10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

落人の里-松瀬川水越地区 

昨年、東温市松瀬川川筋の銀杏を撮りに行った時、篠森神社まで1km・水越入り口と書かれた道標が気になっていた。
今年も川筋観音堂の銀杏を撮りに行ったので帰りに訪れてみた。
はじめは歩いて行くことも考えたが水越地区への入り口に地元の人がいたので、車で行けるか?駐車スペースはあるか?尋ねると、いずれもOKだったので車で行くことにした。

コンクリート舗装された狭い道を登っていく。
左の石垣の下の道を登ると川筋観音堂の銀杏に行くことが出来る。
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 01
少し走ると橋を渡って川の右に出る。
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 02
途中に見える山の紅葉が綺麗・・・
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 03
この道で大丈夫かな?と思う頃に、今は誰もいない牛舎あとが見えてくる。もう少しで水越地区だ。
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 04
道の行き止まりが篠森神社への参道・・・広い場所があり10台ほど駐車できる。
道中は急な坂道が多かったので、県道の入り口から歩いて登らなくて良かったと思う。
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 05
広い場所の一角に水越地区の由来碑が立っていた。

由来碑
伝説によるとここ水越は落人の里と言われている。
南予一本松町土佐の県境にある篠山に城を築いていた篠森左近之丞は
土佐の長宗我部の席捲にあい落城一族郎党と共にの地に落のび住み着いた。
時は天正年間のことと伝えられる。
後世末裔ら住民は篠森神社を氏神として頭首左近之丞を祀って来た。
而して安住の地を築いた住民は時代の変遷とともにこの地を後にし
平成七年遂に無住の地となる。
2000年を期し後世のために之を記す。
平成十二年十二月吉祥日

長宗我部元親の南予への侵略は1580年頃だから430年程前に落ち延びて来たのだろう・・・と想像する。

篠森姓について調べてみると・・・そこにも落人伝説が出ていた。
「元は愛媛県愛南町一本松地区の篠山付近に居城していた篠森左近之丞が長宗我部氏によって落城した後に愛媛県東温市松瀬川の水越という谷に一族郎党共に落ち延び、そこに定住した事に始まる。
現在愛南町に「篠森」の姓を持つ人はおらず、現在の篠森姓は全てこの水越が発祥の地であるとみていいだろう。現在水越は無人であり、水越付近の松瀬川に篠森姓は多くみられる。
愛媛県外にも散見されるが、主に東温市あるいは松山市に見られる姓である。」
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 06
今は人が居ない廃屋の入り口に杖代わりの木が置いてあった。白猪の滝の入り口にも置いてあるが、篠森神社への道のりは遠いのだろうか?
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 08
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 09
このあたりには廃屋が目立つから、家が固まって建てられていたのだろう!
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 10
参道入り口の民家のすぐ上に道標があったので迷わず進む。
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 11
車を降りて5分ほどで篠森神社についた。小さな社であった。近くに墓石が並んでいる。
東温市には色々な伝説が伝わっているのだが、一般の人は全く知らない!地域を知るためにも行政はもっと告知すべきだと再認識した篠森神社と落人伝説であった。
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 12
松瀬川・水越地区篠森神社 131116 13
水越入り口までの行き方は「続きを読む」に・・・
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

西山興隆寺の紅葉 

東温市の五柱神社の紅葉を見た後、東予の紅葉名所である西山興隆寺に行く。
平日にもかかわらず駐車場はいっぱいであった。
仁王門近くのカエデは赤く色づいている。
西山興隆寺紅葉 131127 01
西山興隆寺紅葉 131127 14
参道途中で降りてきた犬に曹禺・・・犬も紅葉狩りか?
西山興隆寺紅葉 131127 13
参道の途中にはまだ色づいていないカエデもあった。
種類によって色づきの時期や色が違うのだろう!
西山興隆寺紅葉 131127 12
西山興隆寺紅葉 131127 04
本堂と直下のカエデは見頃・・・毎年真っ赤な色づきで楽しませてくれるカエデだ!
西山興隆寺紅葉 131127 03
西山興隆寺紅葉 131127 05
西山興隆寺紅葉 131127 09
五重塔東のカエデは今年も黄色の色づき・・・真っ赤な紅葉を見たことがない!
西山興隆寺紅葉 131127 06
西山興隆寺紅葉 131127 07
帰りは本堂右手の道を宝聚殿経由で下りる。
ここから見るカエデの紅葉も綺麗だ。
西山興隆寺紅葉 131127 11
西山興隆寺紅葉 131127 10
撮影:2013年11月27日

