02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

東温市河之内地区 源太桜 

日本各地の桜の開花は例年より1週間ほど早い!
源太桜は満開!との地元の人の情報を入手したので3月30日に見に行く。
本当は、旧金毘羅街道を土谷公民館から歩きたかったのだけれど源太桜祭りの日に歩くことにして、今日は逆調整池から行くことにする。
逆調整池の堰堤を過ぎると取水口に行くための巣彫りのトンネルがある。自分で蛍光灯のスイッチを入れるのだが、蛍光灯が付きっぱなしになっていた。自然には消えないので出口では必ず自分で消しましょう。

15分ほど歩くと源太桜その2に着く。大きな幹がその2、奥が源太桜その1・・・
源太桜 130330 01
その2では味気ない。ピンクの花が咲くのでモモ源太桜と呼んでいる。その1は白い花が咲くのでシロ源太桜!
源太桜 130330 02
旧三内村(現在の東温市松瀬川)から旧桜樹村(現在の滑川)に至る旧金毘羅街道は中山越えと呼ばれ地盤が軟弱で崩壊しやすい地盤だった。それを防ぐ目的もあり、1687年に松山藩士 矢野五郎右衛門(通称源太右衛門)が囚人を使って桜の木を植えさせた。植樹の労働は随分苦しかったらしい。
源太桜 130330 03
それ以来だれ言うともなく「桜三里は源太が仕置き、花は咲くとも実はなるな」と詠ったと伝えられているとのこと・・・
源太桜 130330 04
源太ザクラは当時8200余本が植えられたそうだが、近くの千原鉱山の煙害で明治の頃にはほとんど枯れてしまい、現在は2本を残すのみ・・・現在は土谷地区の桜三里会の皆さんが山道を整備したりして守っており、毎年4月第一日曜日には源太ザクラ祭りが開催される。
源太桜 130330 05
源太桜は木々に囲まれ全体を遠望できる所は少ない。対岸の田桑地区の山道に2本同時に遠望できる場所がある。
源太桜 130330 06
こちらはシロ源田桜・・・目通り2.88m樹高17m樹齢300年以上・・・
源太桜 130330 07
こちらはモモ源田桜・・・目通り2.15m樹高17m樹齢300年以上・・・
煙害にも耐えて残ったこの2本の源田桜は、公害克服のシンボルかもしれない!
源太桜 130330 08
スポンサーサイト

[edit]

多摩動物公園のキングチーター ナデシコ! 

多摩動物公園にはチーターが飼育されている。
砥夢くんの次に会いたいのがキングチーター!
TamaZOO チーター 130324 01
TamaZOO チーター 130324 02
チーターといえば斑点模様だが多摩動物公園では縞模様のキングチーターいる。
11時からのキングチーターの公開には間に合わなかったので2時半からの公開を見に行く。
TamaZOO キングチーター・ナデシコ 130324 02
キングチーターのナデシコ!後ろの方は縞模様になっているのがよく判る。
TamaZOO キングチーター・ナデシコ 130324 05
TamaZOO キングチーター・ナデシコ 130324 06
チーターの特徴は、目から口に涙の様に落ちる黒い縞模様!
TamaZOO キングチーター・ナデシコ 130324 07
TamaZOO キングチーター・ナデシコ 130324 09
TamaZOO キングチーター・ナデシコ 130324 10

[edit]

アフリカゾウの砥夢と再会! 

2012年11月26日、多摩動物公園に向けて旅立ったアフリカゾウの砥夢くん・・・
東京に用事があったので多摩まで足を延ばして砥夢くんと再会・・・
牙ケースと牙の長さで砥夢くんとすぐに判った。
TamaZOO TOME 130324 01
相変わらずのヤンチャぶりで柵のロープで遊ぶ・・・
TamaZOO TOME 130324 02
丸太の皮を剥ぎ取って・・・
TamaZOO TOME 130324 03
ムシャムシャと食べる!
TamaZOO TOME 130324 04
こちらはおばさん役のチーキ・・・少し肥満でアジアゾウのような体格!
TamaZOO Chiki 130324 01
砥夢くんの面倒を良く見るので、砥夢くんが早く多摩になれたそうです。
TamaZOO TOMEChiki 130324 02
TamaZOO TOMEChiki 130324 01
撮影:2013年3月24日

[edit]

東京は桜が満開! 

