06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

夏の動物達 

とべ動物園、夏の恒例夜の動物園が8月の土曜日に始まる。
涼しい夜に動物達が見られるし、人間も涼しい気分になれる。

昼間は日陰に入ってじっとしていることが多い。
TobeZOO クマタカ 140719 001
TobeZOO クマタカ 140719 002
TobeZOO コツメカワウソ 140719 002
TobeZOO サーバルキャット 140719 004
TobeZOO 大五郎 140719 005
スポンサーサイト

[edit]

アンデスコンドル! 

とべ動物園の猛禽類アンデスコンドル・・・
TobeZOO アンデスコンドル 140719 001
いつもは雄と雌は離れているのだが、寄り添っていた。
TobeZOO アンデスコンドル 140719 002
TobeZOO アンデスコンドル 140719 003
TobeZOO アンデスコンドル 140719 004

[edit]

レッサーパンダの優希! 

とべ動物園のシャンチーは木登りが好きだ。
TobeZOO SHANTI 140719 001
シャンチーと優花の間に生まれた優希くん!
母さんにで、顔の周りの毛が薄く少し肥満・・・
TobeZOO YUKI 140719 002
TobeZOO YUKI 140719 006
TobeZOO YUKI 140719 007
TobeZOO YUKI 140719 009

[edit]

MARIKO-JET 

ピーチアビエーションのA320の機体に元AKB48の篠田まりこさんの顔がラッピングされた愛称MARIKO-JET。
10月27日の初就航時には、2014年3月末までの契約と掲載されていた。ユーチューブにも4月7日にラッピングをはがすために関空から伊丹へのフェリー動画がアップされていた。
しかし、松山空港に飛来したMARIKO-JETOを見ると、2014年5月17日に飛来し、7月にはラッピングが剥がされていた。契約期間が6月末まで延びたのか?
MM A300-214 JA805P RJOM 140517 01
MM A300-214 JA805P RJOM 140517 02
MM A300-214 JA805P RJOM 140517 03
MM A300-214 JA805P RJOM 140517 04
MM A300-214 JA805P RJOM 140517 07
撮影:2014年5月17日

フライトレーダーを見ると関空からのMM301はJA805P、愛称MARIKO JET・・・
しかし降りてきたのは、ラッピングが剥がされノーマル塗装にもどったJA805P!
フライトレーダーのレジ別機体写真を、ノーマル塗装の写真に変更すべきだと感じたのは私だけだろうか?
MM A320-214 JA805P RJOM 1400721 01
左窓下にあったMARIKO JETの文字も剥がされていた。
MM A320-214 JA805P RJOM 1400721 02
MM A320-214 JA805P RJOM 1400721 03
撮影:2014年7月21日

[edit]

小田町村・灯籠祭り 

小田町町村の灯籠祭りに久しぶりに行く。
灯籠祭りは平清盛の子供の登貴姫を奉る祭り・・・毎年7月の第3土曜日に開催される。
前半は町村商店街をねぶたに似たダシやダンジリが練り歩く。
小田町村灯籠祭 140726 01
小田町村灯籠祭 140726 02
小田町村灯籠祭 140726 03
小田町村灯籠祭 140726 04
後半は小田川のほとりに設けられたステージで枇杷の演奏や僧侶の読経などが行なわれる、動と静の祭りである。
小田町村灯籠祭 140726 05
小田町村灯籠祭 140726 06
小田町村灯籠祭 140726 07

[edit]

CRJ-200ER 

松山空港の大阪行きは全日空グループがANAウイングスのDHC-8-Q400、日本航空グループがジェイエアのCRJ-200ERで運航されている。
ボンバルディアCRJは、カナディア社が開発したビジネスジェトのチャレンジャーがもとになっている。
CRJはカナディア・リージョナル・ジェットの略・・・ボンバルディア社がカナディア社を買収して現在に至る。

この日は、タクシーウエイがふさがっていたのでRWをタクシーしてRW32まで行く。
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 140504 01
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 140504 02
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 140504 05
XM CRJ-200ER JA201J RJOM 140504 06
XM CRJ-200ER JA201J

[edit]

アーク塗装のDHC-8-Q400 

日本航空グループ、ジャパンエアコミューターのDHC-8-Q400のアーク塗装の機体がRW14から飛び立った。
心なしか汚れているように見えるのは気のせいか?
3X DHC-8-402Q JA845C RJOM 140504 01
3X DHC-8-402Q JA845C RJOM 140504 02
3X DHC-8-402Q JA845C RJOM 140504 03
JAC DHC-8-402Q JA845C

