08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

銚子滝 

砥部町から内子町小田に続く国道379号線に新しく開通した万年トンネルの出口右に銚子滝がある。
トンネルが出来る前の道は細くて、通行車両が多い割りに駐車スペースがないのでこれまで行ったことがなかった。
銚子滝は万年トンネルの少し上からも眺めることが出来る。
TyoshiF01
ここから見ると、「山の中腹から湧き出る水がお銚子の口から流れ出るように見えることからこの名前がついた」と案内板に書いてある様子がよくわかる。
TyoshiF06
今は行き止まりになっている、旧滝見橋の所に車を止めていざ滝を見に・・・看板にはすぐと書いてある。
TyoshiF05
谷沿いの山道を2分ほど歩くと、看板どおりすぐ滝に着く。
三脚を持ってきていないので、草が生えた岩の上にカメラを置いて撮影!
TyoshiF02
TyoshiF03
滝つぼに下りてみると水量が多い時期なので、すぐに水滴がレンズについてしまう。
TyoshiF04
スポンサーサイト

[edit]

彼岸花の群生 

彼岸花の群生といえば松山市北谷が有名ですが、松山市近郊にも群生しているとがいっぱいある。

松山市土居では川の土手に花を咲かせていた。
白くなってきている花のあるので、そろそろ終わりかな。
HiganBana03
最近白い彼岸花を多く見かけるようになったが、ここでも可憐に咲かせている。
HiganBana01
HiganBana02
砥部町岩谷口に咲く彼岸花は、数では北谷に負けていない。
HiganBana04
HiganBana05
そろそろ彼岸花も終わりの時期になってきた。これから本格的な秋に入り紅葉が綺麗な季節がやってくる。
HiganBana06

[edit]

ヤマガラの餌付け 

彼岸花を撮りに行った先で、ヤマガラに餌をやっているところに遭遇・・・
Yamagara04
ヒマワリの種を狙って4~5羽がやって来る。
Yamagara01
ヤマガラは山雀とも言うそうで、スズメ目シジュウカラ科、雀よりクチバシが細い!
Yamagara02
近くの木の枝に留まって餌を出すのを待っている。
Yamagara03
人間が椅子で休むと木からやって来て餌をねだる。
Yamagara05
いつも餌をもらっているので皆さんに慣れているのか近くまでやって来る。
私の側にもやってくるが餌を持っていないと判ると飛んで行ってしまう。
Yamagara06

[edit]

東温良いとこ一度はおいで! 気になった風景! 

東温市の観光の仕事をするようになって町の景色が気になるようになった。
面白いな!と思った景色・風景を集めてみた。

井内吉井神社を視察に行った時、幟を立てる石の穴にアマガエルが休んでいた。
Toon01
Toon02
横河原の水天宮の南西にある「喫茶ぎんなん」さんの南に、横河原郵便局の方に抜けるトンネルが旧11号線の下を通っている。
知っている人は知っているが、初めての人はプチ感動する。
Toon03
東温市南方の愛媛県神社庁の隣にある森正神社の狛犬は足元に子供の狛犬がいる。
ちなみに井内吉井神社の狛犬も子連れ・・・
Toon04
南方のらくれんの工場近くに青空に向かってそびえる植物が・・・名前はなんだろう?と通るたびに思う!
Toon06

[edit]

東温良いとこ一度はおいで! 光明寺・元滑川小学校木造校舎 

愛媛大学人文学部観光まちづくりコースの生徒達が東温市の観光資源の現地調査を行うのにあわせて、滑川地区にある光明寺を訪れ、内田住職に話をお伺いした。

光明寺は滑川仲屋地区の小高い山の上にある。
平安末期の永承2年に開山されたとの記録を住職に見せていただいた。
namegawa01
本堂は東温市の有形文化財。その側に大きな銀杏の木が空に向かって伸びている。
秋が深くなり葉が黄色に色ずくと綺麗だろう。
namegawa02
文政11年(1828)の火災で本堂・庫裏が焼失した際に西面半分が焼け落ちた「がやの木」が庫裏の東にそびえている。
上の森の中には鎮西八郎為朝の墓のと伝承されているものがある。
源頼朝の弟である為朝は鎮西を名目に九州で暴れた。保元の乱で父為義とともに奮戦したがに破れた。
現在放送中の平清盛や保元・平治の乱に興味のある方は是非訪れるべし!
namegawa03
光明寺の駐車場は小高い山の上にあり、北東方向にある惣河内神社がよく見える。
ここのご神木は樹齢500年の檜であるが、無残な姿で立ち枯れしている。
何者かが枯葉剤のようなものを樹幹に注入した穴が木に残っているので、買いたたきを狙ったプロの仕業ではないかといわれている。写真を撮った日には警察や樹木医が現場検証し、テレビ局、新聞社などが取材に来ていた。
namegawa04
光明寺の下には廃校になった元滑川小学校の木造校舎がある。
namegawa05
ここの運動場跡ではキャンプも出来るそうで、内田住職によると星空観測には絶好の場所で、人工衛星も綺麗に見るそうだ。
ここの施設利用申し込みは、東温市役所川内支所で受け付けている。
namegawa06