3月26日日曜日、東京は桜が満開!
浅草浅草寺のカイドウザクラ越しにスカイツリーが見える。
浅草浅草寺・桜 130326 01
吾妻橋付近の隅田川沿いには、多くの観光客がソメイヨシノとスカイツリーを見に来ている。
浅草・隅田川・桜 130326 03
浅草・隅田川・桜 130326 02
アサヒビール本社の雲ジイのような金のモニュメントもソメイヨシノのピンクと対照的!
浅草・隅田川・桜 130326 04
皇居東御苑二の丸庭園の諏訪の茶屋入り口のカイドウザクラも満開で盛んにカメラに収めていた。
皇居東御苑・海棠桜 130326 01
こちらはエドヒガン(たぶん)・・・
皇居東御苑・エドヒガン 130326 03
ソメイヨシノの白と枝垂桜のピンクが池に映って綺麗・・・
皇居東御苑・シダレザクラ 130326 01
皇居には外国人も多い・・・
皇居東御苑・シダレザクラ 130326 02

[edit]

ミカン山に咲く桃! 

近所の里山は桜や桃の花が咲き乱れて春到来・・・
鷹子ミカン山・桃 130323 01
鷹子ミカン山・桃 130323 03
桃と一緒に水仙が咲いている。
鷹子ミカン山・桃 130323 04
鷹子ミカン山・桃 130323 07
小さい花の桜が日本女性なら、八重で花弁が大きい桃は外国女性かな?
鷹子ミカン山・桃 130323 05
鷹子ミカン山・桃 130323 06
近くには菜の花やユキヤナギがピンクの桃をバックに咲いていた。
鷹子ミカン山・菜の花 130323 01
鷹子ミカン山・ネコヤナギ 130323 01

[edit]

スモモの白い花が満開! 

毎年ソメイヨシノが咲く頃になると、白く可憐な花を咲かせるスモモ・・・
この木は幹が大きい老木・・・
鷹子・李 130323 02
鷹子・李 130323 03
老木とはいえ今年も多くの花を咲かせた。
鷹子・李 130323 04
鷹子・李 130323 05
天気がいいと蜂たちが蜜を吸いにやって来る。
鷹子・李 130323 06
鷹子・李 130323 07

[edit]

森の交流センターの椿花を狙うヒヨドリ! 

森の交流センターのヒヨドリにとって、春は色々な花が咲く最高の季節!
いつもは寒緋桜の蜜を吸っているが、今日は椿の花を・・・
森の交流センター 椿とヒヨドリ 130318 001
森の交流センター 椿とヒヨドリ 130318 004
良く見ていると、蜜を吸っているのではなく花びらをついばんで食べている。花びらは美味しいんだろうか?
森の交流センター 椿とヒヨドリ 130318 005
森の交流センター 椿とヒヨドリ 130318 006

[edit]

森の交流センター 見頃の花-これから見頃の花 

愛媛県森の交流センターでは、梅が終わり寒緋桜やサンシュユや椿が見頃・・・
森の交流センター 寒緋桜 130316 01
森の交流センター 寒緋桜 130316 02
森の交流センター サンシュユ 130316 01
森の交流センター 椿 130316 01
ユスラウメも可憐な花を咲かせていた。
森の交流センター ユスラウメ 130316 01
森の交流センター ユスラウメ 130316 02
シダレハナモモの蕾はまだ固い・・・
森の交流センター シダレハナモモ 130316 01
替わって白いスモモの花が咲き始めた。
森の交流センター スモモ 130316 01
森の交流センター スモモ 130316 02

[edit]

森の交流センターの寒緋桜に集まるメジロ達! 

