08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

秋の花 

秋の花が咲いているかと森の交流センターに行ってみました。
森の交流センターには木が多いので薔薇が咲いている以外には彼岸花とコスモスが咲いているくらい・・・
Cosmos01
Cosmos02
県下各地でコスモスが咲いているようです。
翠波高原のコスモスの群生が有名ですが、マクロレンズで撮るには松山市内のコスモスでも十分です。
Cosmos03
Cosmos04
花びらの色が違う花、花びらの形が違う花・・・
写真に撮ってみるとコスモスもいろんな種類があるんですね。
Cosmos05

スポンサーサイト

[edit]

上海浦东国际机场 その2 

上海浦東国際機場は新しい空港のせいかトイレや洗面所の機器はTOTO製でした。
上海虹橋国際機場は古いせいか、トイレや洗面所の機器はアメリカンスタンダード製でした。
水回り機器を売っている中国の友人によると、TOTO製品は中国では高級品とされているそうです。
さて、昨年の夏は上海万博が開催されていたので中国東方航空のA340-600も万博の特別塗装でした。
ZSPD05
ZSPD06
ZSPD07
CES A340-642 B-6055

上海吉祥航空のA319-100・・・
ウキペディアによると、現在は旅客便のすべてがA320-211で運行されているようです。
ZSPD08
DKH A319-112 B-6232

[edit]

上海浦东国际机场 

上海には上海虹橋国際機場と上海浦東国際機場の二つの機場(空港)があります。虹橋は古い空港ですが、都心からも近く便利です。主に国内線が就航しています。
浦東は新しく海の側にできた空港でリニアモーターカーが空港と都心の間30kmを7分で結んでいます。
浦東をハブ空港にしている中国東方航空はエアバス機が多く大型機はA330とA340のみでボーイング機はいないよう・・・
ZSPD01
CES A320-214 B-2400
中国東方航空のA300-600R・・・レジは不明です。
ZSPD02
浦東空港のスポットには、マーシャラーが機体の停止位置がわかるように、機体ごとの停止位置がペイントされています。
A340-600はB777-300よりも更に前方で停止するんですね。
ZSPD04
CES A320-214 B-6799
ZSPD03

[edit]

福岡空港 

目新しい機体が松山に来ないので撮りだめした未公開のものを・・・
去年中国へ行ったときの福岡空港での機体です。
台湾の航空会社、長榮航空のA330-200・・・2008年はハローキティー塗装で日本に来ていたそうです。
RJFF01
EVA A330-203 B-16303

上海浦東国際空港まで搭乗した中国東方航空のB737-800です。
RJFF03
RJFF02
レジはB-5472・・・
RJFF05
ウイングレットにもツバメのマークが・・・
デジカメで撮るようになって、離着陸時の撮影ができないのが残念です。
RJFF04
CES B737-89P B5472

[edit]

B-767-381 がんばろうニッポン 

9:35発ANA584の機材B767-381を撮りに松山空港に行くと、JA8275-かんばろうニッポンがプッシュバックしていました。
B737-300-01
朝方なので光線の具合が悪くシャープではありませんが文字は読めそうです。
B737-300-02
このアングルで撮ると主翼が湾曲しているのがよく判ります。
東京行きだから燃料を沢山積んでいるのでしょうか・・・
B737-300-03

[edit]

愛媛県森の交流センターに咲いている秋の花! 

森の交流センターには色々な植物が植えられていますが、秋の花が咲き始めました。
この小さな白い花はハナゾノツクバネウツギ・・・1cmほどの花です。
Morikouryu01
これは浜梨・・・
Morikouryu03
夏に咲く檜扇(ヒオウギ)の花が咲いていました。殆んどは実を付けています。檜扇の種は真っ黒なので別名カラスオウギとも言うそうです。
Morikouryu02
こちらは春に咲くボケの花が咲いています。実がなっているボケが多い中、花が咲いているのはどうしてでしょう?
Morikouryu04
薔薇の花を取っているとコガネムシがいました。身体に花粉を付けています。
Morikouryu05

[edit]

