09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

フジバカマに集まる昆虫達! 

渡りをするアサギマダラを各地で見かけ始めた。
森の交流センターにアサギマダラが好むフジバカマあるので、アサギマダラが来ているかな?と期待して行ってみた。
残念ながらアサギマダラは来ていなかったが、代わりにイチモンジセセリとゾウムシ、ハナマルバチとやって来ていた。
森の交流センター フジバカマイチモンジセセリ 131031 01
森の交流センター フジバカマハナマルバチ 131031 01
花き研究指導室に行った帰りに再度寄ってみると、アサギマダラの代わりにツマグロヒョウモンのオスがいた。
森の交流センター フジバカマツマグロヒョウモン♂ 131031 02
森の交流センター フジバカマツマグロヒョウモン♂ 131031 03
しばらくするとメスがやって来た。
森の交流センター フジバカマツマグロヒョウモン♀ 131031 01
森の交流センター フジバカマツマグロヒョウモン♀ 131031 03
メスのところにオスがやって来て求愛の舞をはじめた。
森の交流センター フジバカマツマグロヒョウモン♂♀ 131031 01
森の交流センター フジバカマツマグロヒョウモン♂♀ 131031 02
森の交流センター フジバカマツマグロヒョウモン♂♀ 131031 05
スポンサーサイト

[edit]

とべ動物園の鳥たち! 

とべ動物園の南米獣舎にいるオオサイチョウ・・・大きなバナナをのせている鳥?
オスとメスを一緒に展示している。
TobeZoo オオサイチョウ 131006 01
虹彩が赤いオス・・・
TobeZoo オオサイチョウ 131006 02
虹彩が白いメス・・・なぜかオスとメスの虹彩は違うのだ!
TobeZoo オオサイチョウ 131006 03
下の止まり木に降りてきていたクマタカ・・・久しぶりに撮ってみた!
TobeZoo クマタカ 131006 01
TobeZoo クマタカ 131006 02
TobeZoo クマタカ 131006 03

[edit]

カナディア・チャレンジャーの子孫 CRJ 

大阪国際空港からJエアーのCRJ-200ERが降りてきた。

CRJ(カナディア・リージョナル・ジェット)はカナダのボンバルディア・エアロスペースが製造している。
ボンバルディア・エアロスペースは、CL600などでお馴染みのカナディアをボンバルディアが買収したことから始まった。ショート・ブラザースやDHC6ツインオッターやDHC-8などを製造しているデハビラント・カナダを買収して上記の機種の製造を始めた。

MD90が退役した現在、小型機とはいえリアにエンジンを付けた機体は、松山空港では絶滅危惧種と言えるのでは?
XM CRJ-200ER JA207J RJOM 130926 01
XM CRJ-200ER JA207J RJOM 130926 03
XM CRJ-200ER JA207J RJOM 130926 04
XM CRJ-200ER JA207J RJOM 130926 05
XM CRJ-200ER JA207J RJOM 130926 06
XM CRJ200-ER JA207J

[edit]

RJOM RW32 Landing of Turbo prop plane 

松山空港のRW32に降りてくるターボプロップを集めてみた。
3X SAAB340B JA8704 RJOM 1309126 02
3X SAAB340B JA8704 RJOM 1309126 03
3X SAAB340B JA8704
3X SAAB340B JA8900 RJOM 1309126 02
3X SAAB340B JA8900 RJOM 1309126 03
3X SAAB340B JA8900
3X SAAB340B RJOM 1309126 01
3X SAAB340B RJOM 1309126 02
3X SAAB340B
EH DHC-8-402Q JA845A 130924 02
EH DHC-8-402Q JA845A 130924 03
EH DHC-8-402Q JA845A

[edit]

ニホンアナグマとコガモ 

芝ヶ峠から下りてくる途中で動物に出逢った。
タヌキかと思ったが、よく見るとニホンアナグマだった。
東温市の井内では良く出て来るそうだが鷹子にも出現・・・感動もの!
望遠レンズに変える間がなかったので小さいが確かにアナグマ・・・
芝ヶ峠ニホンアナグマ 131022 001
道路に落ちた熟した柿の実を咥えている。
この後、アナグマの名前にふさわしく、土管の中に入っていった。
芝ヶ峠ニホンアナグマ 131022 002
家に帰る途中の蓮池に水鳥が群れていた。バンが子育てをしていた池だったので、バンかなと思ったが、良く見るとコガモの群れ・・・
鷹子コガモ 131022 008
鷹子コガモ 131022 006
今日は猛暑日で暑かったが、鳥の世界では渡りの季節になったようだ。
鷹子コガモ 131022 017
鷹子コガモ 131022 024

[edit]

類人猿! 