[edit]

東温良いとこ一度はおいで! 窪野淵の井手 

愛媛大学人文学部観光まちづくりコースの生徒達が東温市の観光資源の現地調査を行うのにあわせて河之内窪野淵にある井出を地元の人の案内で見に行った。

惣河内神社から少し行った清水橋の下に窪野淵がある。橋の下なので気づかずに素通りしてしまう。
西側の農道から見ると窪野淵の滝と井手が見える。
右側が岩を切り抜いて作った井手・・・右側の滝の横を水が落ちるように水路を掘っている。
kubonofutiide01
橋の下の岩場に窪野淵の井手がある。
kubonofutiide03
kubonofutiide04
この井手は明治20年頃周桑の石工が掘ったようで、水門近くに記念碑が建っている。
kubonofutiide02
井手の水は用水路を通って音田・徳吉地区の農業用水として利用されている。
訪れた日は稲刈りも終わり、稲木に刈り取った稲が干されていた。
kubonofutiide05

[edit]

東温良いとこ一度はおいで! 源太桜 

愛媛大学人文学部観光まちづくりコースの生徒達が東温市の観光資源の現地調査を行うのにあわせて、土谷地区にある源太桜を見に行きました。

ふるさと桜三里会の中島さんに、桜三里の由来になった源太桜が多く植えられていた金毘羅街道のことなどを伺いました。土谷地区は宿場町。金毘羅街道を通る人々で明治の中頃まで賑わったそうです。

大正時代に田桑に架かっていた曙橋のレプリカが土谷集会所の近くに架けられています。
Genta01
Genta02
曙端橋のレプリカを越えると左金毘羅街道の道標があり山道に入ります。
10分ほど登ると数多く植えられていた源太桜が、小谷鉱山の煙害のせいで枯れ、切り倒された切り株が点在しています。
Genta03
今年の6月に草刈をしたそうですが、所々草が生え歩きにくいところがありました。ほったらかしにしておくとすぐ草が生え歩きにくくなるので、源太さくら祭りの前には金毘羅街道の草刈や案内板を1ヶ月くらいかけて綺麗にするそうです。
Genta04
馬にお灸をすえて治療をした場所も残っていました。
近年では、還暦祝いとか家族の誕生祝に桜の植樹をする人がいて、あちこちに桜の木と「還暦祝い」とか「孫の誕生記念」とかのプレートが架かっていました。
Genta05
歩き始めて40分・・・源太桜に着きました。中島さんの説明によると、説明板にその1と書かれている桜が白い花を咲かせる源太桜・・・
Genta06
Genta07
こちらはピンクの花を咲かせる源太桜・・・説明版には「源太桜その2」と書かれていて、行政が建てたので味もそっけもない表示・・・かってに「白源太」「桃色源太」と呼ぶことにしました。
Genta08
中島さんの話によると、源太桜祭りに携わる人々も高齢化が進み、金毘羅街道の整備や祭りの開催も出来なくなる時がすぐやって来る・・・と嘆いていらっしゃいました。
名所や銘木を眺めに来る人々は「綺麗」「よかった」と一言ですむが、そこを苦労して維持管理する人々がいることを忘れてはならない・・・

[edit]

東温良いとこ一度はおいで! 

