10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

松瀬川水越地区 

川筋観音堂の銀杏を見た後、2年ぶりに水越地区に行ってみた。
目的は、篠森神社へ行く途中にある銀杏の紅葉を撮ること・・・
篠森神社への入り口には由来碑が建立されており、次のように書かれている。
「伝説によるとここ水越は落人の里と言われている。
南予一本松町土佐の県境にある篠山に城を築いていた篠森左近之丞は
土佐の長宗我部の席捲にあい落城一族郎党と共にの地に落のび住み着いた。
時は天正年間のことと伝えられる。
後世末裔ら住民は篠森神社を氏神として頭首左近之丞を祀って来た。
而して安住の地を築いた住民は時代の変遷とともにこの地を後にし
平成七年遂に無住の地となる。
2000年を期し後世のために之を」記す。
平成十二年十二月吉祥日」

長宗我部元親の南予への侵略は1580年頃だから430年程前に落ち延びて来たのだろう・・・と想像する。

奥松瀬川水越地区紅葉 161126 0
奥松瀬川水越地区紅葉 161126 02
ここの銀杏は他所より遅いので、緑の葉が多かった。
奥松瀬川水越地区紅葉 161126 03
奥松瀬川水越地区紅葉 161126 04
昔、水越地区に住んでいた篠森さん達が猪撃ちに登って来ていたので、しばし談笑・・・
篠森姓について調べてみると・・・そこにも落人伝説が出ていた。
「元は愛媛県愛南町一本松地区の篠山付近に居城していた篠森左近之丞が長宗我部氏によって落城した後に愛媛県東温市松瀬川の水越という谷に一族郎党共に落ち延び、そこに定住した事に始まる。
現在愛南町に「篠森」の姓を持つ人はおらず、現在の篠森姓は全てこの水越が発祥の地であるとみていいだろう。現在水越は無人であり、水越付近の松瀬川に篠森姓は多くみられる。
愛媛県外にも散見されるが、主に東温市あるいは松山市に見られる姓である。」

奥松瀬川水越地区紅葉 161126 05
奥松瀬川水越地区紅葉 161126 06
スポンサーサイト

[edit]

川筋観音堂の銀杏 

銀杏は晴れが似合う。
川筋観音堂銀杏紅葉 161126 01
川筋観音堂銀杏紅葉 161126 02
毎年行く川筋観音堂の銀杏は今が見頃・・・
川筋観音堂銀杏紅葉 161126 03
川筋観音堂銀杏紅葉 161126 04
今年は看板が出ているが、いつも貸し切り・・・見に来る人はいない。
川筋観音堂銀杏紅葉 161126 05
川筋観音堂銀杏紅葉 161126 06

[edit]

南方の皇帝ダリア 

各地で皇帝ダリアが咲いている。
東温市南方では皇帝ダリアの群生が花をつけている。
南方皇帝ダリア 161119 01
南方皇帝ダリア 161119 03
南方皇帝ダリア 161119 04
南方皇帝ダリア 161119 05

[edit]

島前道後第三発電所銀杏 

東温市河之内の第三発電所銀杏並木・・・
道前道後第三発電所銀杏並木紅葉 161119 01
道前道後第三発電所銀杏並木紅葉 161119 03
道前道後第三発電所銀杏並木紅葉 161119 04
カエデの紅葉は遅れたが銀杏の紅葉は例年通り・・・
道前道後第三発電所銀杏並木紅葉 161119 06
道前道後第三発電所銀杏並木紅葉 161119 07

[edit]

百日桜 

惣河内神社の一畳庵の庭にある百日桜が咲き始めた。
惣河内神社冬桜 161119 01
惣河内神社冬桜 161119 02
惣河内神社冬桜 161119 03
冬桜は3本あったのだが、一本は枯れてしまった。
惣河内神社冬桜 161119 04
惣河内神社冬桜 161119 05

[edit]

金毘羅寺の紅葉 

東温市河之内金毘羅寺の紅葉・・・
金毘羅寺紅葉 161119 01
金毘羅寺紅葉 161119 03
カエデはいまいちだが銀杏は綺麗に紅葉していた。
金毘羅寺紅葉 161119 04
金毘羅寺紅葉 161119 05
金毘羅寺紅葉 161119 06

[edit]

大宝寺の銀杏 

昨年大宝寺の銀杏の紅葉を見に行ったが葉が散ったあと・・・
他より2週間早いので先週見に行った。
大宝寺紅葉 161113 01
大宝寺紅葉 161113 02
大宝寺紅葉 161113 03
しかし今年は一寸早かったようだ。
大宝寺紅葉 161113 04
大宝寺紅葉 161113 05

[edit]

仙波渓谷の紅葉 

小田深山に行く前に広田の仙波渓谷の紅葉を偵察に行った。
仙波渓谷紅葉 161112 01
仙波渓谷紅葉 161112 02
今年の紅葉は、遅れているし葉っぱが綺麗でない。
仙波渓谷紅葉 161112 03
仙波渓谷紅葉 161112 04
仙波渓谷紅葉 161112 05