とべ動物園で一番大きい類人猿、オランウータンのディディ・・・
相変わらず目をあわさない!
TobeZoo ディディ 131006 02
南米獣舎に居るフサオマキザル・・・
TobeZoo フサオマキザル 131006 001
隣の檻には少し小さめのリスザル・・・
TobeZoo リスザル 131006 001
モンキータウンにはいろんな種類のサル達が居る・・・これはギニアヒヒ・・・
TobeZOO ギニアヒヒ 130914 003
やさしい顔のブタオザル・・・泣き出しそうな目をしている!
TobeZOO ブタオザル 130914 003

[edit]

芝ヶ峠 

松山市鷹子町で一番高い芝ヶ峠!峠と名前が付いているが三角点がある山・・・
上池から眺める芝ヶ峠・・・
鷹子町芝ヶ峠 131022 033
鷹子運動公園付近から眺める芝ヶ峠!
鷹子町芝ヶ峠 131022 037
山頂に登るには山田池側からと上池側から道があるが里山公園の東、山田池側から登ることにした。
登り始めてしばらく行くと「ハブ マムシに注意」と書かれた看板が・・・「ここは沖縄か?」と笑ってしまった。
鷹子町芝ヶ峠 131022 001
25分位登ると松山市内が一望できるところに出る。
鷹子町芝ヶ峠 131022 004
鷹子町芝ヶ峠 131022 005
道の側にはダリアの花が咲いていた。
鷹子町芝ヶ峠 131022 008
上池からの道路との分岐までゆっくり登って50分くらいで着く!
ここから登ること20分くらいで山頂に着くが愛犬と一緒だったので、途中まで行って引き返す。
また天気のいい日に一人で来よう。
鷹子町芝ヶ峠 131022 019
このあたりからは、皿ヶ嶺や石鎚連峰が綺麗に見える。
鷹子町芝ヶ峠 131022 011
上池に到着したのは2時間後・・・犬の散歩を兼ねたゆっくりウォーキングだった。

[edit]

 

とべ動物園には傷ついた野性の動物が保護されて持ち込まれる。
この鳶も保護されてやって来た。
TobeZOO Tobi 130907 020
TobeZOO Tobi 130907 001
TobeZOO Tobi 130907 027
来園者が馬肉を与えることが出来るサプライズ・イベントもある。
TobeZOO Tobi 130907 034
鳶はなじみのある鳥だが、こんなに近くで見るのは初めてだ。
虹彩は茶色・・・猛禽の特徴である上クチバシの先が曲がった形状・・・
TobeZOO Tobi 130907 029
TobeZOO Tobi 130907 035
TobeZOO Tobi 130907 037

[edit]

RJOM RW32 Landing of JEX & JLJ 

ジャル・エキスプレスのB737-800が松山空港のRW32へ降りてきた。
ハピネス・エキスプレスのラッピング・ジェット・・・
JC B737-846 JA329J RJOM 130917 01
JC B737-846 JA329J RJOM 130917 02
8月までは昼に就航していたが、9月からは夜の最終便に就航しているから機材繰りの関係で昼便に回したのだろう。
松山には、このJA329JとJA330Jのハピネス・エキスプレスがやってくる。
JC B737-846 JA329J RJOM 130917 03
JC B737-846 JA329J RJOM 130917 04
JC B737-846 JA329J

同じ日本航空グループ、ジェイエアーのCRJが大阪から到着・・・
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 130917 01
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 130917 02
ジェットにもかかわらずファイナルの姿勢はプロペラ機の様に機首下げの姿勢・・・
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 130917 03
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 130917 05
XM CRJ-200ER JA201J

[edit]

秋の一日! 