[edit]

カリフォルニアアシカの赤ちゃん 

とべ動物園のカリフォルニアアシカの赤ちゃんは元気にプールで泳いでいる。
まだ身体は小さいから水中に居ても判別し易い。
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140629 01
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140629 03
身体を出して泳いでくれるので撮りやすいが、そのうちチョットしか顔を出さなくなるだろう。
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140629 08
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140629 10
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140629 11

[edit]

アンデスコンドルとクマタカ 

とべ動物園の猛禽類、アンデスコンドル・・・
オスはトサカがあり鶏のようだ。メスはトサカがないのと体つきが少し小さい。
TobeZOO アンデスコンドル 40325 05
TobeZOO アンデスコンドル 40325 07
TobeZOO アンデスコンドル 40325 09
クマタカの虹彩はオレンジ・・・いつ見ても綺麗な虹彩!
TobeZOO クマタカ 40325 04
TobeZOO クマタカ 40325 05
TobeZOO クマタカ 40325 06

[edit]

ピースにアジのプレゼント! 

毎年、発泡スチロール協会がホッキョクグマのピースに生きアジのプレンゼントをしている。
大プールに生きアジを放すとピースが追っかけ始めた。
TobeZOO Peace アジ 140721 02
TobeZOO Peace アジ 140721 06
TobeZOO Peace アジ 140721 07
TobeZOO Peace アジ 140721 08
今年で6回以上になるので、生きアジを取るのになれたのと、アジが弱っていたので10分くらいでゲットしていた。
TobeZOO Peace アジ 140721 10
アジをゲットすると、「やったぜ!」と、どや顔で育ての母さんの方を見ていた。
TobeZOO Peace アジ 140721 09

[edit]

ヤブイヌ・ネム! 

とべ動物園のヤブイヌのスズが居なくなったので、ネムは一人ぼっちで寂しそう・・・
TobeZOO NEMU 40325 01
TobeZOO NEMU 40325 02
TobeZOO NEMU 40325 03
眠りから覚めるといつもの様にウロウロと常道行動・・・
TobeZOO NEMU 40325 04
TobeZOO NEMU 40325 05

[edit]

アフリカゾウ砥愛の水浴び 

とべ動物園は梅雨明け真近とあって蒸暑い・・・
アフリカゾウの砥愛が水浴びをしていた。
鼻が届かないのか背伸びして水を吸う・・・
TobeZOO TOA 140719 01
TobeZOO TOA 140719 02
リカ母さん媛ねえさんも水浴びにやって来た。
TobeZOO TOA 140719 03
砥愛だけになると背伸びしてヨイショ・・・
TobeZOO TOA 140719 04
TobeZOO TOA 140719 06
また水を吸って、プハ~ア・・・
TobeZOO TOA 140719 07
TobeZOO TOA 140719 08

[edit]

アメリカバクの水浴! 

とべ動物園のアメリカストリートにはアメリカバクのムー♂とユメ♀が飼育されている。
バクは外敵に襲われると水に入ってやり過ごすので水に入った際に呼吸し易いように鼻が長くなったそうだ。
時々プールに入ったところを見るが直ぐに出てしまう。
この日は10分位プールに中にいたのでジックリ撮ることが出来た。
前半4枚はオスのムー・・・後半4枚はメスのユメ!
TobeZOO ムー水浴 140629 02
TobeZOO ムー水浴 140629 03
TobeZOO ムー水浴 140629 06
TobeZOO ムー水浴 140629 07
TobeZOO ユメ水浴 140629 05
TobeZOO ユメ水浴 140629 07
TobeZOO ユメ水浴 140629 08
TobeZOO ユメ水浴 140629 11

[edit]

レッサーパンダの優希くん! 