9月21日から23日まで愛媛大学人文学部観光まちづくりコースの生徒達が東温市の光資源の現地調査を行いました。
目的は東温市の魅力的なところを探り出し、みんなが行ってみたいと思うコースを作り上げること・・・

21日はバスで市内のロケーションを見学・・・
駐車場から歩いて白猪の滝に登る!
TouonAidai01
マイナスイオンを感じて学生達も大いに気に入った様子・・・
TouonAidai02
最後は塩が森に登り市内を見ながら井内班が色々説明をしました。
TouonAidai03
各班に分かれて地域を廻った後、それぞれの発表を・・・
TouonAidai04
東温市直営のさくらの湯で一日の疲れを癒しながら、さくらの湯の施設もしっかり調査したようです。
TouonAidai05

[edit]

伊予鉄道のだんだん125ラッピング電車 

伊予鉄道が出来て9月14日で125周年・・・各線を「だんだん125(ワンツウ号)」が走っている。
IyotetsuDandan02
IyotetsuDandan03
使用されているのは3000系のステンレス車両・・・車体側面に「おかげさまで125」と書いてある。
IyotetsuDandan04
IyotetsuDandan05
3000系通常塗装とだんだん125塗装のツー・ショット・・・
IyotetsuDandan07

[edit]

伊予鉄道郊外電車 

伊予鉄道は9月14日で125周年!現在使用されている車両を見奈良駅近くで撮ってみた。

一番古い700系は元京王電鉄の5000系・・・2両編成で運行されている。
Iyotetsu01
Iyotetsu02
京王電鉄からの中古電車購入が多かったが、610系は自社発注車・・・1995年アルナ工機製の新品!
Iyotetsu03
Iyotetsu04
3000系は元京王電鉄の3000系で井の頭線を走っていたステンレス車・・・800系700系の代替車両として購入した。
Iyotetsu05
Iyotetsu06

[edit]

クロサイ・ライ近況 

とべ動物園で2011年2月18日に生まれたクロサイのライ君は1歳と7ヶ月・・・
TobeZooRAI01
角もすっかり伸びて体つきはもう大人の格好!
TobeZooRAI02
クー母さんと離れて一人だけ運動場に出ていたので、寂しいのかネコのような声で鳴いている!
TobeZooRAI03
飼育員のMさんが来ると甘えて・・・スリスリ・・・
TobeZooRAI04
合図をすると自分で座って身体の隅々を見てもらっていた。
TobeZooRAI05

[edit]

色々な色の彼岸花! 

彼岸花と言えば赤と相場が決まっているようだが東温市の花き指導研究室には色々な彼岸花が咲いている。
以前紹介した白い彼岸花は変わり彼岸花としてはお馴染みの色・・・
Hibannbana01
Hibannbana02
ピンクの彼岸花は花き研究指導室のあちこちで見ることが出来る!
Hibannbana03
Hibannbana04
一輪だけ咲いていたよく見かけるオレンジの彼岸花・・・
Hibannbana05
Hibannbana06
2輪咲いていた紫の彼岸花・・・ピンクの彼岸花の変種のようだ。
Hibannbana07
Hibannbana08

[edit]

とべ動物園でキクガシラコウモリを探せ! 

とべ動物園では午後3時15分くらいからコウモリのえさやりを見ることが出来ます。
田村技師長がコウモリについて色々話してくれます。運がよければ触れることも・・・
今回はアブラコウモリより3倍位大きい野生のキクガシラコウモリが居る場所に案内してくれました。
その場所に到着し上を見上げると2匹いました。
TobeZooBat01
キクガシラコウモリは鼻葉と呼ばれるビロビロが菊の花に似ていることが和名の由来だそうです。
英語ではGreater horseshoe bat・・・大馬蹄コウモリと言うそうです。菊の方が馬蹄より夢がありますね。
TobeZooBat03
とべ動物園に行ったらキクガシラコウモリを探してみましょう。
床にの黒い米粒大の物が落ちていたらそれはコウモリの糞・・・天井を見上げてください。見つかるかも知れません。
ヒントはふれあいセンター近くのチョットくさい場所の天井です。
TobeZooBat02
とべ動物園のコウモリについてより詳しくは、とべ動物園の公式ホームページの、保護されたアブラコウモリの紹介している「コウモリてんこモリ」をご覧ください。

[edit]

アメリカバイソンの老兄弟-マックとロビン 

9月17日は敬老の日ですが、とべ動物園では一足早く9月16日に敬老月間イベントがアメリカバイソン舎の前で行われた。
この日の主役はとべ動物園で生まれた21歳の兄マックと19歳の妹ロビン・・・人間なら80歳以上の老兄弟!
TobeZooKeiro01
テレビ局や新聞社も多くが取材に来ていた。
TobeZooKeiro02
三橋園長の挨拶の後、飼育員の竹箇平さんがマックとロビンの老兄妹のことについて話をする。
TobeZooKeiro03
抽選で選ばれた子供達が、マックとロビンの長寿を称えて、表彰状を竹箇平さんに手渡す・・・
TobeZooKeiro04
マックとロビンには竹箇平さんを通じて大好物の樫の葉をプレゼント!
TobeZooKeiro05
ロビンは樫の葉を食べたが、マックは足腰が弱ってよろけたので、じっとして樫の葉を食べない・・・
TobeZooKeiro06
兄のマックと妹のロビン共々長生きして来園者に癒しを与えて欲しいものだ。
TobeZooKeiro08
TobeZooKeiro07

[edit]

アフリカゾウ・砥夢くんの牙! 