秋らしい天気になったので散歩の途中で我家のムックを撮る!
いつもは座ってばかりだが、今日は走り回っていた。
Muk 131009 001
犬の全力疾走は、ライオンやチーターの様に背中の筋肉を使って走る!
Muk 131009 002
前足は同時に着地するのではなく、馬の様に片方づつ着地するようだ!
Muk 131009 003
Muk 131009 006
Muk 131009 007
Muk 131009 008
何回も走ったので休憩モードに・・・疲れたのか、その後は休憩ばかりで走ることはなかった!
Muk 131009 009
Muk 131009 010

[edit]

RJOM RW32 Landing of ANA 

台風一過で北西風が強い秋晴れの日の松山空港・・・

RW32に大阪からのB737-500スーパー・ドルフィンが降りてきた。
EH B737-5L9 JA356K RJOM 130917 01
EH B737-5L9 JA356K RJOM 130917 02
EH B737-5L9 JA356K RJOM 130917 03
NH B737-5L9 JA356K

東京からNH589 B767-300が降りてきた。
B767も就航から永年立っているから、順次退役しレアな機体になるだろう!
NH B767-381 JA8568 RJOM 130917 01
NH B767-381 JA8568 RJOM 130917 02
NH B767-381 JA8568 RJOM 130917 04
NH B767-381 JA8568

[edit]

サプライズ・イベント ネコ科の動物への餌やり! 

とべ動物園で随時開催されるイベントに、ネコ科の動物達への餌やりがある。

まずは豹への餌やり・・・抽選で餌をやる事が出来るイベント・・・
TobeZoo クロヒョウ餌やり 131006 01
豹は高いところに昇るけど、クロヒョウは人間の高さで餌をもらう。
TobeZoo クロヒョウ餌やり 131006 02
アメリカストリートでは南米に住むジャガーへの餌やりを見ることが出来る。
TobeZoo ジャガー餌やり 131006 01
ワンパークこうちから来たオスのルモ君は檻の昇降が苦手なようで、低いところで餌をもらう。
TobeZoo ジャガー餌やり 131006 02
ジャガー舎の隣にいるピューマへの餌やり・・・初めは低いところから・・・低いところといってもジャガーの時より高い位置だ。
TobeZoo ピューマ餌やり 131006 02
昨年生まれた長女のラフは、若さを生かして高いところまで昇る事が出来る!
TobeZoo ピューマ餌やり 131006 01

[edit]

五郎兵衛谷古墳のコスモス! 

今日は青空が綺麗だったので、松山市鷹子町にある五郎兵衛谷古墳(里山公園)の埴輪とコスモスを撮りに行った。
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 003
台風一過で空気が澄んでいるので綺麗な青空が広がっている。
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 007
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 019
里山公園のコスモスは今が見頃・・・ほかの場所よりも少し開花が遅い!
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 057
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 064
ここで畑を借り野菜を育て、ここのコスモスも育てているTさんがコスモスの状況を見に来ていた。
種撒きの時期や育てるうえでの苦労話などを伺った。
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 026
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 034
鷹子五郎兵衛谷古墳・コスモス 131017 037
撮影:2013年10月17日

[edit]

台風一過の松山空港 

台風26号は関東地方を中心に被害をもたらしたようだ。
航空各社も成田空港や東京国際空港発着の便を中心に午前中の便に欠航が出た。
その影響で松山空港でも関東からの便に午前中欠航が目立った。
各空港の午後のフライトスケジュールを見ると、東京初松山行きのANA589は搭乗手続き中とのこと・・・
台風一過で北風が強い今日は、RW32ランディングを撮りに行く。

午前中は欠航が多かったせいからか、定時発の便では聞かないコールサインが多かった。
いつもならジャパンエアのコールサインを使う東京からの便は「ジャネックス4198」と機体所有会社と臨時便のコールサインを使っていた。

9月下旬から平日には就航していないジェットスターが成田からやって来た。コールサインは「オレンジライナー7373」臨時便のコールサインだ。
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131016 01
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131016 02
ジェットスターの機体の下部に書かれているJETの文字を昼の便で撮りたかったのだが、昼間に臨時便が来たので念願が叶った。
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131016 04
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131016 05
成田空港へは午前中の便が使う「オレンジライナー170」のコールサイン・・・15:00にプッシュバック!
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131016 06
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131016 07
台風一過とは言え晴れ時々曇りの天気。雲が流れてきて太陽をさえぎることが多く、遠方には陽が当っているが近くには陽があたらず、シャープさに欠けた絵になってしまった。
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131016 09
GK A320-232 JA03JJ

[edit]

ジェットスター・ジャパンの1号機! 