とべ動物園で生まれたレッサーパンダの優希くんは7月4日で1歳になった。
お父さんのシャンチーはウロウロとあるくが、優希君は走り回っていた。
TobeZOO 優希 140615 01
担当キーパーさんによると、若いので精一杯動き回っているのは、まだ動きと暑くなることのバランスが分かっていないとのの話だった。
TobeZOO 優希 140615 02
普段は見ることだ出来ないレッサーパンダの肉球!毛で覆われているので肉球は見えないことが分かった。
TobeZOO 優希 140615 03
おらは疲れただ~あ!はあはあ・・・
TobeZOO 優希 140615 04
TobeZOO 優希 140615 05
TobeZOO 優希 140615 06

[edit]

クロサイ・ライ 

とべ動物園のクロサイのライ君は3歳を過ぎ、体つきはクー母さんと変わらない位大きくなった。
ライライと呼ぶとやって来る。ライライとは中国語で来来・・・こいこいと詠んでいることになるから、ライ君は中国語が分かるのだろう!?
TobeZOO LAI 140615 01
TobeZOO LAI 140615 02
TobeZOO LAI 140615 03
TobeZOO LAI 140615 04
TobeZOO KULAI 140615 01
TobeZOO KULAI 140615 02

[edit]

オオサイチョウ 

とべ動物園のアメリカストリートにいるオオサイチョウ・・・
頭にバナナを乗せた鳥だ。
オオサイチョウのオスの虹彩は赤だが、メスの虹彩は白・・・
以前からオスとのカップリングがトライされているが、産卵には至っていない。
TobeZOO オオサイチョウ♀ 140615 01
TobeZOO オオサイチョウ♀ 140615 02
TobeZOO オオサイチョウ♀ 140615 03
TobeZOO オオサイチョウ♀ 140615 04
TobeZOO オオサイチョウ♀ 140615 05

[edit]

滝めぐり その2 

菊間町にある歌仙の滝をはじめて見に行く。
登り口にある看板によると・・・
歌仙の滝は、高さ67mで県下で第10位、巾は4.8mで第21位となっている。
2段に屈折し、中腹に滝壷があり、小屈折を数えれば36曲まがりあるため、36歌仙にちなんで歌仙の滝という。」
...と掲載されていた。
しかし、どこがどう屈折しているのか私には識別できなかったが・・・
歌仙の滝 140712 01
歌仙の滝 140712 02
歌仙の滝 140712 03
滝見観音堂の境内を掃除していた地元の人達に聞くと、いつもよりはチョロチョロだが、今日は水量が多いとの・・・
カエデが茂っていたので紅葉の頃に訪れてみよう。
歌仙の滝 140712 04
歌仙の滝 140712 06

[edit]

滝めぐり その1 

来島海峡大橋のライトアップと満月を撮りに行くが、曇り空が予想されたので保険として菊間町にある歌仙の滝に行くことにする。
松山市東部からだと国道307線を石手川ダム経由で玉川ダム湖畔まで行き、左折して県道17号線を北条・菊間方面に向かう。北条との分岐点を菊間方面行き県道164号線のくねくね道を下ること15分で霧合の滝に到着する。
霧合滝観音が直ぐ側にあり、そこの看板によると、「霧合の滝は、一名「古滝」とも言い、近くにある歌仙の滝よりも古くから、「水行の滝」として多くの信者さんに愛されてきた。
 観音堂には、十一面観世音菩薩(木像)が安置されていたが、平成15年8月、不審火による火災のため消失した。
 松尾地区住民は、信者さんの遺された浄財を基に、大勢の方々のご尽力を得て、平成17年9月、十一面観世音菩薩をお祀りした。 また、堂内の左右に祀られている聖観世音菩薩及び大黒天は、火災のときに焼失を免れたものである。
今治地方観光協会菊間支部」と書かれている。
霧合の滝 140712 01
霧合の滝 140712 03
歌仙の滝の入り口には・・・
「古滝とも言われ、歌仙の滝(現在地)から500m上がった県道沿いにあり、岩角によって雄滝、雌滝に分かれている。
水量が多く、ごうごうと雷のように音を立て、しぶきが霧になって滝壷をおおっています。」と書かれてある。
霧合の滝 140712 05
霧合の滝 140712 06
霧合の滝 140712 07
落差は10mくらい。その上に2段、水路のような滝がある。
上流に歌仙ダムがあるので、いつも水量が多い。
霧合の滝 140712 08

[edit]

来島海峡大橋ライトアップ 

来島海峡大橋のライトアップと満月が重なるので糸山公園に行くが曇り空で満月は見えそうにない。
折角来たのだからライトアップだけでも撮って帰ろう。
以下の写真で時間の経過が分かるだろう。
来島海峡大橋ライトアップ 140712 01
来島海峡大橋ライトアップ 140712 02
来島海峡大橋ライトアップ 140712 03
来島海峡大橋ライトアップ 140712 04
来島海峡大橋ライトアップ 140712 05
撮影:2014年7月12日