[edit]

築島神社の銀杏紅葉 

東温市下林にある築島神社の参道に、小さいながら銀杏の木がある。
参道のすぐ横に鳥居を避けて道路を付けたので、道路が参道を横切る形になり、鳥居がポツンと取り残されている。
築島神社銀杏紅葉 131122 02
築島神社銀杏紅葉 131122 01
築島神社銀杏紅葉 131122 03
築島神社銀杏紅葉 131122 08
小さな銀杏だが、県道23号下林のコンビニの南に見えるのですぐにわかる。
築島神社銀杏紅葉 131122 07
築島神社銀杏紅葉 131122 06

[edit]

松瀬川・五柱神社の紅葉 

東温市松瀬川新畑地区にある五柱神社の楓の紅葉が見頃を迎えている。
ここの楓はいつも11月下旬が見頃となる。
稔山や水越地区の篠森神社に行く途中にあるから、11月下旬頃にそこに行く人達はブログで紹介している。
松瀬川五柱神社紅葉 131127 04
本殿に続く石段横には明治35年に奥松瀬川戸主会が建立した渡部寅太郎功徳碑が建っている。
松瀬川五柱神社紅葉 131127 03
松瀬川五柱神社紅葉 131127 05
愛媛県神社庁のホームページによると、五柱神社は寿永年間(1182)河野氏が社殿を改築。別当上福寺を置いてより得能氏や村上氏の尊崇深く・・・後略・・・
松瀬川五柱神社紅葉 131127 01
五柱神社の別当上福寺は松瀬川西組にあり境内の楠は東温市の天然記念物に指定されている。
松瀬川五柱神社紅葉 131127 06
松瀬川五柱神社紅葉 131127 11
松瀬川五柱神社紅葉 131127 12
松瀬川五柱神社紅葉 131127 07
撮影:2013年11月27日

[edit]

旧金毘羅街道-桧皮峠からの紅葉 

東温市松瀬川の県道327号を進み、桧皮地区にある遠赤青汁の東にある狭い道が桧皮峠への金毘羅街道と言われている。
峠までの道にはイチョウが植えられている。
桧皮峠紅葉 131123 01
峠の手前からは松山自動車道が良く見える。
桧皮峠紅葉 131123 02
北東方向の山々も赤く色づいている!高速道路ではパトカーが走っていた。
桧皮峠紅葉 131123 04
桧皮峠紅葉 131123 03
桧皮峠を越えオオノ開発への進入道路からは雪化粧した山々が見えた。
石鎚連峰環雪 131123 01

[edit]

滑川渓谷の紅葉 

東温市滑川渓谷は紅葉の見頃を迎えている。
この日は休日とあって駐車場はいっぱいのようで、海上バス停あたりから眺めると、駐車場入り口の道路まで駐車しているのが確認できる。
今日は長靴を履いてきたので、塩嶽から歩いて熊の爪まで歩いて行こう。

塩嶽入り口に駐車して山を見る。色づきは最高だ。
滑川渓谷紅葉 131123 01
滑川渓谷紅葉 131123 02
塩嶽から少し登ったところにある小さな名もない滝・・・
滑川渓谷紅葉 131123 03
最初の梯子がある滝付近も色づいていた。
滑川渓谷紅葉 131123 04
前の滝に到着・・・滝の上に中の原の紅葉が見える。
滑川渓谷紅葉 131123 05
前の滝は冬には大きなツララが出来る絶景ポイントだ!
滑川渓谷紅葉 131123 06
断層で出来た滝がある箕の渕!
滑川渓谷紅葉 131123 07
夏には子供達が滑り台遊びをする甌穴・・・
滑川渓谷紅葉 131123 08
滑川渓谷紅葉 131123 09
紅葉したカエデが綺麗な熊の爪・・・
犬走りを越え5分ほど歩くと奥の滝だがここで橋を渡って、いつもの様に迂回路の山道を下る。
滑川渓谷紅葉 131123 10
撮影:2013年11月23日