とべ動物園のアフリカゾウの砥夢くん・・・
自分の牙をコンクリートの壁にこすり付けてひび割れするので、飼育員の人がテーピングをしてひび割れを防止しています。
TobeZooTom01
秋には砥夢くんが他の動物園に行く予定なので、親子4頭が揃って見られるのもあと少しです。
TobeZooTom02

[edit]

彼岸花が咲き始めた! 

東温市の花き研究指導室を尋ねると白い彼岸花が咲いていました。
彼岸花が咲き始めると秋の訪れを感じます。
中予地区の白い彼岸花といえば松山市日浦地区が有名ですが花研究指導室でも咲くんですね。
KakiS01
KakiS02
おなじみの赤い彼岸花は咲いていませんが、名前のとおり秋の彼岸の頃に咲き始めることでしょう。
KakiS03

[edit]

東温市見奈良のコスモスが見頃 

東温市見奈良のコスモスが満開です。
昼食時に見ると満開だったの、会社の帰りに寄る・・・
Cosmos04
Cosmos02
ここ見奈良のコスモスは、いつも開花時期が早いよう・・・
Cosmos01
Cosmos03
松山市内のコスモスが見頃になると枯れる花が目立ち始めたり倒れたりする。
Cosmos05
Cosmos06
つぼみや花びらが落ちた花も少し見受けられたので、これから2週間が見頃かも・・・
Cosmos07
Cosmos08

[edit]

レッサーパンダのリンリン 

とべ動物園には4匹のレッサーパンダが飼育されています。
レッサーとは小さいという意味・・・
パンダとは元々レッサーパンダの名前でしたがジャイアントパンダが発見されるとパンダの名前を取られてしまったそうです。

いつもは部屋に居るメスのリンリンが顔をのぞかせていました。
ResherPanda01
リンリンは他の3匹のレッサーパンダと比べると白っぽく顔が少し大きい・・・
ResherPanda02
ResherPanda03
こちらはオスのリュウノスケ君・・・リンリンと比べると茶色が濃く顔はスマート・・・
ResherPanda04
立ち上がる姿で有名になった風太の孫の風花・・・只今リュウノスケとお見合い中・・・
ResherPanda05

[edit]

東温市・井内地区の棚田 

東温市則之内から県道210号線を10分ほど南へ登ると井内地区!
昔から棚田で有名なところである。
Iuchi01
稲穂が色づき、たわわに実っている。
Iuchi02
奥井内地区は圃場整備が行われていなく昔ながらの棚田の風景が広がる。
Iuchi03
農作業にいそしむ、お百姓さんの姿が見られる。
圃場整備がされていないと、写真を撮るには変化があって綺麗だが、田植えや稲刈りは機械が入らないので大変だ!
Iuchi05
昔は茅葺だった家も葺き替えが大変なので今はトタンで蔽う家が増えた。
Iuchi06
Iuchi07
ビールの缶で造った雀脅し?がクルクルと回っていた!
Iuchi08

[edit]

第28回どてかぼちゃカーニバル その2 

第28回を迎えた東温市の「どてかぼちゃカーニバル」・・・
子供達がめいめいにどてかぼちゃの上にまたがり、カメラにおさまっていました。
Dotekabocha09
Dotekabocha10
ここにはひとりしか写っていませんが、子供達を撮るために多くのアマチュアカメラマンが群がっているんです。
Dotekabocha12
Dotekabocha11
一人の子供に対してカメラマンの数は6~7人・・・
私など、どてかぼちゃと子供と撮らずに、どてかぼちゃにまたがる子供を撮るアマチュアカメラマンを撮っていました。
Dotekabocha13
Dotekabocha14
それにしても、どてかぼちゃカーニバルを撮りに来ているカメラマンは70歳以上の年配ばかり・・・
若い人は全く居ない・・・1眼レフには明日がないのかもしれない。そのうちカメラといえば携帯・・・という時代になるのかもしれない。オーディオの世界においてコーポや大きいスピーカーがなくなり、音楽を聴くのはi-Podなどのデジタルプレーヤーになったように・・・
Dotekabocha15