[edit]

風穴 

一年ぶりに東温市上林の風穴に行く。
途中の水元から松山市が見渡せる。城山や怱那七島が立ち込める雲間にたたずんでいた。
水元遠望 140709 01
水元遠望 140709 02
風穴の前にある四角い穴蔵のヒマラヤケシの開花状況を確認する。
風穴花壇 140709 01
四リン開花していた。
風穴ヒマラヤケシ 140709 01
風穴ヒマラヤケシ 140709 02
風穴の看板が立てられている。看板の矢印はヒマラヤケシが咲く四角の穴蔵を指しているので、風穴と間違う人がい多い。
風穴花壇 140709 02
ヒマラヤケシが咲く四角の穴蔵の先にある岩穴が、本当の風穴なのだ。
この日も間違った人がいたので「岩の間にある風穴から冷気が出ているのですよ」教えてあげた。
東温市も間違いやすい場所の看板を移動したらいいのに・・・
風穴 140709 01

[edit]

上林 白糸の滝! 

東温市上林の白糸の滝に久しぶりに行った。
駐車スペースから歩くこと15分で到着する。
たどり着くまでにはミニ滝があちこちにある。このミニ滝を過ぎると白糸の滝・・・
白糸の滝下 1140709 01
滝の近くにしばらく居ると飛沫がレンズに付くので拭き取りに忙しくなる。
白糸の滝 1140709 01
白糸の滝 1140709 02
シャッタースピードを上げて飛沫を撮る。
白糸の滝 1140709 03
白糸の滝 1140709 04
白糸の滝 1140709 05
スローシャッターと高速シャッターで撮ってみた。
白糸の滝 1140709 06
白糸の滝 1140709 07

[edit]

古代蓮が見頃! 

四国霊場八十八箇46番札所浄瑠璃寺の古代蓮が見頃を迎えている。
今週は多くの花が開花していたので広角でとっても絵になる。
浄瑠璃寺 古代蓮 140709 05
浄瑠璃寺 古代蓮 140709 04
浄瑠璃寺 古代蓮 140709 01
蕾が沢山あったので、一週間位は見頃だろう。
浄瑠璃寺 古代蓮 140709 03
浄瑠璃寺 古代蓮 140709 02
カマドウウマがオシベの廻りで何かをついばんでいた。
浄瑠璃寺 カマドウウマ 140709 02
シオカラトンボのメス・・・トンボが開花した古代蓮の花に止まるとはめったにない。
浄瑠璃寺 シオカラトンボ 140709 02
撮影:2014年7月9日

[edit]

7月の花 

花き研究指導室に夏の花を偵察に行った。
温室では種まきに備えて刈り取りが進んでいた。職員に聞くと7月は秋の種まきの備えて整地している・・・とのこと。
6月から咲いているエキノプスにミツバチが寄っていた。
花き研究指導室 エキノプス 140706 01
花き研究指導室 エキノプス 140706 02
温室に入ると時計草(パッションフルーツ)の実と花のコラボが見られた。
花き研究指導室 時計草 140706 01
花き研究指導室 時計草 140706 02
トルコギキョウの白い花もあったが紫が綺麗・・・
花き研究指導室 トルコギキョウ 140706 01
花き研究指導室 トルコギキョウ 140706 02
屋外にあったマリーゴールド・・・綺麗だったのでシャッターを押した。
花き研究指導室 マリーゴールド 140706 01
花き研究指導室 マリーゴールド 140706 02

[edit]

浄瑠璃寺はトンボのビオトープ? 

四国八十八箇所第46番札所浄瑠璃寺は、今の季節古代蓮が有名だが、ドンボが舞うビオトープでもある。
水面の付近を見るとヤゴのヌケガラを見つけた。
浄瑠璃寺 ヤゴ 140706 01
この分だと羽化したトンボが居るに違いない。
古代蓮を撮る人は上を向いて花を探すが、下を向いてトンボの羽化を探す。
見つけたのはヒメアカネのメス・・・
浄瑠璃寺 ヒメアカネ 140706 02
浄瑠璃寺 ヒメアカネ 140706 03
羽化したところなので近くまで寄っても逃げない。
目の色と身体の色からするとシオカラトンボのメス?
浄瑠璃寺 ヒメアカネ 140706 04
浄瑠璃寺 ヒメアカネ 140706 05
浄瑠璃寺 ヒメアカネ 140706 08
撮影:2014年7月6日

[edit]

古代蓮が見頃! 