ツポレフ Tu204-300 

台風が来る前の9月19日に出発したウラジオストク航空のチャーター機、ツポレフTu204-300がバリ島のデンパサール国際空港から帰ってきました。
Tu204-01
ウィキペディアによると、Tu204-300はTu204の短銅型で航続距離を延ばしているそうです。
ウラジオストク航空の発注で300型の製造が決まったそうで、キャパはエアバスA319と同等・・・
Tu204-02
エンジンはソ連製PS-90A、航続距離は最大離陸重量で5800km(3,600mi)・・・
Tu204-03
機体側面には青いカモメが描かれています!
Tu204-04
1時間ほどのステイの後、岡山空港に向けて離陸していきました。
Tu204-05
VLK Tu204-300 RA-64045

[edit]

エコボン-RW32ディパーチャー 

大阪国際空港からのアライバルJA856AエコボンのディパーチャーはANA1640大阪国際空港行きでした。
ECOBon07
ECOBon08
クリアランスでのフライトレベルはFL170・・・
ECOBon09
ECOBon10
13:11テイクオフのクリアランスが出て大阪国際空港に出発していきました。
ECOBon11
AKX DHC-8-402Q JA856A

[edit]

エコボン-RW32ランディング! 

今日は台風一過の青空・・・風は北よりの風12ノット前後・・・当然松山空港のUseing RunwayはRW32・・・陸側からの着陸です。
定刻より5分ほど送れてファイナルアプローチしてきたのは大阪国際空港からやって来たANA1639、機材はJA856A-エコボンでした。
ECOBon01
ECOBon02
全日空のスタッフに知り合いがある人は機材繰りが判るでしょうが、コネのない私達にはエコボンや737ゴールドや777-300が何時来るのか全く判りません。
ECOBon03
ECOBon04
タッチダウン位置は工場が写って背景がごちゃごちゃしています。
そばに工場がある松山空港らしいといえばそうなのですが・・・
ECOBon05
ECOBon06
AKX DHC-8-402Q JA856A

[edit]

色鮮やかな羽根のコンゴウインコ 

とべ動物園のふれあい広場の北にコンゴウインコがいます。
晴れていると露出が難しいのですが今日は曇りですので狙ってみました。
TobeZooInco05
この時はコンゴウインコが動いたのでピンが甘い・・・
TobeZooInco02
コンゴウインコの羽根は赤に黄色に緑、青などでとても派手な色・・・密林でもすぐに見つけられそう・・・
TobeZooInco04
TobeZooInco03
こちらはベニコンゴウインコ・・・目の下に赤い模様があります。
TobeZooInco06
撮影:2011年9月21日

[edit]

彼岸花の咲く季節-その2 

松山市窪野町北谷の彼岸花の群生は有名ですが、色んな人が紹介しているので名も無き場所の彼岸花を撮ってみました。
これは松山市久谷の彼岸花・・・今が見どころです。
HigannFlwKutani06
HigannFlwKutani07
HigannFlwKutani08
アゲハチョウが彼岸花の蜜を吸いに・・・カラスアゲハもいましたが残念ながら撮影はできませんでした。
HigannFlwKutani09
HigannFlwKutani10
帰りに浄瑠璃寺に寄ってみましたが、駐車場の南のあぜ道に彼岸花が咲いていました。
JyoruriHigan01
撮影:2011年9月19日

[edit]

彼岸花が咲く季節! 

彼岸花が咲く季節になりました。
色んなところで赤い花を咲かせていますが、森の交流センターの近くでも咲いています。
HigannFlw01
HigannFlw02
HigannFlw03
森の交流センターにも、花の数は非常に少ないけど可憐に咲いていました。
HigannFlw04
HigannFlw05
HigannFlw06
撮影:2011年9月19日

[edit]

椿の実 

今の時期、愛媛県森の交流センターでは花が咲いていません。
替わりに植物の実が・・・その一つ、椿の実がなっています。
9月下旬から10月になると椿の実が割れて黒い種が飛び出します。
この種から椿油が取れるそうです。
Tsubaki01
Tsubaki02
椿の実の形も種類によって違うんですね。
Tsubaki03

[edit]

