12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

東温市滑川渓谷ツララの状況 その1 

寒波がやって来て白猪の滝は氷瀑が見られるとのテレビ報道・・・
この分なら滑川渓谷のツララも成長しているだろうと考え、滑川での打ち合わせの帰りに寄ってみた。

駐車場には3台の車が駐車している。少し手前で2台出逢ったので先ほどまで満車だったのだろう。
先週は誰も居なかったのに、寒波が来ると考えることはみんな一緒だと感じる。
駐車場近くの崖にはツララが垂れ下がっているので、今日はツララの成長が期待できそう・・・
滑川渓谷氷柱・中の原 130129 01
中の原は礫岩の一枚岩で「なべら」と呼ばれている。
今日はツララが見事に成長している。
滑川渓谷氷柱・中の原 130129 02
木の橋を渡り鉄バシゴを登ると箕淵と呼ばれる断層に出る。
滑川渓谷氷柱・中の原 130129 04
箕淵の甌穴は凍っていた。
滑川渓谷氷柱・箕渕 130129 01
箕淵の上にある甌穴群・・・夏にはウォータースライダーのように滑る子供達の声が響く・・・
滑川渓谷氷柱・甌穴 130129 01
熊の爪は寒くなると大きなツララが成長するところ・・・
滑川渓谷氷柱・熊の爪 130129 01
大きな岩が二つ並ぶ犬くぐり近くに綺麗な氷が出来ていた。
滑川渓谷氷柱・犬くぐり 130129 01
もうすぐ奥の滝・・・
滑川渓谷氷柱・奥の滝 130129 03
奥の滝の両岸の岸壁は龍の腹と呼ばれ、いくえにも重なっている堆積岩の地層を見ることが出来る。
滑川渓谷氷柱・奥の滝 130129 01
もう少し寒くなると、龍の腹のツララは大きく成長する。
滑川渓谷氷柱・奥の滝 130129 02
撮影:2013年1月29日
スポンサーサイト

[edit]

ボンバルディア・ダッシュ8-400 

冬空の松山空港・・・
大阪からNH1639のDHC-8-400が下りてきた。
少し横風が吹いているのでエルロンで修正している。
AKX DHC-8-412 JA850A 130126 01
もうすぐランディング・・・ランウェイに正対するよう機首を向ける・・・
AKX DHC-8-412 JA850A 130126 02
タッチダウン・・・ナイスランディング!
AKX DHC-8-412 JA850A 130126 03
いつ飛ぶか判らないB787の側を、スポット5に向けてタクシー・・・
AKX DHC-8-412 JA850A 130126 04
AKX DHC-8-412 JA850A 130126 05
EH DHC-8-412 JA850A

[edit]

在りし日のアジアゾウ-タロウ その3 

とべ動物園のタロウが元気だった頃の姿・・・

去年の10月頃からホースを鼻で持ってシャワーのように使って水浴びをする姿が見られた。
その姿を「シャワー・タロウ」と勝手に名付けたのだが・・・もう見ることが出来ない。
TobeZoo TARO 121006 12
TobeZoo TARO 121006 17
2012年10月6日
TobeZoo Taro 121020 001
TobeZOO TARO 121020 04
2012年10月20日

開いたタロウの口に餌のサツマイモが投げられる!
TobeZOO TARO 121020 01
折れた牙の消毒タイム・・・
TobeZOO TARO 121020 02
飼育員のMさんとのコミュニケーションの時間・・・とても気持ちよさそうだった。
TobeZOO TARO 121020 05
TobeZOO TARO 121020 03
2012年10月20日

[edit]

在りし日のアジアゾウ-タロウ その2 

昨年はハナコの7回忌・・・あとを追うようにタロウが天国に召された。
元気な頃には、飼育員のMさんと良くコミュニケーションを取る姿が見られた。
TobeZoo TaroSnow 120218 031
TobeZoo TaroSnow 120218 040
2012年2月
TobeZoo水曜象でしょう 120328 06
TobeZoo水曜象でしょう 120328 09
2012年3月
TobeZoo Taro 120509 03
TobeZoo Taro 120526 06
2012年5月

[edit]

在りし日のアジアゾウ-タロウ その1 

国内で飼育されているアジアゾウでは一番重かった、とべ動物園のタロウが1月26日午後4時40分に亡くなった。享年39歳。
昨年暮れから一般公開を中止し治療をしていたが、前足の腫れがひどくなり昨日天国に召された。
もう鼻を上げて餌をねだる姿を見ることが出来ない。
TobeZoo Taro 110424 001
2011年4月
TobeZoo Taro 110721 015
TobeZoo Taro 110721 033
TobeZoo Taro 110721 058
2011年7月
TobeZoo AfTaro 120114 006
アフリカゾウのアフと会話中? 2012年1月
TobeZoo Taro Show 120125 001
2012年1月
TobeZoo RaroSnow 120218 010
2012年2月

[edit]

いつ出発するのか松山空港のB787! 

