸く人間なら超肥満体・・・
TobeHipo03
TobeHipo04
TobeHipo05
まだ歯や牙は生えていない口を見るとお爺さんが入れ歯を外したみたいです。
TobeHipo06
カバの赤ちゃんの右足は白い部分があります。人間でいえばお尻の蒙古ハンのように大きくなったら親の足の様になるのでしょうか?
TobeHipo07
撮影:2011年8月6日

[edit]

森の交流センター 蝉の抜け殻 

東温市にある森の交流センターでは毎年蝉の幼虫の抜け殻があります。
今年も行ってみましたが、見つけたのは3匹のみ・・・種類はわかりません。
去年は10匹くらい見つけたのですが・・・
Semi02
この抜け殻は土が付いていて、幼虫が土の中で暮らしているのが良くわかります。
Semi01
蝉の羽化は鳥やスズメバチなどの天敵がいない夜に行われるそうです。
Semi03

[edit]

とべ動物園の動物たち 

生後33日目のヨーロッパフラミンゴの雛です。
フラミンゴの雛は珍しいので子供たちが沢山集っていました。
雛は成鳥と違ってクチバシが真っすぐ・・・
クチバシが曲がっていないのは親鳥の口からミルク状の液体を飲むためだそうです。
TobeZooSomeD01
こちらがヨーロッパフラミンゴの成鳥・・・後ろの2羽・・・
TobeZooSomeD02
こちらは色鮮やかなキューバフラミンゴ・・・後ろがヨーロッパフラミンゴ・・・
TobeZooSomeD03
アフリカゾウ舎に行くと親と子供を分けていました。
右の運動場ではアフとリカの夫婦水入らず・・・
TobeZooSomeD06
左のいつもの運動場では電線が邪魔になって取れないリカのオッパイを取ってみました。
ゾウの乳首は前足の付け根に2つあります。
TobeZooSomeD07
類人猿舎ではマントヒヒがお昼寝の最中でした。
TobeZooSomeD04
TobeZooSomeD05

[edit]

アフリカゾウと西瓜 

とべ動物園のアフリカゾウ達が西瓜を食べていました。
最初はお母さんのリカ、媛、砥夢の3頭の鼻が西瓜を触っています。
西瓜が少し壊れました。
TobeZooElef01
壊れた西瓜を3頭が食べています。
TobeZooElef02
「子供達でお食べ」とリカ母さんは西瓜から離れました。
TobeZooElef03
姉さんの媛は弟に譲ったのか、最後に西瓜を食べたのは砥夢でした。
TobeZooElef04
残りを兄弟仲良く食べていました。
TobeZooElef05
撮影:2011年7月31日

[edit]

第11回自転車紙芝居 題名はカワウソ 

とべ動物園で毎回行われている自転車紙芝居・・・
11回目はカワウソ舎の近くで行われました。題名は「かわうそ」です。
TobeZooKawauso01
「とべ動物園の前進、道後動物園では、今は絶滅して居ないニホンカワウソを飼育していました。
とべ動物園のマークはこのニホンカワウソです。」と紙芝居を主催している飼育員のTさんの説明・・・
TobeZooKawauso02
かわうその紙芝居の始まりはじまり・・・
TobeZooKawauso04
コツメカワウソ担当飼育員のOさんも紙芝居を見に来ました。
TobeZooKawauso03
紙芝居が終わるとカワウソの種類の説明です。
とべ動物園にいるコツメカワウソは小型のカワウソでその名の通り小さな爪が生えています。
TobeZooKawauso05
カワウソ舎には雌のマサと雄のピアが飼育されています。
TobeZooKawauso06
紙芝居で紹介されたマサはと言うと・・・寝ていました。
TobeZooKawauso07
撮影:2011年7月31日

[edit]