杖ノ淵公園の鴨たち 

四国八十八箇所西林寺の奥の院でもある杖ノ淵・・・
その昔、農民が水に困っているのを見た弘法大師が杖を突き立てるの水が沸いてきた・・・という名前の起こりの言い伝えがあります。
本当は重信川の伏流水が湧き出すところで名水百選にも選ばれています。
Jyonofuti01
鯉も棲んでいる湧き水の池に鴨がいます。
Jyonofuti02
Jyonofuti03
以前は緑が濃い鴨がいたのですが、日が経つと昔いた鴨もいなくなり代替わりしているようです。
この池で泳ぐ鴨を撮っていると鯉も写ります。
Jyonofuti04
Jyonofuti05

[edit]

タクシーウェイが塞がった・・・ 

ある日のANA590・・・この日の機材はB777-281でタクシーを始めました。
RJOMB777-01
しばらくタクシーをしてT5からRW14に入って行きます。
RJOMB777-02
RJOMB777-03
RJOMB777-04
タクシーウェイには上海浦東空港から来たMU275便がホールドしていました
この日のMU275便の機材はA320でした。いつもならA319ですが・・・
松山空港ではタクシーウェイに航空機が2機以上いる場合は、出発機がRWに入ってやり過ごすことが多いようです。
RJOMB777-05

[edit]

空港で働く人たち-マーシャラー 

松山空港で働く多くの人たちのお陰で航空機の安全運行が行われています。
航空機を安全に誘導させるのは航空管制官ですが、スポットに安全に誘導するのはマーシャラーと呼ばれる人達です。
東京国際空港(羽田)では専用リフトに乗って誘導していますが、松山空港ではスポットナンバーの下の低い台に立って誘導しています。
RJOM-B777-01
右手を真っすぐ上げ前後に動かし左手を水平にしていているのは、スポットの中心線から右に(飛行機から見て)外れているという合図です。
RJOM-B777-02
RJOM-B777-03
両手を水平にして止めているのは、「もうすぐ停止線です」という合図です。
RJOM-B777-04
マーシャラーの両手が水平から頭の上に動いています。
頭の上で手首を交差させるとストップの合図で航空機は止まります。
上海浦東空港では航空機の機種別に停止線が書いてありました。
RJOM-B777-05

[edit]

DHC-8-400Q エコボン 

9月14日のANA1825便-中部国際空港からのアライバルはDHC-8-400Qのエコボン・・・
ディパーチャーは14:00発のANA1642大阪国際空港行き・・・高度はFL170でした。
Ecobon01
Ecobon02
Ecobon03
Ecobon04
Ecobon05
AKX DHC-8-402Q JA856A to RJOO

[edit]

青空バックにディディのスカイウォーク! 

台風が過ぎ去ると動物園にも青空が戻ってきました。
久しぶりの青空をバックに、スマトラ・オランウータン、ディディのスカイウォークです。
余分な説明は書きませんので写真をご覧ください。
TobeZooDeaydeay01
TobeZooDeaydeay02
TobeZooDeaydeay03
TobeZooDeaydeay04
TobeZooDeaydeay05
あっという間にロープを渡りきります。
10月までは秋晴れの下、ディディのスカイ・ウォークが見られることでしょう。
TobeZooDeaydeay06

[edit]

コツメカワウソ マサとピアのツーショット! 

とべ動物園のコツメカワウソのマサ♀とピア♂・・・
プールに出ていない日や出ていても寝てばかりの時もあります。
今日は2匹がプールで元気に遊んでいました。
MasaPia01
いつもはマサが寝ている岩の上で2匹揃ってピンポン玉でお遊び・・・
MasaPia02
ピンポン玉遊びに飽きるとトンネルを通って・・・
MasaPia03
後ろ姿がマサ、顔が見えるのがピア・・・
MasaPia04
左がマサ、目の上のヒゲがある。右がピア、目の上のヒゲが無い・・・
MasaPia05

[edit]

ヨーロッパフラミンゴの雛-ユーロ その2 

とべ動物園で飼育されているヨーロッパフラミンゴの雛、ユーロ・・・まだ産毛に覆われて一目で雛と判ります。
でも足の大きさは大人と替わりません。親鳥はピンクですがユーロの足は灰色・・・
TobeZooEuro09
TobeZooEuro08
ガイドのWさんによると、ユーロが池に入ると他のフラミンゴが近づいて来ていじめるそうです。
TobeZooEuro10
TobeZooEuro11
今日は他のフラミンゴ達が近づいて来ず、いじめられることもなく良かったよかった。
TobeZooEuro12
TobeZooEuro13
撮影:2011年9月10日