とべ動物園へ行く予定がキャンセルになったので松山空港方面での打ち合わせの帰りに久しぶりに松山空港に行く。
空港の南公園に到着すると、NH590東京行きB767が離陸するところ・・・
NH B767-381 JA8870 RJOM 130126 01
NH B767-381 JA8870 RJOM 130126 02-02
NH B767-381 JA8870

NH590は本来の機材はB787-881であったが飛行停止中のため駐機していた。
NH B787-381 JA811A 130126 01
いつになったら大空を駆け巡るのだろう?
NH B787-381 JA811A 130126 02
NH B787-881 JA811A

駐機中のB787の近くを東京行きJL1466 B737-846がプッシュバック・・・
JEX B737-846 JA345J RJOM 130126 01
陽炎がなく機体の輪郭がはっきり写るが空は白く良くない・・・
JEX B737-846 JA345J RJOM 130126 02
JC B737-846 JA345J
撮影:2013年1月26日

[edit]

白猪の滝-氷瀑状況 

週末は寒気が入り寒くなるとの予報・・・1月25日は、朝から雪がちらついていたので、簡易アイゼンのテストを兼ねて白猪の滝に行く。
駐車場には車が1台も止まっていない。この分だと氷瀑は期待できないだろう。
七釜付近は予想通り0%の氷結・・・
白猪の滝・七釜 130125 01
白猪の滝・七釜 130125 03
白猪の滝・七釜 130125 04
七釜の階段は雪が積もっているが、凍っていないので滑り止めがなくても歩きやすい。
雪に足跡が付いていないので私達が初めての侵入者?
白猪の滝・七釜 130125 05
白猪の滝に到着・・・やはり凍っていない。氷瀑率0%・・・
白猪の滝・氷瀑 130125 01
雪が積もっていなければただの滝か?
白猪の滝・氷瀑 130125 02
今日は道が凍っていなく滑り止めのテストにはならなかった。
白猪の滝・氷瀑 130125 03
1月26日から最低気温が氷点下になるとの予報だから氷瀑が見られるかも知れない。
白猪の滝・氷瀑 130125 04
撮影:2013年1月25日

[edit]

河之内地区-棚田の雪景色 

2013年1月18日の河之内地区棚田の雪景色・・・

国道11号線の桜三里上り口を右折して少し走ると音田地区・・・
河之内・音田棚田雪景色 130118 01
この辺りは圃場整備をしていないので棚田のカーブが綺麗・・・
河之内・音田棚田雪景色 130118 02
明治の頃に、表川の窪野淵の岩をくり抜いて農業用水を確保した窪野淵の井出・・・
河之内・窪野淵井出 130118 02
橋の上から見ると草に付いた水が凍りついていた。
河之内・窪野淵井出 130118 01
清水橋を渡りヘアピンカーブを登ると狩場地区・・・ここにある水車も雪景色!
河之内・狩場水車小屋雪景色 130118 01
狩場の対岸にある日浦地区・・・
河之内・日浦棚田雪景色 130118 01
右下にあるのが市指定天然記念物のムクノキ・・・
河之内・日浦棚田雪景色 130118 02
対岸は問屋地区・・・真ん中左に白猪の滝の駐車場が見える。
河之内・問屋棚田雪景色 130118 01

[edit]