[edit]

第28回どてかぼちゃカーニバル その1 

東温市のレスパスシティーで開催されるどてかぼちゃカーニバルも28回目を迎えました。
どてかぼちゃカーニバルがあることはニュースで見て知っていたのですが、訪れるのは初めて・・・
10時からの開催でしたが駐車場は会場に近いところから車でいっぱいに・・・
Dotekabocha01
各地から自慢のどてかぼちゃが集りました。
Dotekabocha03
イベントも盛りだくさんで、こちらはかぼちゃ積み上げ競争・・・参加料100円!制限時間内に何個積み上げられるか競争です。
この女の子は5個積み上げ1位・・・ハロインTシャツと積み上げたかぼちゃをもらいました。
Dotekabocha02
主催者の東温市青年農業者協議会が昨年から始めたハロインランタンのカービング教室!
Dotekabocha04
親子連れが世界で一つのオリジナルランタン作りに挑戦・・・
Dotekabocha05
ランタンに使われるかぼちゃは皮が柔らかいので簡単にくり抜けます。
Dotekabocha06
愛媛FCのオーレくんも会場に駆けつけ子供達と記念写真・・・
Dotekabocha07
どこへ行っても子供達に人気のオーレ君でした。
Dotekabocha08

[edit]

アメリカバイソン-マックとロビン 

とべ動物園のアメリカストリートにアメリカバイソンが飼育されています。日本名はアメリカ野牛!
アメリカバイソンはオスのほうが身体が大きくなるそうです。
とべ動物園のアメリカバイソンのオスはマックといいます。
TobeZooAmericanBison01
1991年6月5日生れの21歳!アメリカバイソンの寿命は18~22年と言われますからマックは人間で言えば80歳以上のおじいさんです。
TobeZooAmericanBison02
今日は疲れたのか足を折り曲げで座っていました。
TobeZooAmericanBison03
小さい方のアメリカバイソンはメスでロビンといいます。
1993年4月7日生れの19歳・・・人間なら80歳以上のおばあさん・・・
TobeZooAmericanBison04
オスのマックと比べると身体は一回り小さいから区別が付くと思う・・・
TobeZooAmericanBison05
マックとロビン2頭とも高齢バイソンなので、9月16日に敬老月間イベントがバイソン舎の前で行われる予定です。
皆さん9月16日(日)は是非とべ動物園アメリカバイソン舎にお越しください。
TobeZooAmericanBison06

[edit]

東温市-井内御来光滝 

愛媛県には御来光滝と名前が付いた滝が2箇所ある。
一つは久万高原町にあり石鎚スカイラインから眺めることが出来る。
もう一つは東温市にあり、こちらは井内御来光滝・・・
11号線則之内交差点から県道210号線を南に5km走ると農家レストランのぼたん茶屋に着く。
さらに3km登ると山道に差し掛かる。
Goraiko01
通行注意の看板があり落石もあるので不安に思うが、雨でなければ落石もなく大丈夫・・・
Goraiko02
さらに2km進むと名前が付いていない落差10mの滝が左手に現れる!
Goraiko03
ある人は「琴の滝」と名付けているが、私には岩肌が横綱貴乃花の腹に見えるので「相撲の滝」と勝手に名付ける!
Goraiko04
さらに1km進むと目的の井内御来光滝に到着!手前の2~3台止められるスペースに駐車する!
Goraiko05
御来光橋から眺めることが出来る御来光の滝は、手軽に滝の自然が楽しめる穴場・・・
Goraiko06
水量がまずまずだったが雨が続いた翌日には迫力ある姿が見られることだろう!
Goraiko07
台風の後か秋の紅葉の頃に訪れてみたい・・・
Goraiko08

[edit]

東温市唐岬の滝 

東温市の国道11号線の桜三里入り口の交差点を河之内方面に曲がり、白猪の滝駐車場を過ぎて国道494号線を黒森峠方向に上ること20分で唐岬の滝の入り口に到着する。
駐車スペースには「漠五段 一段ごとの もみじかな」と夏目漱石が詠んだ句碑が立っている。
KarakaiF01
1分ほど歩くと滝となって流れる谷川を渡り、その後どんどん下る。滝の高さが114mだから120mほど下ることになる。
殆んどの滝は、行きは登りで帰りは下り・・・唐岬の滝は行きは下りで帰りは登り・・・行きはよいよい、帰りは怖い滝なのだ。
駐車スペースから80mほど下ると滝が見えてきた。
KarakaiF02
滝つぼへは誰かが架けたロープをつたって降りることが出来る。
KarakaiF03
100mほど上に、先程渡った谷川の水が滝となって落ちるところが見える。
KarakaiF04

[edit]

東温市上林では稲刈りが始まる! 