[edit]

ヨーロッパフラミンゴの雛-ユーロ その1 

とべ動物園には4種類のフラミンゴが飼育されています。
ヨーロッパフラミンゴの一個の卵が6月22日に孵化・・・雛の名前はユーロといいます。
性別はまだ判らないそうです。
孵化して3カ月余りのユーロは屋外展示を兼ねて、来園者の多い日に池に慣れる訓練をしています。
TobeZooEuro02
TobeZooEuro01
真っすぐだったクチバシも少し曲がってきたようです。
TobeZooEuro04
TobeZooEuro05
土曜・日曜など来園者が多い日には午後1時頃からフラミンゴ舎でユーロが見られるかも・・・
TobeZooEuro06
撮影:2011年9月10日

[edit]

海上自衛隊練習機 キングエアTC-90 

久しぶりに松山空港に行きました。
海上自衛隊のTC-90 202-6832(徳島にある202教育航空隊所属機)が訓練で着ていました。
着陸機が2機あるのでRW32ライト・ダウンウインドでホールドしたあと11時45分、RW32にタッチ・アンド・ゴーのクリアランスが・・・
JDMDS01
JDMDS02
コールサインはキング32・・・女性パイロットが交信担当でしたが応答が少しぎこちなかった・・・
JDMDS03
JDMDS04
ライトターンのあとホリエから管制空域を離れていきました。
「キング32、オーバー・ホリエ」
「ラジャー、フリクェンシー・チェンジ・アプルーブッド・・・」
JDMDS05

[edit]

とべ動物園のエランド ヤスナリくん 

とべ動物園のアフリカストリートには一頭のエランドが飼育されています。
名前はヤスナリとうオス・・・アミメキリンのユウマくんと大の仲良し・・・
いつもユウマくんの後ろについて歩いています。
TobeZooYasunari03
TobeZooYasunari01
別種の動物なのに仲がいい・・・動物園のように狭い空間ではよくあることみたいです。
TobeZooYasunari04
TobeZooYasunari05
TobeZooYasunari02
撮影:2011年9月6日

[edit]

マントヒヒのオスとメス 

今日はとべ動物園のマントヒヒを紹介します。
以前は動物園に行くたびに盲目のイヴナちゃんを撮っていたのですが、夏になって彼女は檻の近くしか寄らなくなり檻が消えないのでマントヒヒの撮影はやめていました。
今日はちょうど良い距離にマントヒヒ達が居たので撮ってみました。
TobeZooMant01
こちらもメスのマントヒヒ・・・
TobeZooMant02
こちらはオスです。毛の色がメスより白い・・・
TobeZooMant03
TobeZooMant04
犬歯がスゴイ・・・こんなのに噛まれたら・・・人間は負けます。
TobeZooMant05
撮影:2011年9月7日

[edit]

秋の気配がすぐそこに! 

久しぶりに愛媛県森の交流センターに行きました。
季節の変わり目で花は咲いていなかったけれど昆虫が沢山いました。
アブラゼミは近くに寄っても逃げないのもいます。
MoriKoryu02
このアブラゼミは逃げないのでマクロで撮ってみました。
MoriKoryu03
MoriKoryu04
クマゼミはいなくなり、アブラゼミも鳴かず、鳴いているのはツクツクボウシだけ・・・
MoriKoryu05アキアカネもいっぱい飛んでいました。
夏の昆虫がいなくなりコオロギやスズムシなどが出て来ると秋です。
MoriKoryu01

[edit]

アフリカゾウの水浴び 

とべ動物園のアフリカゾウ・ファミリーが水浴びをしていました。
お母さんのリカは鼻でいっぱい水を吸って身体にかけています。
TobeZoo02
TobeZoo01
姫もリカ母さんに負けすに水をかけて・・・
TobeZoo03
TobeZoo04
砥夢くんも水を吸って身体にかける・・・と思いきや・・・
TobeZoo05
水を飲んでいました。
TobeZoo07
撮影:2011年8月31日

[edit]