[edit]

古岩屋の紅葉 

国民宿舎古岩屋山荘前の紅葉・・・
古岩屋紅葉 161113 01
古岩屋紅葉 161113 02
路上から見るより、川沿いに降りたほうが、紅葉が綺麗に見える。
古岩屋紅葉 161113 03
古岩屋紅葉 161113 04
日曜日とあって、遠くに駐車するくらい多くの人が訪れていた。
古岩屋紅葉 161113 05
古岩屋紅葉 161113 06

[edit]

小田深山紅葉 その2 

小田深山渓谷の紅葉は今がピーク。
日曜日とあって多くの人が訪れていた。
小田深山渓谷紅葉 161113 07
小田深山渓谷紅葉 161113 08
いつもなら8時には着くのだが、今日は遅くなったので、帰りは大渋滞・・・
小田深山渓谷紅葉 161113 09
小田深山渓谷紅葉 161113 10
小田深山渓谷紅葉 161113 11
小田深山渓谷紅葉 161113 12

[edit]

小田深山の紅葉 その1 

小田深山の紅葉は2週間遅れとの情報で、11月13日に行ってみました。
小田深山渓谷紅葉 161113 01
真っ赤にはなっていなかったけれど、紅葉はまずまず。
小田深山渓谷紅葉 161113 02
小田深山渓谷紅葉 161113 03
小田深山は川と紅葉が一緒に写せるところがいい・・・
小田深山渓谷紅葉 161113 04
小田深山渓谷紅葉 161113 05
小田深山渓谷紅葉 161113 06

[edit]

大三島多々羅大橋 

所用があって大三島に行ったので多々羅大橋を見ながら休憩・・・
昼食は焼き豚卵飯を食べました。
多々羅大橋 161112 01
多々羅大橋 161112 02
多々羅大橋 161112 03

[edit]

さくらひめ 

東温市の花き研究指導室の温室ではデルフィニウムのさくらひめが咲き始めた。
花き研究指導室 さくらひめ 161023 01
花き研究指導室 さくらひめ 161023 02
デルフィニウムは青い色をしているが、さくらひめは桜の様なピンク・・・
さくらひめは愛媛県が7年余りの歳月をかけて品種改良した。
一輪あたりの値段も普通のデルフィニウムよりも高いそうだ。
花き研究指導室 さくらひめ 161023 03
花き研究指導室 さくらひめ 161023 04
花き研究指導室 さくらひめ 161023 05

[edit]

シクラメンとパンジー 

花き研究指導室の温室を覗くとシクラメンが咲いていた。
花き研究指導室 シクラメン 161023 0
花き研究指導室 シクラメン 161023 02
花き研究指導室 シクラメン 161023 03
屋外圃場にはパンジーが・・・
珍しいパンジーをチンパンジーというらしい?
花き研究指導室 パンジー 161023 01
花き研究指導室 パンジー 161023 02
花き研究指導室 パンジー 161023 03

[edit]

コスモス 

各地のコスモスも終盤に近付いた様子・・・
花き研究指導室 コスモス 161023 02
花き研究指導室 コスモス 161023 03
ピンクや白のコスモスも綺麗だがクリーム色のコスモスが綺麗だ。
花き研究指導室 コスモス 161023 04
花き研究指導室 コスモス 161023 05

[edit]

白猪の滝祭り 

夏目漱石が観瀑をした11月3日、その日を記念して白猪の滝祭りが開催された。
会場は白猪の滝農村公園の無料駐車場。
白猪の滝祭り 161103 01
白猪の滝祭り 161103 02
今年は、テレビ局が取材に来ていた。
白猪の滝祭り 161103 03
無料で配れれるおにぎりは、河之内で撮れたほたる米を握って作られたそうで大勢の人が列を作った。
白猪の滝祭り 161103 04
餅まきも行われ第人気・・・
白猪の滝祭り 161103 05
こちらは介護施設長安のスタッフによるチンドンと猪とんのコラボ・・・
白猪の滝祭り 161103 06
白猪の滝まで行った人には抽選で景品が・・・
白猪の滝祭り 161103 07
地元東谷小学校の生徒による東谷ソーラン・・・今年は全校生徒が28人しかいないそうだ。
白猪の滝祭り 161103 08
白猪の滝祭り 161103 09
俳句の表彰があったが、最優秀に選ばれたのは小学生・・・いっぱいの野菜をもらい、重いおもい・・・
白猪の滝祭り 161103 11




[edit]

井内 赤蕎麦の実 

東温市井内の赤蕎麦が実をつけ始めた。
井内赤蕎麦結実 161023 04
井内赤蕎麦結実 161023 01
赤蕎麦の実は赤い色をしている。
12月になっでおいしい蕎麦になる。
井内赤蕎麦結実 161023 02
井内赤蕎麦結実 161023 03
井内赤蕎麦結実 161023 05

[edit]