東温市河之内・金毘羅寺の雪景色 

2013年1月18日の河之内地区の雪景色・・・道路は所々凍っていたがノーマルタイヤでも何とか進めた。

金毘羅寺参道入り口の右に建つ近藤金四郎翁の胸像にも雪が積もっていた。
近藤金四郎翁は愛媛県議会議長を務めた政治家で河之内問屋に生まれた。
河之内から黒森峠を経て面河に続く国道494号線の開通に私財を投げ打って尽力・・・
昭和30年7月31日、国道494号線の開通式の日に亡くなった。
金毘羅寺・近藤金四郎銅像 130118 01
山門の脇にある楓も雪をかぶって白い花を咲かせている。
河之内・金毘羅寺雪景色 130118 01
河之内・金毘羅寺雪景色 130118 02
賤ヶ岳七本槍の一人で、松山藩主となった加藤嘉明お手植えと言われる市指定天然記念物の四本杉・・・
河之内・金毘羅寺雪景色 130118 03
根元には雪が積もっていた。
河之内・金毘羅寺雪景色 130118 04
曇り空の雪景色も綺麗だが青空の雪景色はもっと綺麗・・・
河之内・金毘羅寺雪景色 130118 05
河之内・金毘羅寺雪景色 130118 06

[edit]

東温市河之内・惣河内神社の雪景色 

2013年1月18日(金)は前夜から降った雪が積もり、東温市河之内地区は一面の雪景色になった。
惣河内神社の雪景色を撮りたかったがやっと念願が叶う!
河之内・惣河内神社雪景色 130118 01
手水も凍っているので柄杓で水をすくう事が出来ない!
河之内・惣河内神社雪景色 130118 02
一畳庵も一面の銀世界に変わっている!
河之内・惣河内神社・一畳庵雪景色 130118 06
河之内・惣河内神社・一畳庵雪景色 130118 01
河之内・惣河内神社・一畳庵雪景色 130118 03
河之内・惣河内神社・一畳庵雪景色 130118 05
陽が当って屋根に積もった雪がツララになって・・・
河之内・惣河内神社・一畳庵雪景色 130118 04
百日桜には雪が積もって花が隠れている。
「一畳庵 ひたき来るかと 便りかな」の句碑の上にも雪が積もって・・・
河之内・惣河内神社・一畳庵雪景色 130118 02

[edit]

春に向けて膨らむ蕾! 

東温市の森の交流センターで1月に咲いている花はごくわずか・・・
その一つが檀(まゆみ)の赤い花・・・
森の交流センター 檀 130114 023
古来より弓の材料となりその名前が付いたと言われている。
森の交流センター 檀 130114 008
もう一つは西地区に植えられた蝋梅・・・
森の交流センター 蝋梅 130114 009
東に植えられている蝋梅や素心蝋梅はまだ蕾の状態・・・
森の交流センター 蝋梅 130114 003
早春に先ず咲くことから名前が付けられたマンサクもまだ蕾の状態・・・
森の交流センター マンサク 130114 002
森の交流センター マンサク 130114 003
2月中旬から3月上旬にかけて咲く寒緋桜や枝垂梅も硬い蕾の状態・・・
森の交流センター 寒緋桜 130114 002
森の交流センター 寒緋桜 130114 003
2月の中旬を過ぎると蕾が一斉に開きはじめ森の交流センターも色とりどりの花でいっぱいになる。
森の交流センター 枝垂梅 130114 002
森の交流センター 枝垂梅 130114 003


[edit]

大寒の白猪ノ滝氷瀑状況 

2013年1月20日は大寒・・・暦の上では一番寒い日!
正道会館の寒稽古があるので白猪の滝に撮影に行った。

10時頃の無料駐車場は、ほぼ満車状態・・・やはり日曜日は人が多い。
橋を渡った所から少しアイスバーン状態・・・スニーカーで登ろうとしたカップル、「履物が甘かった」とあきらめて引き返して来た。

有料駐車場手前、トイレ近くの駐車スペースはアイスバーンになっているので車にも滑り止めが必要・・・
七釜は1週間前と変わらない積雪量・・・
白猪の滝・七釜 130120 01
七釜付近の階段は、1月18日に降った雪が凍っていて歩きにくそうに登る人を多く見かけた。安心して登るには滑り止め着用か釣用のスパイクブーツがベター!
白猪の滝・七釜 130120 02
白猪の滝・七釜 130120 03
今日は日曜日なので家族づれが多い!
白猪の滝・氷瀑 130120 02
1週間前は3割の氷瀑だったが、1月19日までの冷え込みで今日は5割ほどの氷瀑状態!
白猪の滝・氷瀑 130120 03
白猪の滝・氷瀑 130120 04
しかしクラゲの成長度合いは1週間前より少し大きくなった程度・・・このクラゲが後30分もすると崩落する!
白猪の滝・氷瀑 130120 05
正道会館の寒稽古が終ってみんな滑りながら下山する・・・右下の氷くらげが落ちて地肌が黒く露出している。
白猪の滝・氷瀑 130120 08

[edit]

正道会館 白猪の滝-寒稽古! 