四国八十八箇所第46番札所浄瑠璃寺の古代蓮の開花を6月中旬から偵察していたが見頃になった。
例年通り7月に入ってから多くの古代蓮が開花している。
しかし、ポツポツと開花しているので一斉に花開くことはない様子・・・
浄瑠璃寺 古代蓮 140706 01
浄瑠璃寺 古代蓮 140706 02
浄瑠璃寺 古代蓮 140706 06
浄瑠璃寺 古代蓮 140706 07
浄瑠璃寺 古代蓮 140706 09
浄瑠璃寺 古代蓮 140706 04
休日だったので古代蓮蓮見物の人々が多く訪れていた。
蕾が多く在ったので今週が見頃だろう。
浄瑠璃寺 古代蓮 140706 08
撮影:2014年7月6日

[edit]

類人猿 

とべ動物園の類人猿・・・アメリカストリートにいるフサオマキザルのナスビに子供が生まれた。名前はトマト・・・父親は判らない。
TobeZOO ナスビトマト 140608 01
マントヒヒのNo4バブ・・・バンビの鼻がハート型をしていることは飼育員から聞いているが、バブの鼻もハート型をしていた。
TobeZOO バブーン 140608 01
ディーディーのスカイウォーク・・・行きはお尻を向けて渡る。
TobeZOO ディディ 140608 01
マンドリルのメス、トヨ・・・メスは少し小さめの身体をしている。
TobeZOO トヨ 140608 01
ボリビアリスザルのかくれんぼ・・・見ーつけた!
TobeZOO ボリビアリスザル 140608 01

[edit]

カリフォルニアアシカの赤ちゃん! 

とべ動物園で飼育しているヤブイヌはオスのネムとメスのスズが飼育されていたが、猫背で体調が悪かったメスのスズが亡くなった。最近見かけなくなって心配していたが寿命だから仕方がない。

亡くなる命あれば生まれてくる命ありで、カリフォルニアアシカの赤ちゃんが公開され人気者になっている。
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140615 01
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140615 02
お母さんのアイラが子供の面倒を見ている姿はほほえましい。
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140615 03
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140615 04
TobeZOO カリフォルニアアシカBaby 140615 07

[edit]

動物達の寝姿! 

とべ動物園の動物達の寝姿を集めてみた。
キューバフラミンゴは見事なシンクロ状態の寝姿・・・
TobeZOO キューバフラミンゴ 140608 01
アメリカバクのオス、ムー・・・
TobeZOO ムー 140608 01
ジャガーのルモ君はシャッター音で目を開けた。
TobeZOO ルモ 140615 01
クロサイのライ君はクー母さんと同じ位の身体に成長した。
TobeZOO ライ 140608 01
アフリカタテガミヤマアラシのウルル・・・ピューマのインティーやラフと同じ頃に生まれたが、こちらは余り注目されなかったマイナーな動物!
TobeZOO ウルル 140615 01

[edit]

サーバルキャット 

とべ動物園に白鳥動物園からサーバルキャットがやって来た。
ウロウロと常道行動をしているのでなかなか撮りづらい動物だ。

耳の間がブVの形をしているのがブイ君で線形をしているのがセン君らしいが良く分からない。
拡大写真で見ると目の下、鼻の近くの模様が違うことに気が付いた。
セン君は目の下、鼻の近くの模様が濃くV字をしている。
TobeZOO Serval-SEN 140615 03
TobeZOO Serval-SEN 140615 04
一方ヴイ君は目の下、鼻の近くの模様は薄くV字形をしていない。
TobeZOO Serval-VUI 140615 01
TobeZOO Serval-VUI 140615 02

[edit]

某所の古代蓮! 

浄瑠璃寺の古代蓮の開花が今ひとつだったので、別の場所に見に行く。
ここも蕾が多く、7月を過ぎないと県頃にならない様子・・・二輪咲いていた。
佐古ダム 古代蓮 140629 01
佐古ダム 古代蓮 140629 02
佐古ダム 古代蓮 140629 03
タチアオイの花にカミキリムシが止まっていたのでマクロで遊ぶ・・・
佐古ダム カミキリムシ 140629 01
佐古ダム カミキリムシ 140629 03

[edit]