[edit]

河之内金毘羅寺の紅葉 

河之内にある金毘羅寺の紅葉は先週始まったばかりだったが、1週間経ったから色づいているだろう!と偵察に行った。
私財を投げ打って面河に通じる国道494号線を開通させた近藤金四郎翁の胸像付近のカエデも色づいている。
金毘羅寺・近藤金四郎翁銅像 131123 001
山門の北にある銀杏は今が見頃の色づき・・・
金毘羅寺紅葉 131123 10
金毘羅寺紅葉 131123 01
金毘羅寺紅葉 131123 03
庫裏付近のカエデや銀杏は見頃だったが、本堂付近の銀杏やカエデは来週が見頃・・・
金毘羅寺紅葉 131123 05
金毘羅寺紅葉 131123 04
金毘羅寺紅葉 131123 07
金毘羅寺紅葉 131123 08
惣河内神社への道から見たカエデの色づきが綺麗だった。
金毘羅寺紅葉 131123 09
惣河内神社に行くと新嘗祭の懇親会で一畳庵は氏子でいっぱいであった。
百日桜越しの本殿のカエデは今が見頃の色づき・・・
惣河内神社冬桜 131123 01
惣河内神社紅葉 131123 01
惣河内神社紅葉 131123 02
撮影:2013年11月23日

[edit]

滑川仲屋・光明寺の銀杏紅葉 

東温市滑川仲屋地区の小高い山の上に光明寺がある。
境内の銀杏が今年も綺麗に色づいた。
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 01
本堂は1851年に欅で建てられ東温市の有形文化財に指定されている。
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 12
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 02
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 03
滑川地区には源平合戦頃の落人伝説が残っている。
ここ光明寺にも頼朝の兄弟、鎮西八郎為友の墓があるという伝説が伝わっている。
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 04
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 05
風に乗って葉が舞っていたので、来週末には全て落葉するだろう!
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 11
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 09
滑川仲屋・光明寺銀杏紅葉 131123 10
撮影:2013年11月23日

[edit]

道音寺 銀杏の紅葉! 

東温市牛渕にある伊予十三佛霊場九番の西岸山道音寺・・・
愛媛県神社庁のホームページの浮島神社の項目によると・・・保延5年(1140年)崇徳院の院宣により、浮島神社の別当として道音寺、香積寺、西光寺、明照寺がおかれたことが始まりとされる。

この寺の銀杏が色づいている。
道音寺銀杏紅葉 131121 04
道音寺銀杏紅葉 131121 02
緑の葉も少しあるが、葉が散っていないので木にボリュームがある。
11月下旬までが見頃のようだ!
道音寺銀杏紅葉 131121 03
道音寺銀杏紅葉 131121 06
道音寺銀杏紅葉 131121 08
撮影:2013年11月21日

[edit]

麓地区五十八社大明神の銀杏紅葉 

東温市山之内の麓(ふもと)地区に五十八社大明神がある。
この神社の境内に大きな銀杏がそびえている。

五十八社大明神へは、国道11号線を右折し重信川沿いに県道152号線を北上する。
鯉幟で有名な除ヶの堰を過ぎて少し行くと、ゴミ焼却場に通じる橋がある。
この橋を渡ると「長慶天皇行在之地」の石碑が立っている。
麓・長慶天皇行在碑 131121 001
ここからゴミ焼却場を経て10分ほど狭く急な道を登ると麓地区の集落に着く。
麓・民家 131121 001
この集落の上に五十八社大明神があり、銀杏が聳えている。
毎年11月下旬が見頃になる。
麓・五十八社大明神銀杏紅葉 131121 01
麓・五十八社大明神銀杏紅葉 131121 02
旧重信町の「文化財と史跡」によると、「五十八社とは長慶天皇の随身58人を祭ることから来た呼称・・・中略・・・山腹の人々が住む地名を「麓(府本)」と称するのは、加藤遠江守の重門城から見て、下にある部落から言われた中世の地名。別に城府から来た地名との説がある。」
麓・五十八社大明神銀杏紅葉 131121 03
麓・五十八社大明神銀杏紅葉 131121 04