2013年1月20日、空手で有名な正道会館四国本部恒例の寒稽古が東温市河之内の白猪の滝で行なわれた。
11時30分頃から始まるというのに10時には寒稽古をする人よりアマチュアカメラマンの方が多いんじゃない・・・というくらい、今年はギャラリーが多かった。
白猪の滝 正道会館寒稽古 130120 19
こちらは東温市の観光資源の写真を撮るため半分仕事・・・
白猪の滝 正道会館寒稽古 130120 05
白猪の滝 正道会館寒稽古 130120 14
本当は滝を入れて正面から人物を撮りたかったけれど、色々な角度から撮る為に移動したので、正面が撮れる場所には先客がいる・・・
白猪の滝 正道会館寒稽古 130120 26
白猪の滝 正道会館寒稽古 130120 21
東温市の観光を考えると、いっぱい人が来て写真を撮っているところを伝えるのもいいかもしれない。

この写真に写っている2人の演舞が終わった後、右上の氷クラゲがドドーンと音を立てて崩れ落ちた。
だれも氷に当らず怪我がなかったので、この一年は無病息災だろう。
白猪の滝 正道会館寒稽古 130120 29
なお、当ブログに載せることは正道会館さんの了解済み!

[edit]

冬の日-とべ動物園の動物達 

アメリカ・ストリートにいるジャガー・・・只今カップリングの真っ最中・・・
TobeZoo02
香川県の白鳥動物園からやって来たホワイトタイガーのファイト君・・・只今メスのオメガと見合い中!
TobeZoo04アメリカバクのメス・ユメ、虹彩は目立たないようか?黒い・・・
TobeZoo01
クロサイのストーム・・・角が立派になったような気がする・・・
TobeZoo05
ワオキツネザルは手を広げて日向ぼっこ・・・
TobeZoo06

[edit]

とべ動物園の鳥達! 

とべ動物園で飼育されている鳥達・・・

フラミンゴはヨーロッパフラミンゴ、チリフラミンゴ、キューバフラミンゴ、コガタフラミンゴの4種類を見ることが出来る。
TobeZooBird01
サバンナゾーンにいるのが掃除人のハゲコウ!巣を作るのか小枝を運んでいる。
TobeZooBird02
ハゲコウと一緒に居るモモイロペリカンは毛づくろいに余念がない・・・
TobeZooBird03
日本ではとべ動物園でしか見ることが出来ないパプアヒクイドリ・・・
TobeZooBird04
鮮やかなブルーをしている!
TobeZooBird05

[edit]

ある日のアフリカゾウ・ファミリー 

砥夢が多摩動物公園に行ってから、とべ動物園のアフリカゾウ・ファミリーは3頭・・・
アフ父さんとリカ母さんは相変わらず仲がいい様子・・・
TobeZooAfurikanE08
媛!と名前を呼ぶとこっちにやって来て鼻を上げて愛嬌を振りまく・・・
TobeZooAfurikanE01
TobeZooAfurikanE02
TobeZooAfurikanE03
今日はショットカットで通路の壁をよじ登っていた。
TobeZooAfurikanE04
TobeZooAfurikanE05
TobeZooAfurikanE06

TobeZooAfurikanE07

[edit]

1月に咲く花! 

今年初めて愛媛県花き研究指導室を訪れた。
この季節は開花する花が少ないが、それなりに香りを楽しんだ。
Kaki01
ラナンキュラス(キンポウゲ)が咲き始めた。春には温室一面がラナンキュラスの花でいっぱいになるが今は20輪ほどの開花が見られる。
Kaki02
Kaki03
Kaki04
初恋草が小さく可憐な花を咲かせている。
Kaki05
背が高くなるデルフィニウムは12月から咲き始めた!
Kaki06
おなじみハイビスカスは年中咲いている。
Kaki07

[edit]