眠いねむい・・・ 

9月3日の夜の動物園最終日に行く予定でしたが台風の雨で中止に。
ネタが無いので以前に撮ったとべ動物園の動物達です。
アメリカアカミミガメ(カモが居る池にいます)が気持ちよさそうに寝ています。
昔、夜店で売っていたゼニガメが大きくなるとこんなになります。
TobeZoo01
赤ちゃんができたので単身のハグラー・・・グーグー・・・
TobeZoo03
ホンドタヌキもタヌキ眠りではなく本眠り・・・スヤスヤ・・・
TobeZoo02
コツメカワウソのマサはいつものようにグーグー・・・
TobeZoo05
ヨーロッパフラミンゴもスヤスヤ・・・
TobeZoo06
水に入ってバリーバも、いい湯だなハハンハン・・・
TobeZoo04
撮影:2011年8月31日

[edit]

あまり紹介しない動物達 

普段あまり紹介しない動物達です。
アフリカストリートには草食動物たちがいますがシロオリックスもその仲間・・・
TobeZoo02
こちらはエランド、名前はヤスナリといいます。
首からたれたブラブラした皮膚はラジエターで体温を下げるんです・・・と夜の動物園で飼育員のNさんが話していました。
TobeZoo01
類人猿のニホンザル・・・グルーミングは気持ちがいい・・・ウトウト・・・
TobeZoo06
こちらは入り口近くに居るキューバフラミンゴ・・・色が一番鮮やかなのですぐ判る・・・
TobeZoo04
ラブラブの2羽がハートマークを作っていました。
2羽の首の形がハートマークに見えませんか?
TobeZoo03
レッサーパンダのリュウノスケ・・・開園間近なので元気いっぱい・・・
TobeZoo07
朝は木の上で寝ていたけれど、昼になると暑さにぐったりのシャンチー・・・暑いあつい・・・
TobeZoo08
撮影:2011年8月31日

[edit]

夕食は北京ダック 

北京に来たからには北京ダック(烤鴨)を食べなくっちゃ・・・と夕食は有名な全聚徳和平店で烤鴨(カオ・ヤ)をご馳走になりました。
全聚徳ではテーブルの目の前で烤鴨を切り分けて皿に盛り付けてくれます。
Kawaya01
烤鴨が出てくるまでに美味しい料理をいっぱい食べたので、期待したほど美味しいものではありませんでした。それなりに美味しいのですが・・・
Kawaya02
全聚徳は人気があるのか大勢の観光客が順番を待っていました。
観光に来て全聚徳で北京ダックを食べるならホテルで予約しておいた方がいいですよ。
Kawaya03
北京烤鴨を食べた後は、北京最後の夜を楽しむために鼓楼大街と前海に案内してもらいました。
Zenkai01
北京故宮の北にある前海の回りには小店やオープンカフェ、パブなどが並んでいました。
Zenkai02
こちらでは北京名物シャブシャブで遅い夕食・・・
Zenkai03
この店には古いポスターが掲示していました。
Zenkai04
車まで帰る途中で見たナンバープレート・・・
Zenkai05
長かった中国旅行・・・明日は日本です。

[edit]

北京故宮 

北京3日目は世界遺産の北京故宮に行きました。
ここ北京故宮と瀋陽故宮を合わせて世界遺産になっています。
じっくり見るなら3日ほどかかりそうな広さと建物の数です。
北京の空は瀋陽と同様にスモッグがひどく、晴れていても青空を見ることができません。
スモッグがひどかった40年前の東京の空のようです。
Kokyu01
大和門の中央通路には皇帝しか通ることができない龍の道がありました。
Kokyu02
故宮で一番大きな建物、大和殿。ラストエンペラーにも登場し建物の中には西太后がいましたね。
平日なのに観光客でいっぱいでした。
多くの人が皇帝しか通ることができない真ん中の道を歩いています。
もちろん私も真ん中の道を歩きました。
Kokyu03
Kokyu04
故宮の北にある金属製の象・・・この象を囲んでラストエンペラー溥儀と従弟達と撮った写真をテレビで見てから、いつかこの象を見たい・・・と思っていましたがやっと見ることが出来、満足です。
Kokyu05
Kokyu06

[edit]