[edit]

滑川渓谷の紅葉 

東温市滑川渓谷の紅葉状況を偵察に行った。
塩嶽は昨年よりも紅葉が遅く緑の葉が残っている。
滑川渓谷塩嶽・紅葉 131121 01
中の滝付近のカエデの紅葉状況は、今年はいいようだ。
滑川渓谷中の滝・紅葉 131121 01
なめら付近では落葉した葉もあるが、カエデの紅葉が綺麗・・・
滑川渓谷ナメラ・紅葉 131121 01
滑川渓谷ナメラ・紅葉 131121 02
滑川渓谷箕の渕・紅葉 131121 01
平日の夕刻にも係わらず数組が滑川渓谷を訪れていた。
今週末が最後の見頃だろう!
滑川渓谷甌穴・紅葉 131121 01

[edit]

水かきがある犬 ヤブイヌ! 

中米からアルゼンチンの北部に生息しているヤブイヌ。
日本の動物園では、とべ動物園と横浜ズーラシア、東山動物園、京都市動物園、王子動物園の5箇所でしか見ることが出来ない。
TobeZoo ヤブイヌ 131109 007
TobeZoo ヤブイヌ 131109 002
TobeZoo ヤブイヌ 131109 005
ヤブイヌはイヌ科ヤブイヌ属で指と指の間には水かきがあり泳ぎが得意!
チョコチョコ動き回るので指をアップで写す事が出来ないのでよく判らないが・・・
TobeZoo ヤブイヌ 131109 003
TobeZoo ヤブイヌ 131109 011
TobeZoo ヤブイヌ 131109 012

[edit]

井内の棚田 晩秋! 

東温市井内にある井内御来光の滝に行く途中に、多くの銀杏が植えられている。
黄色に色づき今が見頃・・・井内地区の晩秋の風景になっている。
井内中野地区秋 131116 01
井内北間地区秋 131116 02
大平地区から善城寺を見下ろす定点からの眺め・・・
井内北間地区秋 131116 01
大平地区には畦道に多くの銀杏が植えられている。
井内大平地区秋 131116 01
仲間地区の銀杏・・・
井内仲間地区秋 131116 01
井内仲間地区秋 131116 03
井内地区の銀杏はまだまだ小さいけれど、里山風景に溶け込んでいた!
井内仲間地区秋 131116 02

[edit]

井内御来光の滝-紅葉 

昨年はカエデなどの葉が散った後に行ったので、今年は1週間早くのぞいてみた。
途中にある無名の滝!琴の滝という人やドライブスルーの滝など、それぞれの呼び方をしている。
井内御来光の滝近無名の滝 131116 02
私は相撲取りのお腹に似ているので相撲の滝と呼んでいる。
井内御来光の滝近無名の滝 131116 03
少し先に行くとミニ滝があった。
井内御来光の滝近小川 131116 01
大平公民館から15分ほどで井内御来光の滝に到着・・・
井内御来光の滝 131116 01
井内御来光の滝 131116 02
滝の側のカエデの葉は8割くらい散っていた。
井内御来光の滝 131116 03
11月上旬あたりが紅葉したカエデが見られそうだ。来年は少し早い時期に来てみよう。
井内御来光の滝 131116 04
井内御来光の滝 131116 05
撮影:2013年11月16日

[edit]

松瀬川-川筋観音堂の銀杏! 

午前中は晴れとの天気予報だったので、東温市松瀬川の川筋観音堂の銀杏の紅葉状況を偵察に行った。
県道327号線から見ると5割位の色づきか?今年は色づきが1週間ほど遅いようだ。
松瀬川・川筋観音堂銀杏 131116 01
県道の空きスペースに車を止め、山道を5分ほど登ると観音堂の銀杏に着く!
上の方はまだ緑の葉が残っている。
松瀬川・川筋観音堂銀杏 131116 04
松瀬川・川筋観音堂銀杏 131116 03
松瀬川・川筋観音堂銀杏 131116 02
松瀬川・川筋観音堂銀杏 131116 10
昨年は仕事で訪れたからアングルが限られていたが、今年は色々な場所から撮ってみる。
松瀬川・川筋観音堂銀杏 131116 06
松瀬川・川筋観音堂銀杏 131116 07
撮影:2013年11月16日

[edit]

道前道後第三発電所のイチョウ! 