コツメカワウソ・ファミリー その2 

2012年11月6日に家族が増えたコツメカワウソファミリー・・・
屋外での展示公開が始まっている。
TobeZooKawauso09
マサの母さんぶりも板に着いてきたようだ。
TobeZooKawauso10
チョコ丸は鼻が黒い・・・
TobeZooKawauso11
マサが子供を咥えて運ぶのはタルトの方が多いようだ。運ばれている時のタルトはおとなしくしている。
TobeZooKawauso12
タルトは鼻の真ん中に白い筋がある・・・
TobeZooKawauso14
TobeZooKawauso15
左がチョコ丸、右がタルトの双子の兄弟・・・
TobeZooKawauso16
撮影:2013年1月12日

[edit]

白猪の滝氷瀑状況 

1月14日は太平洋沖を発達した低気圧が通ったので関東地方を中心に大雪に見舞われた。
中予地方も山間部を中心に雪が降った。
東温市の河之内地区の雪景色と白猪の滝氷瀑を撮りに出かける。

松山自動車道は川内インターと小松インター間が積雪のため通行止めになったので11号線は渋滞・・・
白猪の滝の駐車場には先客4台の車が止まっていた。
七釜付近の階段には10cmほど雪が積もっていたが、凍結していないから登りやすい。
ShiraiFallIce02
七釜の小滝の凍り具合は1週間前と変わらないが雪景色に変貌・・・
ShiraiFallIce01
白猪の滝の氷瀑状況も1週間前と比べて成長していない。
ShiraiFallIce03
どこかの写真クラブの団体が滝の前にいたので、周回路から撮る!
木々に降った雪が水滴になり再び凍って霧氷のよう・・・
ShiraiFallIce06
先客がいなくなったので滝の直下に移動・・・
ShiraiFallIce07
クラゲの成長はまだまだの様子・・・
ShiraiFallIce08
滝を写す人が居なくなったので河原に下りて撮る。霧が出てきたので、上の滝は霞んで見えない!
ShiraiFallIce05
俳句を詠んでいた女性3人連れと私が滝から離れたので、滝の前には誰もいなくなった!
ShiraiFallIce04
撮影:2013年1月14日

[edit]

コツメカワウソ・ファミリー その1 

2012年11月6日に双子の兄弟が生まれて4匹になったコツメカワウソ・ファミリー・・・
屋外展示が始まっている。
TobeZooKawauso01
マサ母さんのオッパイは、子供ができたので大きく膨らんでいる。
TobeZooKawauso02
子供を運ぶ時は犬やネコのように首筋を咥えて移動・・・
TobeZooKawauso03
タルトを咥えたマサ母さん・・・
TobeZooKawauso04
ピアとチョコ丸・・・ピア父さんが子供を咥えたところを見たことがない。
TobeZooKawauso06
タルトはマサ母さんに咥えられたので、首筋に咥えられたあとがついている。
TobeZooKawauso05
チョコ丸はこの日は咥えられていないので首筋が綺麗・・・
TobeZooKawauso07
TobeZooKawauso08
撮影:2013年1月12日

[edit]

ピューマの子供達はもうすぐ1歳! 

2012年2月18日に生まれたピューマの子供はもうすぐ1歳・・・親と変わらない大きさになった。
TobeZooPuma01
今日はチョット興奮したのか盛んに動き回って居る。
TobeZooPuma02
じっとしている時は、サイの赤ちゃんが泣くように「ピーピー」と高い声で鳴いている。
TobeZooPuma03
ピューマの子供の鳴き声を聞くのは初めて・・・
TobeZooPuma04
地面に座ってリラックスの姿勢・・・
TobeZooPuma05
そのうち、背中が痒いのかゴロゴロ廻って背中を掻いていた。
TobeZooPuma06
TobeZooPuma07

[edit]

月の女神-ダイアナモンキー 

とべ動物園のダイアナモンキーのカップくんとルナさんは只今同じ檻でお見合い中・・・
今のところ気が合わないのか、カップくんが近寄るとルナさんは檻の隅の避難・・・
写真を撮る立場としては、檻が移らない場所にじっとしていて撮りやすいのだが・・・
TobeZooDianmonky01
TobeZooDianmonky02
カップくんより顔つきがスマート・・・ダイアナモンキーでは美人の部類に入るのかもしれない。
TobeZooDianmonky03
TobeZooDianmonky04
モンキータウンの入り口に居るスマトラオランウータンのディディは相変わらず葉っぱで顔を隠している。
TobeZooDidi01
いつも目をそらすディディ・・・いつかディディとニラメッコをしたいものだ!
TobeZooDidi02