森の交流センターには、今日もメジロたちがやって来で盛んに桜花の蜜を吸っている。
森の交流センター 寒緋桜とメジロ 130318 005
森の交流センター 寒緋桜とメジロ 130318 007
メジロ達は、こっちの木からあっちの木へと盛んに動き廻る・・・
森の交流センター 寒緋桜とメジロ 130318 015
森の交流センター 寒緋桜とメジロ 130318 019
森の交流センター 寒緋桜とメジロ 130318 031
椿の花の蜜も狙っているようだ!
森の交流センター 寒緋桜とメジロ 130318 029

[edit]

花き研究指導室-春咲きの花達! 

愛媛県花き研究指導室では春先の花達が咲いている。
駐車場近くには枝垂桃が咲き始めた。
花き研究指導室 シダレモモ・相模枝垂 130317 001
花き研究指導室 シダレモモ・相模枝垂 130317 002
屋外圃場には黄色の花が2種類咲いている。
こちらはラッパ水仙・・・
花き研究指導室 ラッパスイセン 130317 002
花き研究指導室 ラッパスイセン 130317 001
もう一つの黄色い花はレンギョウ・・・
花き研究指導室 レンギョウ 130317 001
花き研究指導室 レンギョウ 130317 002
温室ではブラキカムが咲いている。
花き研究指導室 ブラキカム 130317 001
花き研究指導室 ブラキカム 130317 002
可憐に咲くリューコリーネ!
花き研究指導室 リューココリーネ 130317 001
花壇には紫のハナキャベツが植えられていた。
花き研究指導室 ハナキャベツ 130317 001

[edit]

森の交流センターの寒緋桜! 

森の交流センターの寒緋桜が満開・・・甘酸っぱい香りを漂わせている。
臭いに惹かれてくるのは人間だけではない様で、メジロがやって来る。
森の交流センター メジロ 130316 008
森の交流センター メジロ 130316 017
森の交流センター メジロ 130316 022
メジロは蝶のごとく、花から花へと動き回るので非常に撮りにくい・・・ピンボケの量産!
森の交流センター メジロ 130316 036
森の交流センター メジロ 130316 052
森の交流センター メジロ 130316 050
飛翔シーンなど数枚撮ったが目にピントが合っていない失敗作が多かった。じっとしているのを撮るのは簡単だが、動いている鳥を撮るのは難しい。
森の交流センター メジロ 130316 045
森の交流センター メジロ・飛翔 130316 002
森の交流センター メジロ・飛翔 130316 008

[edit]

藤山健康文化公園の河津桜が満開! 

サンライズ糸山、大角海浜公園と河津桜めぐりの最後は大西町の藤山健康文化センターに・・・
ここも満開で見頃・・・
藤山健康文化公園 130315 01
メジロが盛んに花の蜜を吸っていた。
藤山健康文化公園 130315 02
藤山健康文化公園 130315 03
藤山健康文化公園 130315 04
藤山歴史資料館には妙見山古墳からの出土品が展示されている。
藤山健康文化公園 130315 06
藤山健康文化公園 130315 07
藤山健康文化公園 130315 08
撮影:2013年3月15日

[edit]

ピューマ三兄弟のプルートが旅立ち! 

とべ動物園は春の日差しが溢れ、1歳になったピューマ三兄弟のお転婆長女ラフは盛んに動きまわっている。
TobeZOO Puma Laugh 130316 001
TobeZOO Puma Laugh 130316 003
マリー母さんは陽だまりに寝そべってノンビリスタイル・・・
TobeZOO Puma Mary 130316 001
次男のプルートは3月18日(月)の休園日に、ブリーディング・ローンによる繁殖のため、ユウマ父さんが生まれた盛岡市動物園に向け出発した。
TobeZOO Puma Pluto 130316 004
ユウマの孫の誕生を期待したい・・・
TobeZOO Puma Pluto 130316 001
TobeZOO Puma Pluto 130316 002
ただ左前足の付け根あたりにこぶ上の突起があったのが気になるが・・・
TobeZOO Puma Pluto 130316 003

[edit]

大角海浜公園の河津桜が満開! 