昨年の今日、東温市にある道前道後第三発電所の銀杏並木の紅葉が見頃だったので、今年も行ってみる。
昨日TVで放送されたらしく、入り口は車でいっぱい。少し先の完成記念碑の前広いスペースに駐車して11号線からねらう!
道前道後第三発電所・銀杏 131116 04
道前道後第三発電所・銀杏 131116 05
駐車している車の数は多いが紅葉狩りをしている人の数は少ない!一体どこにいるのか?
道前道後第三発電所・銀杏 131116 02
道前道後第三発電所・銀杏 131116 01
源太桜の葉の色づき具合を見たあと下に下りてみる。
道前道後第三発電所・銀杏 131116 07
道前道後第三発電所・銀杏 131116 08
家族連れで記念写真を撮っていた。
道前道後第三発電所・銀杏 131116 06
モデルになってもらうことと、ブログに掲載することの許可を得て小さなモデルさんを狙う!
道前道後第三発電所・銀杏 131116 09
道前道後第三発電所・銀杏 131116 10
道前道後第三発電所・銀杏 131116 12
撮影:2013年11月16日

[edit]

ANA スーパー・ドルフィン 

ANAウイングスのB737-500スーパー・ドルフィン!
もともとはエア・ニッポンの機体だからレジはJA303K・・・
700型や800型にはウイングレットがあるが、この500型はウイングレットが無い・・・
EH B737-54K JA303K RJOM 130917 01
EH B737-54K JA303K RJOM 130917 02
EH B737-54K JA303K RJOM 130917 03
スーパー・ドルフィンの絵がエンジン・ナセルに描かれている。
500型は関空線に就航していたが廃止になった。
来年の2月からはピーチが関空線に就航する予定!
EH B737-54K JA303K RJOM 130917 04
EH B737-54K JA303K RJOM 130917 05
EH B737-54K JA303K RJOM 130917 06
EH B737-54K JA303K

[edit]

カップル展示されているネコ科の動物達! 

とべ動物園で飼育されているネコ科の動物は豹、虎、ライオン、ピューマ、ジャガーの5種類いる。

今、ライオンはペアで展示している。
この日の午前中はシマタロウとガーネットのペアが・・・
TobeZoo シマタロウ 131109 02
TobeZoo ガーネット 131109 01
午後からはモナと子供のバリーとリリー・・・
TobeZoo ナミジロー 131109 01
TobeZoo リリー 131109 01
南米獣舎ではジャガーのルモとプリメーラのカップルが仲良く寝ていた。
TobeZoo プリメーラ&ルモ 131109 01
隣ではまだ1歳5ヶ月のピューマのラフが・・・
TobeZoo ラフ 131109 01

[edit]

コツメカワウソ・ファミリー 

とべ動物園のコツメカワウソ・ファミリー・・・
タルトとチョコマルが大きくなったので個体識別が難しくなった。
まだ小さいラスクはすぐに判別できるが、ピア父さんの四角顔以外はマサ母さん似なので三頭の判別が難しい!
どれがどれだか見分けがつきますか?
TobeZoo コツメカワウソ 131103 001
TobeZoo コツメカワウソ 131103 003
TobeZoo コツメカワウソ 131103 004
TobeZoo コツメカワウソ・ラスク 131103 001

[edit]

エアクラフトのクローズアップ 

松山空港にやってくる定期便の航空機の種類は少ない。
ターボプロップはサーブ340とボンバルディアQ300とQ400の3種類!
ジェット機はボーイング737-800と767-300と777-200、エアバスA320とA319の5種類!あわせて8種類を見ることが出来る!
そんな機体の一部をアップで撮ってみた。背景があまり気に良くないが・・・
NH B767-381 JA8342 RJOM 131028 01
NH B767-381 JA8342 RJOM 131028 02
NH B767-381 JA8342
JL B737-486 JA342J RJOM 131028 01
JL B737-486 JA342J RJOM 131028 02
JL B737-846 JA342J
GK A320-232 JA02JJ RJOM 131028 01
GK A320-232 JA02JJ RJOM 131028 02
GK A320-232 JA02JJ
EH DHC-8-402Q JA857A RJOM 131028 01
EH DHC-8-402Q JA857A