[edit]

フラミンゴたち 

とべ動物園には4種類のフラミンゴが飼育されていて入り口の正面で見ることが出来る。
少し小ぶりのコガタフラミンゴは赤とミンクの羽が特徴・・・クチバシは黒色!
TobeZooFramingo01
ヨーロッパフラミンゴは羽の色とクチバシの色がピンク・・・飼育しているフラミンゴの中で身体が一番大きいので区別がつく。
TobeZooFramingo02
2011年8月1日に生まれたヨーロッパフラミンゴのユーロは生後1年4ヶ月・・・
成鳥と変わらなくなりました・・・と言いたいところだが、体つきだけは成鳥なみ・・・
TobeZooFramingo03
首周りの羽毛には子供の頃の黒色が残っている。
TobeZooFramingo04
成鳥になると首の羽毛は真っ白になるのだが・・・ユーロの首の羽毛が真っ白になるのはいつだろう!
TobeZooFramingo05

[edit]

豹のサリー-餌取りクライミング! 

アフリカゾウ・ファミリーを撮っていると豹への餌やりが始まった。
今日は竹ざおを使った檻のクライミング餌やり・・・
飼育員のKさんが竹ざおの先に馬肉を付けると、サリーはスルスルとクライミングしてゲット・・・
TobeZooPanter01
登る時はすばやいが、下りる時は落ちないように慎重に・・・ス・・ル・・ス・・ルくらいの速さ!
TobeZooPanter02
満腹になったのか毛づくろいを始める!
TobeZooPanter03
じっとして動かなくなったので顔をアップで撮ってみた。
TobeZooPanter04
TobeZooPanter05
TobeZooPanter06

[edit]

滑川渓谷氷柱と白猪の滝氷瀑  

今日は少し寒さが緩んで気温が少し高め・・・冬の風物時、東温市の滑川渓谷のツララと白猪の滝の氷瀑は期待薄かな?と思うが状況を視察に行く。
滑川渓谷の駐車場からすぐの「龍の尾」の崖にはツララが見られないので今日は駄目かと思っていると、少し先の枯れ枝がいつものように凍っていた。これなら奥の滝までの道中にツララが見られるだろう、と奥の滝に向かって登り始める!
NamegawaTrara01
途中でツララを見ながら奥の滝に到着・・・いつもの2割程度のツララの数と大きさだが、始めてきた同僚は「始めて見るスゴイ景色・・・」と感動している。
NamegawaTrara02
奥の滝の河原にはエリンギみたいな氷柱が・・・どんなにして出来たのだろう?不思議な光景に、しばし見とれる・・・
NamegawaTrara03
こちらは龍の腹から落ちた水滴が凍ってガラス玉のような情景を創っていた。
NamegawaTrara04
滑川渓谷を後に白猪の滝へ・・・滑川渓谷では帰り際に車が1台止まっていたが、白猪の滝駐車場には5台駐車している。
途中の七釜は2割程度凍っている。いつもは凍結している七釜前の階段は、雪がなく滑らないので歩きやすい。
ShiraiFoll-Ice01
白猪の滝に到着・・・氷瀑は2割程度・・・先人が三脚を構えて滝を撮っていたので、邪魔をしないように滝の前には行かなかった。
ShiraiFoll-Ice02
周回路から上の滝を入れて撮る。三脚は重いので車内に起きてきた。コンクリートの手すりの上に固定してパチリ・・・
ShiraiFoll-Ice03
撮影:2013年1月8日

[edit]

オウサマペンギンの食事とウォーキング! 

とべ動物園にはオウサマペンギンが1羽飼育されている。去年オスが死んだのでウイドー状態・・・

今日はペンギン主担当のYさんが食事タイムの担当!オウサマペンギンはしっかり側にいて助手役を務めている。
TobeZooKingP01
Tさんが担当の時にはペンギン舎内での食事だが、今日はYさんなのでアジのお裾分け・・・
TobeZooKingP02
お腹がいっぱいになった後はダイエットのため?・・・にウォーキング・・・
TobeZooKingP03
すぐ近くで撮ると目が綺麗・・・
TobeZooKingP04
TobeZooKingP05
プールの前にしばらく居たあと、ヨチヨチとペンギン舎までヨチヨチあるきでご帰還・・・
TobeZooKingP06
TobeZooKingP07
オウサマペンギンのウォーキングイベントは冬だけのサプライズ!Yさんが出勤している日に不定期で開催中!