サンライズ糸山の河津桜と鳥達を撮った後は波方の大角海浜公園の河津桜を見に行く。
こちらも満開で見頃・・・水仙は見頃を過ぎていた。
大角海浜公園・河津桜 130315 02
500mm超望遠レンズを据えつけて、河津桜にやって来るメジロを撮っている人がいた。
大角海浜公園・河津桜 130315 01
メジロがやって来たのでパチリ・・・
大角海浜公園・河津桜 130315 03
タグボートが来島ドック方面からやって来たので河津桜と絡めてみる。
大角海浜公園・河津桜 130315 04
大角海浜公園・河津桜 130315 05
撮影:2013年3月15日

[edit]

サンライズ糸山の河津桜に集まる鳥達! 

サンライズ糸山の河津桜が満開になり鳥達が花の蜜を吸いにやって来る。
サンライズ糸山・ヒヨドリ 130315 02
サンライズ糸山・ヒヨドリ 130315 01
ヒヨドリはここではお馴染みの鳥・・・いつもやって来る。
サンライズ糸山・ヒヨドリ 130315 03
サンライズ糸山・ヒヨドリ 130315 04
ハト位の大きさのヒヨドリ・・・盛んに蜜を吸っている。
サンライズ糸山・ヒヨドリ 130315 05
ヒヨドリがいなくなるとメジロがやって来る。
サンライズ糸山・メジロ 130315 01
サンライズ糸山・メジロ 130315 02
サンライズ糸山・メジロ 130315 04
撮影:2013年3月15日

[edit]

サンライズ糸山-河津桜が満開 

サンライズ糸山に河津桜を見に行く。
平日にもかかわらず道路まで車でいっぱい・・・運良く駐車スペースが1台分空いていたので駐車する。
河津桜は満開で見頃・・・遠くを観潮船が通っている。
サンライズ糸山・河津桜 130315 01
サンライズ糸山・河津桜 130315 02
関前行きのフェリーが北航・・・
サンライズ糸山・河津桜 130315 03
サンライズ糸山・河津桜 130315 04
サンライズ糸山・河津桜 130315 05
今週の土曜・日曜が天気も良く見頃・・・
サンライズ糸山・河津桜 130315 06
サンライズ糸山・河津桜 130315 07
撮影:2013年3月15日

[edit]

春になるとサル団子は見られない! 

春になり気温が上ると猿団子は見られなくなる。
代わりに動き回る姿が見られるようになる。
TobeZoo フサオマキザル 130309 01
TobeZoo フサオマキザル 130309 02
温かな日差しの中、毛づくろいに忙しいワオキツネザルのカップル・・・
TobeZoo ワオキツネザル 130309 01
TobeZoo ワオキツネザル 130309 02
水が張られた池で盛んに洗って・・・
TobeZoo Japan Monkey 130309 01
口に入れる・・・まるでアライグマの様・・・
TobeZoo Japan Monkey 130309 02

[edit]

サバンナ広場の草食動物たち 

とべ動物園のサバンナ広場をのぞくといろんな種類の草食動物たちが日向ぼっこをしている。
TobeZoo SavannaZone 130309 01
昨年の8月に生まれたハット・・・随分大きくなった。
TobeZoo White Orix 130309 01
TobeZoo White Orix 130309 02
チャップマン・シマウマのカップルも日向ぼっこモード!
TobeZoo Chapman Zebra 130309 01
オスがメスの背中に首をすりつけコミュニケーション行動・・・
TobeZoo Chapman Zebra 130309 02

[edit]

コツメカワウソ・ファミリーのウマウマタイム! 

カワウソファミリーのウマウマタイムの時間が近づくと、Oキーパーの姿を見てファミリーはソワソワ・・・
TobeZoo カワウソ・ファミリー 130309 01
広い運動場とプールを行ったり来たり・・・
TobeZoo カワウソ・ファミリー 130309 02
チョコマルとタルトの兄弟も大きくなった。
TobeZoo チョコマルタルト 130309 01
TobeZoo タルト 130309 01
TobeZoo チョコマル 130309 01
Oキーパーがドジョウを持ってプールの前に現れると、食いしん坊のマサ母さんは待ちきれないのか「早くクレクレ」行動・・・
TobeZoo マサ 130309 01
TobeZoo マサ 130309 02
ドジョウが入るとママさんハンターと化したマサ・・・
TobeZoo マサ 130309 03
アフリカゾウが餌を子供にやらないのと対照的に、子煩悩なコツメカワウソは取ったドジョウを子供に与える。
まるで雛のために餌を運んでくる鳥のよう・・・
TobeZoo カワウソ・ファミリー 130309 03