[edit]

ジェットスターJA03JJ 

ジェットスター・ジャパンの成田行きGK170は、この日定刻より15分遅れでプッシュ・バック!
同時刻発の沖縄行きNH383も同様に遅れたので後に続いてタクシー・・・
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131021 010
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131021 013
この日は日差しが強かったので、滑走路末端標識のペイントが機体に映りこんだ。まるで横断歩道のペイントのよう・・・
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131021 023
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131021 027
GK A320-232 JA03JJ RJOM 131021 033
GK A320-232 JA03JJ

[edit]

媛ちゃん誕生会 セレモニーのあと! 

媛ちゃん7歳誕生会には全国から色々なプレゼントが届けられた。
スイカのプレゼントは主役の媛ちゃんが先ずパクリと一口で口の中に・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会後 131109 01
スイカを食べたあとは喉が渇いたので水をガブガブ・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会後 131109 03
媛ちゃんを生んだリカ母さんにもスイカのお裾分け・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会後 131109 02
媛ちゃんにバースデーケーキのプレゼント・・・とはいかず、リカ母さんが横取り・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会後 131109 07
このバースデーケーキは、北本キーパーの手作り・・・蒸したイモの台にリンゴをデコレーション。
リンゴで作ったゾウがとてもよく出来ている!
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 15
TobeZoo 媛7歳誕生会後 131109 06
最後は、媛ちゃんファンのMさんからメロンのプレゼント!
TobeZoo 媛7歳誕生会後 131109 08
リカさんファミリーはマスクメロンは嫌いで昔ながらの瓜の様に表面がつるっとしたのが好きとか・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会後 131109 09
撮影:2013年11月9日

[edit]

媛7歳誕生会 

2006年11月9日に生まれた媛ちゃんは今日で7歳・・・
リカ母さんが育児放棄したので人工哺育で育った。
オットセイの餌販売機を管理している人によると、砥部町内で乳牛を飼育している人の所から運んだ牛乳が媛ちゃんのミルクになったとのこと・・・
当時人工哺育の様子が公開されていたので、見に行ったことがある。

7歳の誕生会には媛ちゃんファンから多くの誕生プレゼントが・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 01
へりウム風船は広島から毎回来ているMさんのプレゼント・・・ロウソクが7本立っているところがミソ!
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 02
「媛ちゃん7さいお誕生日おめでとう」の看板もMさん制作・・・
3歳の誕生日にプレゼントした七五三の着物の歯切れでゾウの人形を作ってディスプレー・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 03
定刻になって椎名ママが媛ちゃんをつれて来た!
リカ母さんの傷が付いた鼻が椎名さんにからまっている。
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 05
ゾウの形をしたスペシャルパンを媛ちゃんにプレゼント・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 04
媛ちゃんはムシャムシャと・・・
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 06
TobeZoo 媛7歳誕生会 131109 07
これで誕生会のセレモニーは終わり・・・

お楽しみ抽選会と抽選で当った人の媛ちゃんへの餌やりは「続きを読む」に掲載!
-- 続きを読む --

[edit]

JA858A-エコボン3号機 

大阪からのNH1639はエコボンだった。エコボンを見るのは久しぶり・・・

ANAのホームページによると・・・エコボンとはECOとVon Boyage(仏語で良い旅を)を組み合わせた造語!
初就航は2010年11月19日(金)ここ松山空港で、大阪からのNH1793-JA856Aだった。
全日空のエコボンには1号機のほかに、2号機JA857A(2011年5月登録)と3号機JA858A(2011年10月登録)がある。
EH DHC-8-402Q JA858A ECO 130926 01
このDHC-8-402QはレジがJA858Aだから3号機・・・
EH DHC-8-402Q JA858A ECO 130926 02
EH DHC-8-402Q JA858A ECO 130926 04
EH DHC-8-402Q JA858A ECO 130926 05
見にくいが、エンジンナセルには「ECO Friendly Airline(地球に優しいエアライン)」と書かれてある。
EH DHC-8-402Q JA858A ECO 130926 06
EH DHC-8-402Q JA858A ECO 130926 08
EH DHC-8-402Q JA858A ECO 130926 11
NH DHC-8-402Q JA858A

[edit]

松山空港で見ることが出来る小型機! 