[edit]

3頭のアフリカゾウ親子! 

とべ動物園、2013年1月6日のアフリカゾウの親子・・・
砥夢がいなくなって6月に新しい小象が生まれるまでは3頭のアフリカゾウファミリー・・・

餌が運ばれるとリカ母さんは待てのポーズをとるが、媛はすぐ食べようとする。
TobeZooAfuricanE04
アフ父さんは一人でモグモグ・・・
TobeZooAfuricanE01
姫ちゃんも餌を取られないよう一人になってモグモグ・・・
TobeZooAfuricanE03
リカ母さんはいつものようにいっぱい餌をほおばって・・・
TobeZooAfuricanE02
餌を食べ終わるとアフ父さんと媛ちゃんがコミュニケーション・・・
TobeZooAfuricanE05
リカ母さんも夫婦のコミュニケーションを・・・
TobeZooAfuricanE06

[edit]

コツメカワウソの赤ちゃん-命名式 

2012年11月6日、とべ動物園の人気物、ピアとマサの間に生まれたコツメカワウソの赤ちゃんの命名式が1月5日に行なわれた。
チョコ丸、タルト、コタロウ、ミライ、ユウキの5つの候補から投票する。
個人的にはクリとタルトの二つの名前にすれば、栗タルトでおなじみのハタダの社長に言ってCMに使ってもらい出演ギャラをいっぱいもらってあげる・・・と提案したが却下された。
TobeZOKotumeOmeimei01
飼育員のOさんが赤ちゃんやお父さんのピアやお母さんのピアの近況を報告・・・
TobeZOKotumeOmeimei02
名前に投票した票数を集計した結果、200票づつを獲得した「チョコ丸」と「タルト」に決定・・・・
TobeZOKotumeOmeimei03
TobeZOKotumeOmeimei04
帳票した人には抽選の結果カワウソの縫いぐるみがプレゼントされた。
今日はテレビ局や新聞社など多くの報道陣が来ていた。
TobeZOKotumeOmeimei05
縫いぐるみがプレゼントされた子供は早速テレビ局の取材に答えていた。
TobeZOKotumeOmeimei06
命名式の後、赤ちゃんの公開が行なわれたが報道陣や来園者がいっぱいで満足できる写真が撮れない・・・
そこで昨年の公開時に撮った写真を・・・鼻が白い左の方がタルト、鼻が黒い右の方がチョコ丸・・・
TobeZOKotume01

[edit]

雪景色 

1月4日は自動車に雪が少し積もっていた。
東温市の上林湧水地区は下界から見ると真っ白だったので谷あいの雪景色を撮りに行く。

先ずは昨年の暮れには雪が溶けていて撮れなかった河之内地区に行く。
白猪屋さんの上の問屋地区の棚田には2cmほど積もっていた。
ToonSnow06
誰かがミッキーマウスの人形を・・・
ToonSnow05
黒森峠に通じる県道494号線から見た問屋地区の雪景色・・・
真ん中右にある白猪の滝駐車場は小さくて見えないが、滝を見るだろう車が6台ほど止まっていた。
私も白猪の滝の氷瀑状況を見に行きたかったが、革靴とスーツだったので諦める!
ToonSnow07
井内や上林にも行って見るが昨年暮れに比べて降雪が少なかった。
昨年12月に撮った井内の雪景色・・・
ToonSnow03
ToonSnow04
昨年12月の上林湧水地区の雪景色・・・
ToonSnow01
ToonSnow02

[edit]

とべ動物園のネコ科の動物達! 

とべ動物園には5種類のネコ科の動物達が飼育されている。
南アメリカに生息するジャガー・・・高知のワンパークから来たルモくん・・・
自分の身体をなめて毛づくろい!
TobeZooRUMO01
ネコ科の動物の舌はザラザラとして棘状の突起がいっぱい生えている。
サイクロン掃除機は、ネコの舌が毛をからめとる効率がいい事からヒントをえて、ファンに突起をつけたとのこと!
TobeZooRUMO02
ジャガーの隣の檻ではピューマの子供が・・・
TobeZOOPuma01
親と変わらないくらい大きくなって個体識別が出来ない・・
TobeZOOPuma02
小さい時にあった体の斑点も消えてしまったよう・・・
TobeZOOPuma03

[edit]