[edit]

花き研究指導室に咲く春の花達 その2 

サボテンの温室に咲いていたマダガスカルベンケイソウ・・・
花き研究指導室マダガスカルベンケイソウ02
ベンケイソウは日本へは遣唐使などによって中国からもたらされたと言われている。
『伊岐久佐(いきくさ)』という、古名があり、また漢字では枯れない強い草という意味が込められている[活草』とも書く。その強さを武蔵坊弁慶になぞらえたが名の由来と言われている。
花き研究指導室マダガスカルベンケイソウ03
義経モンゴル渡航説のように、弁慶がマダガスカルに渡ったのでマダガスカルベンケイソウと名前が付いたのとは違うみたい。
花き研究指導室マダガスカルベンケイソウ01
マダガスカルベンケイソウによく似た形の花を咲かせるラケナリア!
花き研究指導室ラケナリア01
これはなんという花だろう?
花き研究指導室ラケナリア02
花き研究指導室ラケナリア03
ラナンキュラスの花は去年の様に多くは咲いていない。
花き研究指導室ラナンキュラス01
ラナンキュラスは、やはり赤い花がいい!
花き研究指導室ラナンキュラス02
花き研究指導室ラナンキュラス03

[edit]

1歳になったピューマ三兄弟! 

とべ動物園で2012年2月18日に生まれたピューマ三兄弟は1歳をすぎた!
今日は次男のプルートが出ていた。
TobeZoo プルート 130309 01
2012年3月13日、ピューマの赤ちゃんが初めて公開された時はプルート1頭の公開だった。
この時はまだ名前はない。
TobeZoo ピューマ赤ちゃん次男 120313 007
生後2ヶ月弱、命名式のプルート。この時名前が付いた。
TobeZoo ピューマ命名式・プルート 120407 004
檻での展示になった頃は3頭一緒の展示だったが、今は1頭ごと個別展示・・・3頭同時に比べられないので個体識別が大変だ。
TobeZoo プルート 130309 02
今は怪我をして、シッポ半分の毛が短いのでプルートだとわかる。
TobeZoo プルート 130309 03
TobeZoo プルート 130309 04

[edit]