松山空港で見られる小型機の代表は、松山空港を定置場にしている愛媛航空のセスナ172・・・
愛媛航空は昭和41年11月に愛媛瀬戸内航空として設立され翌年5月愛媛航空と改称された。
現在2機のセスナ172を所有している。
愛媛航空 Cessna172H JA3363 RJOM 130917 01
愛媛航空Cessna172H JA3363

松山空港を定置場にしているオートプロジェクト所有のFA200・・・
Auto Project Co. FA200-160 JA3601 RJOM 130917 01
Auto Project Co. FA200-160 JA3601 RJOM 130917 02
Auto Project FA200-160 JA3601

広島西空港からやって来たパイパーPA-28・・・給油した後、飛び立って行った。
Piper PA-28R-201T JA3835 RJOM 130917 04
Piper PA-28R-201T JA3835 RJOM 130917 06
Piper PA28R-201T JA3835

最近よく見かける中日本航空のヘリ、AS350・・・送電線を点検しているところを見たことがあるが、今日も送電線点検に行っていたのだろうか?
中日本航空 AS350B Ecureuil JA9411 RJOM 130914 01
中日本航空 AS350B Ecureuil JA9411 RJOM 130914 03
中日本航空 AS350B JA9411

[edit]

河之内音田地区-晩秋の風景 

東温市河之内音田地区に所用で行った。
下音田では稲刈りが済むとコスモスの種を撒き、10月下旬になると綺麗に咲く。
今年も可憐な花を咲かせていた。
河之内音田・コスモス 131106 01
河之内音田・コスモス 131106 02
夏蒔きの見奈良のコスモスは背が高くなるが、秋蒔きの音田地区のコスモスは背丈が低く葉の部分が短いので見やすい。
河之内音田・コスモス 131106 05
河之内音田・コスモス 131106 12
国道端に車を止めてコスモスを写す人達にも出逢った。
河之内音田・コスモス 131106 03
河之内音田・コスモス 131106 07
コスモス畑の少し南の田んぼに、稲孫(ヒツジ:稲の切り株から生えてくる新芽)をトラクターで耕して白猪の滝を描いたアートがある。(写真右側中央の田んぼ・・・)
河之内音田・コスモス 131106 08
音田地区の坂本さんと寺川さんが地域おこしのために、実験的に描いたとのこと・・
来年は焼いたもみ殻などの黒と緑で描くと綺麗になるだろう。
河之内音田・コスモス 131106 09
残した稲孫(ヒツジ)からは稲穂が生えて、コスモスの花とのコラボレーション・・・
河之内音田・コスモス 131106 11
白猪の滝を描いた田んぼの南にも坂本さんの田んぼがある。
後ろのこんもりした森には、東温市の天然記念物ひょんの木が生えている「松山藩公儀雨乞所-雨滝」がある!
河之内音田・コスモス 131106 10
惣河内神社の一畳庵前の百日桜が咲き始めた。名前の通りこれから百日ほど花を咲かせる。
一畳庵・百日桜 131106 01
惣河内神社隣の金毘羅寺の紅葉は始まったばかり・・・
山門付近のカエデやイチョウの木はまだ青い葉をしていたから、中旬以降が見頃だろう。
金毘羅寺・紅葉 131106 01
撮影:2013年11月6日

[edit]

第2回とべ動物園写真コンクール 

第2回とべ動物園写真コンクールの表彰式が、11月3日とべ動物園のアニマルステージで行なわれた。
応募総数110点の中から1席に選ばれたのは酒井建治さん!
賞品のデジラル一眼レフカメラが三橋園長から授与された。
どべ動物園写真コンクール表彰式 131103 01
入賞作品や応募作品と一緒に動物園写真クラブ愛媛の会員の写真も展示されている。
私もアフリカゾウの砥愛や動物の虹彩をテーマにした以下の写真を出品した。
TobeZoo Toa 130802 022
鼻が長が~いゾウ!
TobeZOO TOA 130803 044
アフリカゾウ砥愛
TobeZoo ディディ 131006 02
オランウータン・ディディの瞳
TobeZoo ピューマ・インティ 130629 001
ピューマ・インティーの瞳
TobeZoo ヒョウ・サリー 130730 009_NEW
ヒョウ・サリーの瞳
TobeZoo フサオマキザル 121222 01
フサオマキザルの瞳1
TobeZOO フサオマキザル 130421 009_NEW
フサオマキザルの瞳2