ジェットスター・ジャパンのA320がRW32に降りてきた。
この日は秋晴れで視程がよかったので石鎚山がはっきり見える。
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 01
代わり映えしないアングルだがいつもの場所からランディングまでを撮る!
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 02
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 03
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 04
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 05
雲量ゼロの快晴・・・少し雲が出ていた方が絵になるのだが贅沢は言えない!
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 06
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 07
GK A320-232 JA01JJ RJOM 130917 08
GK A320-232 JA01JJ

[edit]

コツメカワウソの三男ラスク! 

とべ動物園で7月29日に誕生したコツメカワウソの三男ラスクは生後2ヶ月を過ぎた。

隣にいるのはピア父さんの様だが、チョコマルとタルトも成獣になったので個体判別ができない。
TobeZoo ラスク 131006 001
赤ちゃんの時は四角い顔をしている。
TobeZoo ラスク 131006 002
TobeZoo ラスク 131006 003
コツメカワウソは生後6ヶ月を過ぎると大人と変わらない身体になるので今がチャンス・・・
TobeZoo ラスク 131006 004
TobeZoo ラスク 131006 005

[edit]

10月のアフリカゾウ砥愛 その3 

とべ動物園のアフリカゾウの女系ファミリー、リカ母さん、媛姉さん、砥愛ちゃん・・・
TobeZoo AfricanE.Famiry 131006 07
砥愛ちゃんが一般公開されて、カメラマンが増えたとZOO友のOさんと話す・・・この日も多くの方がファミリーにカメラを向けていた。
TobeZoo AfricanE.Famiry 131006 06
TobeZoo HIMETOA 131006 04
媛姉さんは鼻で砥愛ちゃんとコミュニケーション・・・
TobeZoo HIMETOA 131006 05
TobeZoo HIMETOA 131006 06
「タイヤはこうして遊ぶのよ」と妹に教えているのかな?
TobeZoo HIMETOA 131006 07
まだまだ小さいので木材を揚げる事は出来ません!
TobeZoo TOA 131006 05

[edit]

浮島神社-お練り 

東温市の秋祭りは10月の第2日曜日・・・今年は10月13日にあたる・・・
牛渕の浮島神社の秋祭りは、東温市の無形文化財に指定されている「お練り」・・・色々な行列が続く優雅な秋祭りである。

朝6時30分に浮島神社をスタートし、先ずはすぐ近くの五月田お旅所まで行列が続く・・・
浮島神社お練り 131013 01
浮島神社お練り 131013 03
土俵入りをしたりしながらゆっくり進むので、神社から300mほどの距離にある五月田お旅所まで行列するのに20分もかかる。太陽がすっかり顔を出した。
浮島神社お練り 131013 05
五月田お旅所には土俵があり相撲力士の土俵入りが行なわれた後、神事や舞の奉納、獅子舞が執り行われる。
浮島神社お練り 131013 06
先頭の子供達が水で道を清め、次の宮島御旅所を目指してお練りの行列が続く!
浮島神社お練り 131013 08
浮島神社お練り 131013 09
20分程かかって最後尾の神輿が宮島御旅所に到着した。
浮島神社お練り 131013 11
相撲力士の土俵入り・・・行事は氏子の子供が選抜されてつとめる!
浮島神社お練り 131013 13
去年は気づかなかったが、相撲力士の頭には可愛い花が飾られている。
浮島神社お練り 131013 12
神事の後、舞と獅子舞の奉納がある。
浮島神社お練り 131013 14
堀池霊社までのお練りの様子は「続きを読む」に掲載!
-- 続きを読む --

[edit]