観光モニター 一畳庵と里山、子規・漱石が歩いた俳句の道 

2013年3月10日、東温市観光モニター「惣河内神社一畳庵と里山、子規・漱石が歩いた俳句の道」コースが行なわれた。

金毘羅寺参道前で本日お世話になる音田地区の皆さんがお出迎え・・・早速檀家総代の坂本さんの案内で境内を見て廻った。
向こうに見えるのは、この後お世話になる惣河内神社・・・
金毘羅寺 130310 01
金毘羅寺といえば初代松山藩主加藤嘉明がお手植えしたという東温市指定天然記念物の四本杉。皆さん杉を見たり本堂の欄間の彫刻を見たりして昔にタイムスリップしていた様子・・・
金毘羅寺 130310 02
惣河内神社の参道入り口にある愛媛県指定天然記念物のウラジロガシ・・・ブナ科の常緑高木で、目通り6m、高さ11m、葉の裏が白く見えることから「ウラジロガシ」と呼ばれている。
惣河内神社 130310 01
本堂の前で惣河内神社の佐伯宮司から神社の縁起や境内の説明を聞く。
この写真の御神灯-石灯籠に刻まれた文字は、松山市久米にある日尾八幡神社の宮司で書家でもあった三輪田米山の書と説明があった。書に疎い私は説明が無いと見逃してしまうから、ガイドしてくれる人が必要だと改めて感じた。
惣河内神社 130310 02
東温市河之内地区は俳句の里でもある。
松根東洋城が昭和25年から26年にかけて滞在した一畳庵で佐伯宮司の話を聞く。
東洋城をここ河之内に招いたのは佐伯宮司のお爺さんで先々代宮司の佐伯巨星塔・・・
惣河内神社 130310 03
観光モニターツアーでなければ見たり聞いたい出来ないことを・・・とお願いしておいたので、東洋城が寄宿するにあたってのリクエストの手紙を見せていただいた。
それによると初めは一畳半庵と名付けていた様子が読み取れる。
惣河内神社 130310 04-02
写真嫌いだった東洋城と巨星塔の3女嘉寿子さんと写真など佐伯家との係わりを詳しく聞くことが出来た。
惣河内神社 130310 05-02
本日のお宝は、夏目漱石直筆の俳句の短冊・・・東洋城との縁で送られできたとのこと。
惣河内神社 130310 08
こちらは東洋城から送られてきた俳句入りのハンテン・・・
惣河内神社 130310 09
一畳庵で話を聞いた後、東洋城が愛した百日桜についての説明を聞く参加者・・・
惣河内神社 130310 10
10時30分頃から雨が降り出したので里山を歩くことは中止に・・・写真を見ながら雨乞いを行なった雨滝のことや、東温市指定天然記念物のイスノキのことホタルの里などの説明を聞いた。
音田雨滝 130310 01
あいにくの雨なので、今日歩く予定だった里山風景を集会所のプロジェクターで見た後、地元の奥さん達が心を込めて作った昼食をいただく・・・
音田雨滝 130310 03
お世話いただいた人が育てたお米で作った白米のおにぎり、炊き込みのおにぎりや刺身コンニャクや美味しい野菜のおかず等とても美味しいかったと参加者の声・・・
音田雨滝 130310 04
雨が止まないので、白猪の滝行きは中止・・・バスの中から河之内の棚田の風景を案内することに変更・・・
参加された方、天気のいい日に又お越しください。
音田雨滝 130310 05

[edit]

花き研究指導室に咲く春の花達 その1 

愛媛県花き研究指導室の屋外圃場には黄色の花が咲いている。
一つはアカシア!
花き研究指導室02
もう一つはサンシュユ!2月の初めまで赤い実をつけていたのだが黄色く小さな花を咲かせている。
花き研究指導室03
温室にはピンクッションが咲き始めていた!
花き研究指導室ピンクッション01
針山に似ていることからこの名が付いた!
花き研究指導室ピンクッション02
まだ先端の花が開花していないので、名前の通り針山に刺したマチ針の様に見える!
花き研究指導室ピンクッション03
始めて見る実・・・大きさは大豆くらい・・・
花き研究指導室ミッキーマウスノキ01
表示版にはミッキーマウスノキの書いてあった。
花き研究指導室ミッキーマウスノキ02
実が出来るとガクが緑から赤に変色するみたい!
花き研究指導室ミッキーマウスノキ03

[edit]

観光モニター・東温満喫・癒しめぐり! 

東温市観光モニターの第2弾、東温満喫・癒しめぐりが3月7日に行なわれた。
先ず訪れたのは、ハタダお菓子館・・・参加者で栗タルトづくり体験!
栗が入った餡をスポンジに塗り・・・
観光モニター01
柔らかくやさしく巻くと栗タルトの出来上がり・・・その昔の家庭科の授業を思い出す!
観光モニター02
お菓子館の中に懐かしい物が飾ってありました。1990年代にハタダのCMに出ていたおばあさん役「原ひさ子」さんの人形・・・新居浜市にあるハタダ本社を訪れた時に戴いた記憶がある懐かしい人形・・・
観光モニター03
次の癒しの場所は森の交流センター・・・
センターの人が案内してくれたので、参加者の方々は木々の種類や特徴がよく判ったのでは・・・
又、愛媛CATVが取材に来ていて、タウンちゃんねるで放送されたから見た方もいるのでは・・・
観光モニター07
園内を一周したあとは今満開の枝垂梅を見学・・・
観光モニター08-02
カメラを向けてパチリ・・・という方が多かった。梅が終ると桃と桜の花が綺麗・・・
観光モニター08-03
下林の農家レストラン、由紀っ娘でボリュームのある昼食を食べ満腹になった後は白猪の滝へ・・・
子規と漱石の句碑を見て、橋を渡ると白猪の滝が眼前に広がる・・・
観光モニター09
観光モニター10
滝の真下までいって新鮮な空気を満喫・・・癒された一日だったことでしょう。
観光モニター11

[edit]

チョウゲンボウのイベント! 