[edit]

RJOM RW32 Landing of ANA B787 

台風一過の松山空港は北よりの風が強く、ランディング・ランウェーはRW32・・・
今日は撮影場所を変えて撮ってみた

東京からのNH585は本来ならB777だが、シップ・チェンジでB787が降りてきた。
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 01
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 03
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 04
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 06
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 07
胴体に書かれた787の数字が目立つ・・・
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 10
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 11
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 12
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 13
NH B787-781 JA012A RJOM 130926 14
NH B787-881 JA812A

[edit]

第24回白猪の滝まつり 

東北楽天ゴールデン・イーグルスが球団創設9年目で日本一になった。
田尾監督が就任した1年目は38勝しかあげられなかったチームだった。
頑張れば目標が叶うことを示してくれたようで勇気が出る日本一だった。

そんな記念すべき11月3日の昼間は白猪の滝まつりが登り口の農村公園で開催された。
白猪の滝への登り口では、滝まで登れば抽選できる抽選券が配られている。
白猪の滝祭 131103 01
河之内地区の人達が作った野菜も良く売れていた。
白猪の滝祭 131103 12
毎年宇和島の遊子(ゆす)から来てくれる漁協婦人部のキッチンカー「遊子の台所」・・・
白猪の滝祭 131103 15
お餅もヨモギ餅や色々なものがその場でついて売られていた。これはミカンのスライスが入ったミカン餅・・・
白猪の滝祭 131103 17
10時30分からは坊ちゃん劇場で上演されている「げんない」の俳優トークショー・・・
白猪の滝祭 131103 03
白猪の滝祭 131103 02
雨が降るあいにくの天気にも係わらず大勢の人が見に来ていた。
白猪の滝祭 131103 04
東温市のキャラクター「いのとん」もPRに来ていた。
「いのとん」は白い猪なので白猪の滝が生まれた所になる。つまり故郷なのだ!
白猪の滝祭 131103 10
雨に弱い「いのとん」はブーツの制作が間に合わないので、今日はゴミ袋仕様ブーツ・・・
白猪の滝祭 131103 16
白猪の滝祭 131103 18
イベントの様子は続きを見るに掲載・・・是非ご覧ください!
-- 続きを読む --

[edit]

第202教育航空隊 TC-90 

海上自衛隊徳島基地の第202教育航空隊の練習機、ビーチクラフトTC-90キングエアーがタッチアンド・ゴーの訓練を行なっていた。
レジは202-6838・・・
教官の英語の発音が悪いせいか、私のヒアリング能力が低いせいか、コールサインは「キングス・エイト」と聞こえた。
後で考えるとレジが6838だからコールサインは「キング・スリー・エイト」ではないか?きっとそうだ!と納得する。

コールサインと言えばジェット・スターの初便を撮りに行った時にもコールサイン「オレンジ・ライナー」が「エア・チャイナ」と聞こえた。定刻より随分早く到着したせいで、到着機がジェットスターとは認識していなかったから、中国国際航空のチャーター機と勘違いした。パイロットの英語の発音が悪かったこともあるが・・・ああ勘違い!
JMSDF TC-90 King Air 6838 RJOM 130926 01
JMSDF TC-90 King Air 6838 RJOM 130926 02
JMSDF TC-90 King Air 6838 RJOM 130926 03
これは2回目のタッチアンド・ゴー・・・この後、3回目のタッチアンド・ゴーを行い飛び去っていった。
JMSDF TC-90 King Air 6838 RJOM 130926 04
JMSDF TC-90 King Air 6838 RJOM 130926 05
JMSDF TC-90 King Air 6838 RJOM 130926 06

[edit]