植物が育つのは早い・・・
6月に田植えがあったと思ったら東温市の上林では稲刈りが始まった。
早場米とはいえ3ヶ月で米が出来るのだ。
Kamihayasi01
秋晴れのもと稲穂が垂れている。この田んぼの下のほうでは機械で稲刈りをしていた。
Kamihayasi02
上林湧水地区の棚田でも稲穂が色好き、もうすぐ稲刈りが始まる。
Kamihayasi03


[edit]

キバタン・タロウくんとおしゃべり! 

とべ動物園最後の夜の動物園での企画、キバダンのタロウくんとおしゃべり・・・
ふれいあ広場のゲージの周りに人が集めまりました。
TobeZooKibatan01
いつもは「タロウくん」「こんにちわ」などと喋るのですが、今日はキーパーさんがすぐ側にいるので甘えてなかなか喋りません。
TobeZooKibatan04
TobeZooKibatan05
ところでキバタンはオーストラリアに分布する大型のオウム・・・漢字で黄芭旦と書きます。
TobeZooKibatan02
芭旦とは漢語で、頭に長い鶏冠のような羽を持つ、白色の大型のオウムの総称・・・
キバタンは英語ではSulphur-Crested Cockatooと言います。
TobeZooKibatan03


[edit]

横じまのチャップマンシマウマ! 

身体に縞模様のある動物は多い・・・魚ではイシダイやシマイサキなど・・・
シマウマもその一つ・・・
TobeZooZebra01
イシダイが泳ぐ時、タテの縞模様だが実はイシダイはヨコジマ・・・
背骨を垂直にした時に見える縞がヨコなら横ヨコじま・・・
TobeZooZebra02
この法則で見ると、シマウマの首や胴はヨコじま・・・
TobeZooZebra03
顔は殆んどヨコしまだが額はタテしま・・・
TobeZooZebra04
白黒の縞模様は動物園では目立ちやすいが、アフリカのサバンナの高い草が多いところでは保護色になって背景に溶け込むそうだ。
TobeZooZebra05

[edit]

ムササビ・もっくん 夜のお散歩! 

とべ動物園の夜の動物園も今日で終わりという日、ムササビの夜のお散歩というイベントを見る。
飼育員Kさんの肩に乗って園内をお散歩・・・名前はもっ君という。
TobeZooMusasabi01
夜行性だからか目はフクロウの様に大きく虹彩は黒い・・・
TobeZooMusasabi03
高い木からグライダーのように滑空する。
TobeZooMusasabi04
ムササビはリスの仲間・・・自然界では樹上で生活をするので地上に降りることはない・・・
TobeZooMusasabi02
姿かたちをみているとエゾリスに似ている。
TobeZooMusasabi05

[edit]

アメリカバイソンのマック! 

とべ動物園のアメリカストリートにいるバイソン・・・
普通の動物よりも2倍損するからバイソンと言う名前が付いた・・・というのは冗談ですが、
オスのバイソンはマックといいます。
TobeZooBison01
目はつぶらで可愛い・・・
TobeZooBison04
TobeZooBison02
牛の仲間なのでいつも反芻をしてモグモグモグ・・・よだれをたらしています。
TobeZooBison05
実はマックの口にデキモノが出来てとても痛々しい・・・早く直るといいのですが・・・
TobeZooBison03

[edit]

フクロウ・マーブルの舌! 

保護されて9年前にとべ動物園にやって来たフクロウのマーブル・・・女の子です。
暑いのか口を開いて舌を出していたので今日はマーブルの「舌」特集・・・
TobeZooMarble01
インコとも違い柔らかそうな舌をしている。
TobeZooMarble02
この角度で見ると人間の舌のよう!
TobeZooMarble04
おまけはフクロウの足・・・他の鳥と違って毛が生えている・・・猛禽だけあって爪は鋭い!
TobeZooMarble05
飼育員のOさんとは9年の付き合い・・・信頼関係が出来ているようだ!
TobeZooMarble03

[edit]