とべ動物園のチョウゲンボウ!天気がいいので園内で来園者とのふれあいイベントを開催していた。
TobeZOOチョウゲンボウ01
ハヤブサの仲間で体調は30cm・・・ハト位の大きさだけど小さくても猛禽類・・・漢字では長元坊と書く!
TobeZOOチョウゲンボウ03
今日の餌は馬肉!
TobeZOOチョウゲンボウ02
TobeZOOチョウゲンボウ05
猛禽類独特の上のクチバシが曲がって、肉をついばみやすい形!
TobeZOOチョウゲンボウ07
クマタカの虹彩はオレンジなのだが、チョウゲンボウは黒い虹彩をしている。
TobeZOOチョウゲンボウ08
TobeZOOチョウゲンボウ09

[edit]

ホワイトタイガーのファイト君 

とべ動物園のホワイトタイガーのファイト君は香川県白鳥動物園からやって来た。
只今オメガさんとお見合い中・・・
TobeZOOファイト01
シャッター音が気になるようで目を開けてこちらをにらむ!
TobeZOOファイト02
「うるさいなあ、あっちに行け」と言っている目をしていた。ファイト君、起こしてゴメンね!
TobeZOOファイト07

[edit]

東温市見奈良の菜の花が咲き始めた。 

先週から一部の畑の菜の花が満開を迎えていた見奈良の菜の花は、畑の半分が見頃になっている。
見奈良菜の花01
見奈良菜の花07
まだ蕾の畑もあるが、多くの家族連れが菜の花を見に来ていた。
見奈良菜の花02
見奈良菜の花05
撮影:2013年3月3日

[edit]

森の交流センターの枝垂梅が見頃! 

森の交流センターの枝垂梅が見頃をむかえている。
1週間前までは蕾だった梅も多くの花を咲かせていた。
森の交流センター01
日曜日で暖かかったので、カメラをかかえた人が多く訪れ、梅の花にカメラを向けて・・・
森の交流センター02
森の交流センター03
森の交流センター07
森の交流センター08
3月7日に観光モニターで訪れるが、その時には満開になっているかも知れない。
森の交流センター09
森の交流センター10
紅梅も満開・・・
森の交流センター11
東に植えてある紅梅白梅も満開・・・森の交流センターの梅は今週が見頃のようだ。
森の交流センター12
撮影:2013年3月3日

[edit]

東温市河之内-惣河内神社の花梅 

東温市観光モニターでお世話になる惣河内神社を尋ねると本殿北の花梅が咲き始めていた。
惣河内神社花梅01
惣河内神社花梅02
惣河内神社花梅03
まだ咲き始めだが観光モニターで訪れる来週の日曜日には5分位咲いて梅の香りを漂わせることだろう。
惣河内神社花梅05
惣河内神社花梅09
惣河内神社花梅07
惣河内神社花梅08
撮影:2013年3月2日

[edit]

春が近くに来ている四国遍路 

四国八十八箇所49番札所浄土寺にも春の足跡が聞こえてきている。
山門の右手に植えられている蝋梅も枯れて冬も終わり・・・
浄土寺01
山門をくぐり階段を登ると左手に正岡子規が詠んだ句碑が建っている。
「霜月の 空也は骨に 生きにける」
浄土寺02
太子堂の鬼瓦の鬼も春が近いので、少し微笑んでいるように見える?
浄土寺03
右すみの鬼瓦の鬼の眼は穴が開いているので青空が見える。
浄土寺05
天気のいい日にはコートが要らなくなった。3月になると桜の季節まであとわずか・・・
浄土寺07

[edit]