10月のアフリカゾウ砥愛 その2 

6月1日に生まれたアフリカゾウの赤ちゃん-砥愛ちゃんは生後4ヶ月になった。
10月に入って女系ファミリーの公開は東の広い運動場で行なわれている。
時間は12:00~15:00と変わっていない。
TobeZoo AfricanE.Famiry 131006 07
9月にあったZOO友のMさん夫妻も広島から来ていて再会・・・夜ZOOを見に来たとの事で、昨日は30名限定でアフリカゾウ舎の寝室まで入りアフリカゾウ・ファミリーと触れ合ったそうだ!
TobeZoo HIMETOA 131006 01
姉さんと砥愛ちゃんのコミュニケーションは巧くいっているようすで、ツーショットの場面が多くなった。
TobeZoo TOA 131006 03
TobeZoo TOA 131006 02
まだまだ子供の砥愛ちゃん・・・
リカ母さんが餌の近くに寄ると「私も行く」と小走りでついて行く姿が可愛い・・・
TobeZoo TOA 131006 01
TobeZoo TOA 131006 04
媛姉さんにもついて行くよ!
TobeZoo HIMETOA 131006 02

[edit]

クリーム色のコスモス! 

東温市にある花き研究指導室の圃場ではコスモスが見頃を迎えている。
花き研究指導室には園芸種の各種の花が栽培されていて、紫がかったものやクリーム色のコスモスが咲いている。

今日はお気に入りのクリーム色のコスモスを紹介・・・
花き研究指導室 131008 01
花き研究指導室 131008 02
花き研究指導室 131008 03
花き研究指導室 131008 04
虫達も蜜を吸いにやってくる。
こちらはスカシバ・・・
花き研究指導室・スカシバ 131008 01
花き研究指導室・スカシバ 131008 02
こちらはツマグロヒョウモンのオス・・・
花き研究指導室・ツマグロヒョウモン 131008 03
花き研究指導室・ツマグロヒョウモン 131008 01
撮影:2013年10月8日

[edit]

井内の赤蕎麦に集まる虫たち!  

東温市井内の赤蕎麦に集まる虫たちを撮るため、100-400mmズームを持ってリベンジ訪問・・・
昆虫と赤蕎麦を撮るには、陽が照っている方がいい写真が多いようだ。

赤蕎麦畑に着いた頃は青空・・・10月に入ったのに、台風が残していった暖気で真夏日が続き今日暑い!
井内赤蕎麦 131010 03
10日前と比べると実が付いて、枯れている花が目立ってきた。
井内赤蕎麦 131010 04
中野地区をバックに赤蕎麦を撮る。この頃から山が雲に覆われはじめ、この辺りに陽があたらなくなった。
井内赤蕎麦 131010 02
2日前にいっぱい居た虫たちは、今日はあまり居ない。
しばらく待ってやって来たのはおなじみツマグロヒョウモン・・・
井内赤蕎麦ツマグロヒョウモン 131010 05
コスモス畑に集まるツマグロヒョウモンは近づいても逃げないが、ここでは2mまで近づくと逃げてしまうから、じっと待って撮るしかない。
井内赤蕎麦ツマグロヒョウモン 131010 03
井内赤蕎麦ツマグロヒョウモン 131010 10
ここで見た蝶は4種類・・その一つベニシジミもやって来た。
井内赤蕎麦ベニシジミ 131010 01
スジグロシロチョウ・・・遠目で見るとモンシロチョウとよく間違えるチョウ・・・なかなか花にとまってくれない!
黒い筋と翅の付根の黄色い紋が特徴・・・
井内赤蕎麦スジグロシロチョウ 131010 01
撮影:2013年10月10日

赤蕎麦と昆虫たち(蜜を吸いに来ているわけではない)は「続きを読む」に掲載!
-- 続きを読む --

[edit]

10月のアフリカゾウ砥愛 その1 

とべ動物園のリカ母さん、媛姉さん、砥愛ちゃんのアフリカゾウ女系ファミリーは東の運動場にでている。
飼育員さんが餌を運んでくるとアフリカゾウ・ファミリーは来園者が見やすい所について来る。

そんな訳でアフリカゾウ・ファミリーの食事風景を集めてみた。
TobeZoo AfricanE.Famiry 131006 02
TobeZoo RIKATOA 131006 01
TobeZoo HIMETOA 131006 03
広島から来たOさんプレゼントのハロウィンのシールが張られた、餌一杯のバケツを媛姉さんとリカ母さんが持って登場・・・
TobeZoo AfricanE.Famiry 131006 05
生後4ヶ月になった砥愛ちゃんは、まだ餌は食べられない。母さんや姉さんが食べているのを見るだけ・・・
TobeZoo RIKATOA 131006 02
TobeZoo AfricanE.Famiry 131006 04
その後、ハロゥインカボチャの容器に入った餌を媛姉さんがもって来るが、母さんと姉さんが美味しく食べ、砥愛ちゃんはここでも見るだけ・・・
TobeZoo HIMETOA 131006 08

[edit]

井内の赤蕎麦に集まる虫たち! 

東温市井内に咲く赤蕎麦の花が満開になっている。
蜜の香りに誘われてか、虫たちがやってくる。

ホバリングが得意なホウジャク・・・チョコマカと動きじっとしていないので撮りづらい・・・
井内赤蕎麦ホウジャク 131008 02
井内赤蕎麦ホウジャク 131008 04
この蝶はウラジロヒョウモンだろうか? 地味な色をしている。
井内赤蕎麦ウラジロヒョウモン 131008 01
井内赤蕎麦ウラジロヒョウモン 131008 02
よく見かけるツマグロヒョウモン・・・地味な色はオス・・・
井内赤蕎麦ツマグロヒョウモン 131008 08
井内赤蕎麦ツマグロヒョウモン 131008 09
派手な色のツマグロヒョウモンのメス・・・鳥などはオスのほうが派手だが、この蝶はメスが派手・・・
井内赤蕎麦ツマグロヒョウモン・メス 131008 01
井内赤蕎麦ツマグロヒョウモン・メス 131008 02
撮影:2013年10月8日

[edit]

井内の赤蕎麦 

東温市井内の赤蕎麦を1週間ぶりに見に行った。
平日で台風が接近しているせいか誰も見に来ていない。
井内赤蕎麦 131008 02
井内赤蕎麦 131008 01
井内赤蕎麦 131008 13
満開で花から蜜が出ているせいか、昆虫が赤蕎麦の花に寄って来ていた。
井内赤蕎麦 131008 10
井内赤蕎麦 131008 11
赤蕎麦の実がなっているものも・・・
井内赤蕎麦 131008 04
井内赤蕎麦 131008 06
井内赤蕎麦 131008 07
まだまだ白い花が多いが、気温が下がると赤くなるそうだ。
井内赤蕎麦 131008 08
井内赤蕎麦 131008 09
井内赤蕎麦 131008 12
撮影:2013年10月8日

[edit]

コスモスに集まるホウジャク! 

コスモスには蝶や蜂など色々な昆虫が蜜を吸いに集まってくる。
ハチドリの様にホバリングして蜜を吸うホウジャクの飛び方が好きになり鷹子里山の近くのコスモス畑に行く。
すぐにコスモスの蜜を吸うホウジャクを見つけることが出来た。
鷹子町コスモス蜂雀 131001 01
鷹子町コスモス蜂雀 131001 13
ホウジャクはスズメガ科の蛾の仲間・・・同属にオオスカシバがいるが「透かし羽(スカシバ)」と言うだけに翅に燐粉がなく透明なので区別できる。
鷹子町コスモス蜂雀 131001 03
鷹子町コスモス蜂雀 131001 06
鷹子町コスモス蜂雀 131001 09
ホウジャクを漢字で書くと蜂雀・・・蜂に似ている雀蛾なので蜂雀(ホウジャク)の名が付いたらしい・・・
鷹子町コスモス蜂雀 131001 11
鷹子町コスモス蜂雀 131001 15
鷹子町コスモス蜂雀 131001 19

[edit]

コスモスに集まるオオスカシバ! 

今日もコスモスに集まるホウジャク(蜂雀)を撮りに近くのコスモス畑に行く。
コスモスに集まってきたのはホウジャクではなくオオスカシバ(透かし羽)だった。
鷹子町コスモススカシバ 131001 01
鷹子町コスモススカシバ 131001 02
以前にも書いたがオオスカシバもホウジャクも同じスズメガ科・・・ちなみにスカシバは別の種類・・・
スカシバ(透かし羽)は翅に燐粉がなく透明だからこの名前が付いたそうだが、名前を付けた人は想像力が豊かだ。
私なら蜂の羽に似ているから「ハチバホウジャク」と名付けそうだが?
鷹子町コスモススカシバ 131001 03
鷹子町コスモススカシバ 131001 04
ホウジャクなのかオオスカシバなのか、写真に撮ってジックリ見ないと翅の違いは判らない。
鷹子町コスモススカシバ 131001 05
鷹子町コスモススカシバ 131001 06
花びらが散っているコスモスが増えてきたから、そろそろ終わりに近づいてきた。
ホウジャクやオオスカシバが見られるのもあとわずかかな?
鷹子町コスモス 131001 01
鷹子町コスモス 131001 02

[edit]

犬友の撮影会! 

秋のある日、我家のムックの犬友と撮影会・・・
先ずはムックくん・・・
コスモスをバックにポーズを決めて・・・とは行かずカメラを向けるとそっぽを向くので撮りづらい・・・
Muk 130929 010
1匹の時はあまり走らないが今日は犬友がいるので興奮してかフライング・ドッグ・・・
Muk 130929 014
Muk 130929 016
犬友でシーズーのサラくん・・・
SARA 130929 009
普段は広いところで遊ばないからか、あまり走らずノンビリノンビリ・・・
SARA 130929 011
SARA 130929 023
こちらはゴールデン・レトリバーのシンバくん・・・
飼い主の娘さんが投げるフリスビーをキャッチする訓練中・・・
Shinba 130929 007
Shinba 130929 009
Shinba 130929 004

[edit]

コスモスに集まる昆虫! 

鷹子町里山の近くに咲くコスモスを撮りに行った。
鷹子コスモス 130927 01
昆虫がコスモスの見るを吸いに来ていた。
鷹子コスモスアゲハチョウ 130927 01
鷹子町コスモスアゲハチョウ 130929 01
鷹子町コスモスアゲハチョウ 130929 02
ツマグロヒョウモンは頭を上にしたり下にしたりと我が物顔で蜜を吸っている。
鷹子コスモスベニシジミ 130927 01
鷹子コスモスベニシジミ 130927 02
こちらはツマグロヒョウモンのオス・・・メスと比べると翅の模様が地味!
鷹子町コスモスベニシジミ 130929 01
ハチドリの様に羽根を激しく動かしてホバリングするスズメガ科のオオスカシバ・・・
良く見ると前足で花に止まって蜜を吸っている。そのせいかシャッタースピードが1/1000で高速で動く翅が止まって撮れた。
鷹子町コスモスホウジャク 130929 02
鷹子町コスモスホウジャク 130929 04
鷹子町コスモスホウジャク 130929 05
こちらはスズメガ科のホウジャク・・・オオスカシバと良く似ている。
スカシバ(透かし羽)が翅に燐粉が無く、名前のとおりトンボの翅の様に透明で透けているが、ホウジャクは蛾の仲間らしく燐粉があり透明でないところで判別できる!
蜜の吸い方も違う!スカシバが花に前足を触れて吸うのに対して、ホウジャクは完全ホバリングで蜜を吸う。
1/1000のシャッタースピードでも翅が静止したところが撮れないから、スカシバよりも高速で動かせているのだろう。
鷹子コスモスホウジャク 130927 02
鷹子コスモスホウジャク 130927 03

[edit]

夏の花から秋の花へ! 

東温市の花き研究指導室の圃場では夏の花ヒマワリと秋の花コスモスが一緒に咲いている。
花き研究指導室のホームページによると咲いているヒマワリは切花用の種類らしい。
花き研究指導室 向日葵 130925 02
花き研究指導室 向日葵 130925 03
花き研究指導室 向日葵 130925 04
クリーム色のコスモスを探したが今年はまだ咲いていなかった。
花き研究指導室 コスモス 130925 01
花き研究指導室 コスモス 130925 02
花き研究指導室 コスモス 130925 04

[edit]

コスモスが咲く秋! 

松山市鷹子町里山の近くでもコスモスが咲いている。
日中を避けて夕方に訪れた。
植物は燦燦と降り注ぐ太陽の下よりも柔らかな光の曇りや夕方がいい!
鷹子コスモス 130924 009
鷹子コスモス 130924 030
鷹子コスモス 130924 002
鷹子コスモス 130924 033
鷹子コスモス 130924 016
鷹子コスモス 130924 036
鷹子コスモス 130924 028

[edit]